秋の全国交通安全運動 他【新千葉新聞】

新千葉新聞2020年9月16日発行

秋の全国交通安全運動

《夕暮れの一番星は反射材》
21日から30日まで 早めのライト点灯を

《夕暮れの一番星は反射材》をスローガンに「令和2年秋の全国交通安全運動」が21日~30日まで全国一斉に展開される。
最終日の30日は特に「交通事故死ゼロを目指す日」と位置付けて、運動期間終了後も継続的な交通安全意識の向上・啓蒙を促す。
秋口は、日没が急激に早まるため交通事故の多発が懸念される。
ドライバーは早めのライト点灯を心掛け、歩行者などの早期発見に努める。歩行者じゃ暗い時間帯に外出するときは、煩瑣や材や、明るい色の洋服を着用し、自分の存在をドライバーなどに示すこと。
近年、高齢ドライバーのかかわる事故が多く発生しており、死亡事故につながっているケースも少なくない。「車のキーや免許書を探すことが増えた」「運転中に曲がるときなどウインカーを出し忘れ・出し遅れることが増えた」「車庫の出し入れで壁やフェンスに車体をこすることが増えた」「急発進・急ブレーキ・急ハンドルなど、運転が荒くなった」「いつも行くところへの道順を思い出せなくなった」等々を、本人または周りの人などが気づいたときは、認知能力低下の兆しであり、免許返納も考えてみることが大事。
さらに、体調が悪い時、雨の日、夜間など視界が悪い時は運転ミスにつながることが多い。こんな時は車の運転は控え、公共機関等を利用する(歩くことで足腰の強化にもつながる効果がある)。
また自転車は、便利で身近な交通手段だが、自転車利用者の法令違反による交通事故が後を絶たない。特に少額5年生以上の、自転車乗車中の死者・重傷者の割合が高くなっている。
「自転車保険の加入」「車体の点検整備」「反射材を付ける」「ヘルメットをかぶる」「飲酒運転は法令違反」「歩行者優先」「車道の左側走行」「交差点での安全確認」「夕方早めのライト点灯」などを心掛けたい。
交通事故は一人ひとりの心掛けで減らすことができる。
君津地域4市と3警察署では、21日からの同運動に先駆け、18日(金)にそれじれ「出動式を縮小して行い、交通事故撲滅へ士気の向上と周知を図る。
木更津署は署内で、君津署は縮小して実施、富津署は市役所正面広場に集合して、市長や署長等の挨拶、来賓社紹介など。例年実施している交通安全パレードについては、新型コロナウイルスに鑑み、中止としている。

地域防犯活動で貢献

県警本部長から 榎本敏男氏に感謝状

県警はこのほど、10年以上にわたりさまざまな検察活動に協力し、顕著な功績をあげたとして、部外功労者30人を表彰した。
県警監査官室によつと、30人は警察運営や防犯、犯罪捜査、交通安全の各分野で貢献してきた30歳代~80歳代の男女。
例年開催している表彰式は、新型コロナウイルスの影響で中止俊、推薦した警察署などを通じて本部長感謝状を贈呈する。
地元関係では、防犯の分野で、君津ぢ防犯協会副理事長の榎本敏男氏が、本部長感謝状を贈られた。
榎本氏は地域防犯活動を積極的に推進した点が評価された。

『きさ食PON』が完売

アクアコインでコロナ影響飲食店応援

木更津市のアクアコイン普及推進協議会(事務局・経済部西行支援課内)主催の、電子地域通貨「アクアコイン」による飲食店応援プロジェクト『きさ食PON(クーポン)』は今月10日、販売総額1500万円に達したため、販売が終了した。(当初、販売終了予定日を9月14日にしていた)
7月15日から販売を開始した、各飲食店が販売する先買いクーポン『きさ食PON』は、新型コロナウイルス感染症の影響を受けた飲食店を応援するという趣旨に、多くの人に賛同され、販売期間終了前に完売となった。主催者は、あたたかい応援に感謝している。
『きさ食PON』は、アクアコインアプリにより各参加店が販売するクーポンを購入するもの。店での利用の際には、アプリ上に保存されたクーポン画面を店舗に提示する。
同プロジェクトは、アクアコインを通じた消費活性も目的とし、クーポンん購入額の20%のポイントを利用者に還元した。
参加店舗数は木更津市内の107店舗、総購入件数は2816件、1人1店舗当たり3万円までで、チケットの使用期限は購入した日から6か月間となっている。

金田ビックウェーブ優勝

東京新聞旗争奪木更津市少年野球大会
準優勝は請西ブレーブス 件ブロック大会出場へ

「令和2年度東京新聞旗争奪木更津市少年野球大会」(木更津市少年野球連盟主催、東京新聞・東京中日スポーツなど後援)の決勝戦が12日(土)、同市の江川総合運動場で行われ、金田ビックウェーブが逆転サヨナラ勝ちで優勝を飾った。
決勝で金田ビックウェーブは請西ブレーブスと対戦。試合は初回の打撃戦で始まり、金田ビックウェーブは1回表に大量6点を先制されるが、その裏に4点を返し、4回裏に1点を追加。最終回に1点を奪われるも、最後は齋藤碧志選手のレフトオーバー逆転3ランホーマーで熱戦に終止符を打った。
大会は新型コロナウイルスの影響から約半年遅れて8月29日に開幕。11チームが参加して3日間にわたり熱戦を展開。初日に1・2戦7試合、2日目の今月6日に準決勝1試合、最終日に準決勝残り1試合と決勝が行われた。
優勝した金田ビックウェーブは今月27日(日)に富津市ふれあい公園で開催される「第36回少年野球千葉県選手権ブロック大会」に木更津市代表として出場する。
準決勝以上の結果及び金田ビックウェーブのメンバー等は次の通り。(敬称略)
◎準決勝
▽金田ビックウェーブ10-5岩根げニックス 
▽請西ブレーブス8-3木更津ジャンボ
◎決勝
▽金田ビックウェーブ8-7請西ブレーブス
【金田ビックウェーブ】
▽代表者=大村富良
▽監督=金綱勤、
▽コーチ=桐谷満、星野誠、齋藤大輔、石井太
▽記録員=星野明子、
▽介護員=齋藤緑、
▽選手=齋藤碧志、星野真啓(以上金田小⑥)、平野夢稀(祇園小⑥)、柳原陵太、小原一心、齋藤聖奈(以上金田小⑥)、清水勇吾、福原輝真、大邑聡汰(以上金田小⑤)、大村亮太(金田小③)、友滝雄登(金田小②)、酒井大和、手科孝太郎、保坂愛翔、田中蓮(以上金田小①)

『おらおらでひとでいぐも』

松竹千佐子さん 映画化され11月6日公開

2018年(「平成30年)2月の「第158回芥川賞」、2017年の「第54回文藝賞」をダブル受賞した、木更津市在住、若竹千佐子さん(66)の63歳デビュー作、70慢部突破のベストセラー『おらおらでひとりいぐも』(河出書房新社)が映画化され、11月6日(金)に公開される。
物語は、~結婚を3日後に控えた24歳の秋、東京オリンピックのファンファーレに押し出されるように、故郷を飛び出した銚子さん。身一つで上野駅に降り立ってから50年、住み込みのアルバイト、周造との出会いと結婚。2児の
誕生と成長、そして夫の死。
「この先一人でどやってクラス。こまったぁどうすんべぇ」。40年来住み慣れた都市近郊の新興住宅で、一人茶をすすり、ねずみの音に耳をすませるうちに、桃子さんの内から外から、声がジャズのセッションのように湧きあがる。捨てた故郷、疎遠な息子と娘、そして亡き夫への愛。震えるような悲しみの果てに、・・・ひとりだけれど、ひとりじゃない。
孤独の先で圧倒的な自由にたどり着いた75歳、桃子さんの”進化”のおはなし。
主人公・桃子さんを田中裕子、桃子さんの昭和時代(20歳~34歳)を蒼井優、夫の周造を東出昌大、濱田岳・青木崇高・宮藤官九郎の3人が桃子さんの心の声(寂しさ)をジャズセッションとともに演じる。
このほか、田畑智子・黒田大輔・六角精児・鷲尾真知子など多数の豪華キャストが出演。
監督・脚本は沖田修一氏、音楽・鈴木正人氏、主題歌はハナレグミ「賑やかな日々」(スピードスターレコーズ)。

Web活用魅力発信講座

木更津商工会議所 受講申し込み受け付け中

木更津商工会議所では10月から実施される、~学生が追うお延したくなる!2020年度中小企業人材採用サポート事業(千葉県補助事業)「Web活用による企業の魅力発信講座」~の受講申し込みを受け付けている。(会員対象)
千葉県商工会議所連合会・ちば県商工会連合会共催、木更津商工会議所サービス業部会協力。
コロナ禍のなか、テレワークが進むとともに、動画が気軽に発信できる時代になっている。また、新卒採用においては、Web活用による活動が一気に浸透してきている。この講座では、非対面式による採用活動の増加を踏まえ、企業の魅力発信促進策として、会社説明や採用に関する動画作成を効率的にできるよう支援していく。
講座は①自社PR動画の作り方セミナー、②個別コンサルティング<個社支援>-の2つ。
セミナーではアピールポイントの抽出・ストーリー作成に関するノウハウを、個別コンサルティングでは希望する企業へ個別に指導する。
受講料無料。
講師は(株)トリムタブ代表取締役の岸守明彦氏。
岸守氏は(株)リクルートで人材ビジネス部門の法務・広告審査・営業・企画等の業務に従事。
大阪府の「JOBカフェOSAKA」の立ち上げから運営・サービス設計を担当。その後独立し、大学でのキャリア教育、就業支援施設での各種セミナー、企業向け採用・人事コンサルティング&各種研修を実施。千葉県在住。
講座の詳細は次の通り。
①自社PR動画の作り方セミナー《WEB配信》
応募者を引き付けるためには自社ならではのコンテンツとストーリーが必要となる。
同セミナーでは、そのコンテンツの引き出し方や、ストーリーの作り方、まとめ方について配信する。
▽配信期間=10月7日(水)~10月9日(金)の3日間限定!
▽申し込み締め切り=10月2日(金)※申し込み後、個別に配信システムのログインID/パスワードを通知する。
②個別コンサルティング(個社支援)《対面orオンライン》
自社内だけでは見出せない会社の魅力をリクルーター養成ゼミの講師も務める岸講師から、個別に指導を受ける。
自社の魅力コンテンツ探しとストーリー作りを個別に相談できるチャンス。
▽実施期間=10月21日(水)~令和3年1月15日(金)
▽1社につき3回目安。1回60分
▽10社限定(自社PR動画の作り方セミナー受講者優先)
▽申し込み締め切り=10月14日(水)。
セミナー申し込みは申込書に必要事項を記入し、木更津商工会議所までファックス(FAX0438-37-8705)で申し込む。
問い合わせは木更津商工会議所 中小企業相談所へ(TEL0438-37-8700、担当・石原さん)

アバター

新千葉新聞

投稿者プロフィール

新千葉新聞社
〒292-0067
木更津市中央2-10-3

電話:0438-22-3849(本社)
FAX:0438-25-1684
E-Mail:shinchiba@nifty.com

この著者の最新の記事

関連記事

かずさアカデミアホール オークラアカデミアパークホテル
木更津市観光協会
公益社団法人 木更津法人会
株式会社フォレストホーム
epm不動産株式会社
宝家
木更津商工会議所
すず陶
株式会社KUROエージェンシー
JCOM木更津
情報提供フォーム
今月のあなたの運勢
今月のあなたの運勢
掲示板
木更津市役所
きさらづみらいラボ
きさこんfacebook
きさらづ働くママ応援サイト

カレンダー

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

カテゴリ一覧

おすすめ記事

ページ上部へ戻る