被爆から77年を迎え 他【新千葉新聞】

新千葉新聞2022年8月5日発行

被爆から77年を迎え

木更津市役所朝日庁舎 原爆写真展を開催

今年は広島・長崎の被爆から77年を迎える。
《核兵器なくせ!子どもたちに平和な未来を》と、君津地域4市コースの「2022年国民平和大行進」が今年は、コロナウイルス感染拡大の絵お経を考慮し、デモ行進はお紺わず、スタンディングアピールをこのほど実施した。
7月14日の富津市(市役所-おどや富津店前)、君津市(アピタ君津店前)、翌15日は木更津市(中央公民館多目的ホール、出発式と講演会)、袖ケ浦市(市役所-せんどう袖ケ浦店前)で、「国民平和大行進」の出発式をスタンディングで行い、原水爆禁止を訴えた。
また今月4日からは、木更津市役所朝日庁舎(2階)で、2022年国民平和大行進木更津市コース実行委員会による「2022年原爆写真展」を開催している。
1945年8月6日午前8時15分、広島に、1945年8月9日午前11時2分、長崎に原子爆弾が落とされた。
写真展では、「ヒロシマ・ナガサキ原爆と人間」、「被ばく」、「消えた街並み」、「原爆被害の特質」、「大混乱の中の救援・救護活動」、「ヒロシマ・ナガサキの記憶」-被爆者の声-、などが展示されている。
このほか君津地域4市の今年の国民平和大行進の出発式の様子も紹介されている。
世界で唯一の被爆国の国民として、この写真展から学ぶことは多い。

請西ブレーブス2連覇

第13回木更津ロータリークラブ杯争奪
木更津市少年野球低学年大会 準優勝は畑沢コンドルズ

木更津市少年野球連盟(萩野敬次会長)主催、木更津ロータリークラブ(会長・大村富良)後援、令和4年度「第13回木更津ロータリークラブ杯争奪・木更津市少年野球低学年大会」が、7月23日と30日の2日間にわたり、金田小学校グラウンドと江川野球場で行われ、請西ブレ^無州が2連覇を飾った。
~木更津市の野球少年が一堂に会し、野球を通じて心身の健全な育成推進と相互の融和を図る~を目的に取り組んでいるもの。
今回は8チームが参加、猛暑のなか、トーナメント戦を展開した。
請西ブレーブスは、決勝で畑沢コンドルズに9-6で勝利、昨年に引き続き優勝を飾多。
優勝チーム等には、優勝カップ、メダル、賞状等が授与された。
請西ブレーブスは、「千葉県少年野球低学年大会 君津地域ブロック大会」に木更津市代表として出場、県大会進出を目指す。
試合結果と優勝した請西ブレーブスのメンバーは次の通り。
▽優勝=請西ブレーブス
▽=準優勝=畑沢コンドルズ
▽第3位=木更津ジャンボ、祇園ブルーソックス
【1回戦】
▽木更津ジャンボ8-1富来田・八幡台連合
▽請西ブレーブス9-1金田ビックウェーブ
▽畑沢コンドルズ7-3岩根フェニックス
▽祇園ブルーソックス11-8木更津モーニングス
【準決勝】
▽請西ブレーブス11-2木更津ジャンボ
▽畑沢コンドルズ16-4祇園ブルーソックス
【決勝9
▽請西ブレーブス9-6畑沢コンドルズ

やき味噌おにぎり講習会

JA木更津市女性部 中郷公民館で開催

木更津市営瑠中郷公民館とJA木更津市女性部の合同企画~香ばしい、焼き味噌が食欲をそそる『やき味噌おにぎり定植』~の料理講習会が、今月27日(土)午前10時~正午まで中郷公民館調理室で開かれる。
猛暑続きで夏バテ、食欲がない時は、大葉・ショウガ入りの焼き味噌で「おにぎり定植」(総菜・浅漬け付)を作ってみませんか-と開催されるもの。
お米は木更津産の新米使用。
▽料理の内容は、焼き味噌おにぎり、トマトと鶏肉のオリーブオイルニンニク炒め、季節やさいの浅漬け。
▽参加費は材料費として1000円。
▽定員は先着順で15人
▽持参するもの、エプロン・三角巾・手拭き・包丁・まな板・調理したものを入れる容器。
マスク着用とのこと。
▽講師はJA木更津市女性部の鹿嶋恵子さん。
問い合わせ・申し込みは中郷公民館 tel0438-98-0802。

拓大紅陵高は準優勝に

軟式野球南関東大会 全国大会進出ならず

「第67回全国高校軟式野球選手権南関東大会」(埼玉県高野連主催)が2~3日、埼玉県のUD上尾スタジアム(上尾市)で行われた。
千葉県代表の拓大紅陵は、初戦の準決勝(2日)で埼玉県代表・花咲徳栄を3-1で降したが、決勝(3日)で神奈川県代表・三浦学苑に1-3で敗れ、全国大会進出はならなかった。
拓大紅陵は決勝で、1回に先制の1点をあげ幸先のよいスタートを切るも、3回に同点とされ、7回に2点を許し、9回は2死1、2塁と攻めたが、後がつながらなかった。

4市で合計684人が感染

県3日発表コロナ 県内1万人越え

県によると、君津地域で3日(水)、新型コロナウイルスの感染者が新たに木更津、君津、富津、袖ケ浦の4市合わせて684人判明した。
また、計51人が感染する2件の新規クラスター(感染者集団)も確認された。
感染者数は前日2日(317人)から倍増。
7月28日の748人に次ぐ過去2番目の多さとなった。
各市の新規感染者数は、木更津市が264人、君津市183人、富津市101人、袖ケ浦市136人。
富津市は7月28日の109人に迫る過去2番目の多さ。
1日の感染者数が4市全てで100人以上となるのは、7月28日以来で2回目、木更津市で150人を上回るのは3日連続。
1週間前の水曜日・7月27日と比較すると、各市、地域いずれも増加した。
木更津市は74人増、君津市95人増、富津市27人増、袖ケ浦市10人増、地域総数は206人増。
クラスターが確認されたのは、富津市の高齢者施設「憩いの里富津」で17人、袖ケ浦市の「袖ケ浦さつき台病院」で34人。
3日現在における地元各市の累積感染者数は、木更津市が12473人、君津市6592人、富津市3254人、袖ケ浦市6532人となっている。
千葉県内では同日、6人の死亡と10345人の感染が新たに判明。
感染者数は前週の水曜日(8389人)から約200人増え、4日ぶりに1万人を上回った。
高齢者施設や病院など県内各地で計22件の新規クラスターが確認された。

アバター

新千葉新聞

投稿者プロフィール

新千葉新聞社
〒292-0067
木更津市中央2-10-3

電話:0438-22-3849(本社)
FAX:0438-25-1684
E-Mail:shinchiba@nifty.com

この著者の最新の記事

関連記事

恋する木更津『一途なのり天』
かずさアカデミアホール オークラアカデミアパークホテル
木更津市観光協会
公益社団法人 木更津法人会
株式会社フォレストホーム
epm不動産株式会社
宝家
木更津商工会議所
すず陶
株式会社KUROエージェンシー
JCOM木更津
情報提供フォーム
今月のあなたの運勢
木更津市役所
きさらづみらいラボ
きさこんInstagram
きさこんfacebook
まくら投げ
J:COM
SUZUTO
フォレストホーム
宝家
epm不動産
クロエージェンシー

カレンダー

2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

カテゴリ一覧

ページ上部へ戻る