設立30周年を祝って 他【新千葉新聞】

新千葉新聞2021年8月24日発行

設立30周年を祝って

一般社団法人倫理研究所木更津市倫理法人会
功労者等に花束贈呈 記念式典を開催

一般社団法人倫理研究所木更津倫理法人会(会長・木下亮、会員101社)の設立30周年記念式典が、21日(素)かずさアカデミアホールメインホールで開催された。
式典はコロナ禍であることから、規模を縮小し、同ホール定員700人のところ、来賓・会員など85人に抑えて開催した。
来賓として、渡辺芳邦市長、森岳県議、草刈慎祐市議会副議長(議長代理)、鈴木克己商工会議所会頭、青木和義木更津法人会会長、野口義信観光協会会長、宮澤義夫君津信用組合理事長、永野昭商工会議所専務理事、他多数を迎え開会。
第1部「記念式典」は、森章副会長の会式の言葉、国歌斉唱に続き30年の歩みを変貌著しい社会情勢と共に映像で紹介。
戸田栄造倫理研究法人局参事(法人アドバイザー)が式辞、来賓を代表して渡辺市長、江口秀雄県倫理法人会会長などが30周年の節目を祝し、益々の発展を願い祝辞を述べた。
木下亮会長は、謝辞で「当式典は30年の長きにわたり木更津市倫理法人会の充実・発展に寄与した歴代会長や会員の皆様の尽力のおかげ」と功労者等に花束を贈り、感謝の意を表した。
さらに30周年を機に新しい息吹も感じてほしいと、仲郷省など市内の小中学生で構成された市内初のジャズオーケストラ『PHIジャズオーケストラ』(吉野学司団長、指揮者・篠原正樹、団員25人)を紹介した。
今年結成したばかりの同団は今回が初舞台で、指揮者でスーパートランぺッターの篠原氏とともに初演奏を披露し、式典を華やかに彩った。
第2部「記念講演」では、渡辺市長が~KISARAd氏のまちづくり~をテーマに、公共施設を中心にしたまちづくりの進捗状況(現在とこれから)について話した。
木更津市倫理法人会は、平成元年発足、初代会長は遠山正夫氏(山直商事(株))、現在の木下会長は14代目。
~企業に倫理を!職場に心を!~をスローガンに、『経営者モーニングセミナー』を活動の柱に、会員同士の交流・情報交換を行い、自己研鑽を行っている。

26日招集、9月24日迄

木更津市議会9月定例会 上程議案など

木更津市議会は「令和3年9月定例会」を、26日(木)招集、9月24日(金)まで会期30日間の日程で開く。
本会議は26、31、1、2、3、24日の6日間開会。
開始時間はいずれも午前10時。
審議案件は上程の廃止2件、条例の1部改正4件、令和3年度一般会計及び特別会計補正予算3件、令和2年度歳入歳出決算の認定1件、教育委員会委員の任命1件、公平委員会委員の選任1件、固定資産評価1件、業務委託契約の締結1件、業務委託契約の締結1件、令和3年度下水道事業会計補正予算1件、令和2年度下水道事業決算の認定1件。
一般質問は31、1、2、3日の4日間にわたり、いずれも午前10時から行われる。
委員会及び協議会は順に26日総務常任委員会、教育民生常任委員会(本会議休憩中)、3日決算審査特別委員会(本会議終了後)、7日総務常任委員会、8日教育民生常任委員会・教育民生常任委員会協議会、9日建設経済常任委員会・建設経済常任委員会協議会、14~16日の3日間決算審査特別委員会、17日交通政策特別委員会・交通政策特別委員会協議会、24日議員全員協議会(最終本会議終了後)。
議案概要は次の通り。
【上程議案】
▽住民基本台帳カードの利用に関する条例を廃止する条例の制定
▽行政手続きにおける特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律に基づく特定個人情報の利用等に関する条例の一部を改正する条例
▽手数料条例の入り部を改正する条例の制定
▽個人情報保護条例の一部を改正する条例の制定
▽印鑑条例の一部を改正する条例の制定
▽令和3年度一般会計補正予算
▽同国民健康保険特別会計補正予算
▽同介護保険特別会計補正予算
▽令和2年度歳入歳出決算の認定
▽高育委員会委員の任命尾
▽公平委員会委員の選任
▽固定資産評価審査委員会委員の選任
▽証紙条例を廃止する条例の制定
▽業務委託契約の締結
▽令和3年度下水道事業会計補正予算
▽令和2年度下水道事業決算の認定
一般質問者・概要等は後日軽視。

地元校の結果

秋季県高校野球

◎「秋季県高校野球大会」予選の結果続きは次の通り。
《代表決定戦》
▽木更津総合6-1千葉黎明
▽君津13-2市原・市原緑連合(5回コールド)
▽君津商業2-1市原中央
▽志学館6-1流山南
※翔凜ー長狭は長狭不戦勝

鎌足桜の魅力の入賞作

写真と短歌・俳句コンテスト特別賞等
木更津市役所 朝日庁舎2階に展示

木更津市鎌足桜保存会(会長・田中幸子副市長)による、「令和3年度『鎌足桜の魅力』写真と短歌・俳句コンテスト」の入賞作品が、木更津市役所朝日庁舎(2階)に展示されている。
同時に特別審査員参考出展作品も紹介されている。
これらの3部門の作品は、今月23日(月)から9月3日(金)までの平日、木更津市役所朝日庁舎内に展示しているほか、来年の鎌足桜カレンダーの題材になる。
コンテスト表彰作品は以下の通り。
【写真の部】
▽鎌足桜保存会長賞=「休日のさくら公園」三沢貞夫(君津市、1・2月)
▽鎌足地区区長会長賞=「天まで上がれ」川名国夫(木更津市、5・6月)
▽入選=「天へ」上田治行(千葉市、表紙)、伊藤洋子(木更津市、7・8月)、小島良一(袖ケ浦市)、後藤秀美(袖ケ浦市)、渡辺勇(木更津市、3・4月)、吉原邦明(木更津市、9・10月)、遠藤健二(木更津市、11・12月)、佐藤昭亜(木更津市)
▽佳作=中山要三(木更津市)、大岩重利(木更津市)
【短歌の部】
▽鎌足桜保存会会長賞=「散りがたの鎌足ざくら夕つ日に染まる花びら惜しみて見上ぐ」久富とし(木更津市、11・12月)
▽新千葉新聞社社長賞=「雲間より光さしきて里に咲く鎌足桜ひときは白し」日下部扶美子(木更津市、7・8月)
▽入選=上杉章子(木更津市)、諏訪貞夫(木更津市、3・4月)、刈込初雄(君津市)、角田まさ子(木更津市)、西原千鶴子(木更津市)、鈴木早苗(木更津市)、真木芳巳(君津市)
【俳句の部】
▽鎌足桜保存会会長賞=「鎮魂の一打の鐘や遅ざくら」高橋正子(木更津市、9・10月)
▽鎌足公民館館長賞=「鎌足をめぐる桜の一日かな」吉元さち子(木更津市、5・6月)
▽入選=石井清次(キアラ図師、1・2月)、黒須俊夫(木更津市)、瀬川泰行(木更津市)、中西一江(木更津市)、鶴岡久美子(木更津市)、吉田暁子(木更津市)、本多二三代(木更津市)
▽佳作=進藤優芽菜(木更津市)、松井行利(木更津市)、安西煉哉(木更津市)、安西祥希(木更津市)、斎藤澪(木更津市)
(敬称略)

東京湾地蔵尊影奉流会

木更津市矢那・吉祥庵 有無両縁石仏供養も

自分を取り巻くすべてのものに報恩感謝、福田海吉祥庵(足立宗禅、木更津市矢那3745-14)による「第24回東京湾地蔵尊影奉流会及び放生会」と「第41回有無両縁石仏供養」が、今月28日(土)と同29日(日)に行われる。
協賛は(株)陵石匠。
1年間、1枚1枚心を込め、人間を取り巻くあらゆる犠牲に、祈りを込めて造佛した地蔵尊を海に流すことで、水の恩、あらゆる水族、海で亡くなった英霊、水難者、先祖の供養、水子の供養を行う。
また、食の犠牲をウナギに変えて東京湾に放流し、今生きている事の諸々の恩恵に深く感謝を表す「放生会」も実施する。
同行事には毎年、全国から多くの人が参加されており、今年は特にコロナウイルスの収束を発願する。
28日(土)には午後零時30分に八剱八幡神社(木更津市富士見)に集合、地蔵流し安全祈願及び開眼、午後2時から地蔵流し、放生会。
午後4時に下船し、鹿野山へ移動。
無縁石仏供養、千灯供養、吉祥庵お火参拝を行い、午後6時に解散。
29日(日)は午前9時に円蔵寺(君津市豊田282)に集合し、亀山福田塔の祭壇にて最灯護摩ほかが奉納される。
午後3時解散。
誰でも参加できる。
問い合わせは福田海吉祥庵(TEL0438-52-224)へ。

木29人等地元計54人

21日県発表コロナ 県内は1761人

君津チキでは21日(土)、木更津市で29人、君津市と袖ケ浦市で各10人、富津市で5人、計54人の新型コロナウイルス感染が確認された。
地域全体で50人以上の感染者が出るのは今月18日から4日連続。
4市合わせた感染者54人の年代別内訳は、10歳未満1人、10代8人、20代10にん、30代11人(最多)、40代9人、50代8人、60代5人、70代2人。
各市発表の感染者概要は次の通り。
【木更津市】
◎29人(男性・20人、女性・9人9
▽10歳未満・1人
▽10代・7人
▽20代・4人
▽30代・任(うち1人無症状)
▽40代・5人
▽50代・4人
【君津市】
◎10人(男性・5人、女性・5人)
▽10代・1人
▽20代・1人
▽30代・1人
▽40代・2人
▽50代・2人
▽60代・2人
▽70代・1人
【富津市】
◎5人(男性・3人、女性・2人)
▽20代・1人
▽50代・1人
▽60代・2人
▽70代・1人
【袖ケ浦市】
◎10人(男性・8人、女性・2人)
▽20代・4人
▽30代・2人
▽40代・2人
▽50代・1人
▽60代・1人地元4市の同日現在における感染者累計は木更津市1296人、君津市570人、袖ケ浦市492人、富津市264人。
県内では6人の死亡と1761人の感染が判明した。
1日当たりの新規感染者数としては、20日の1778人に次ぐ過去2番目の多さ。
よく22日(日)、君津地域では君津市で1人の感染が確認され、同氏の感染者累計は同日現在で571人となった。
この日、君津市はじめ地元4市の発表はなかった。
県内では1246人の感染と、2人の死亡が判明。
22日現在の県内の感染者累計は74741人、死亡者は791人となている。

アバター

新千葉新聞

投稿者プロフィール

新千葉新聞社
〒292-0067
木更津市中央2-10-3

電話:0438-22-3849(本社)
FAX:0438-25-1684
E-Mail:shinchiba@nifty.com

この著者の最新の記事

関連記事

SunsetCafe MITATE
かずさアカデミアホール オークラアカデミアパークホテル
木更津市観光協会
公益社団法人 木更津法人会
株式会社フォレストホーム
epm不動産株式会社
宝家
木更津商工会議所
すず陶
株式会社KUROエージェンシー
JCOM木更津
情報提供フォーム
今月のあなたの運勢
今月のあなたの運勢
木更津市役所
きさらづみらいラボ
きさこんfacebook
まくら投げ
J:COM
SUZUTO
フォレストホーム
宝家
epm不動産
クロエージェンシー

カレンダー

2021年8月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリ一覧

ページ上部へ戻る