まん延防止来月11日迄 他【新千葉新聞】

新千葉新聞2021年6月19日発行

まん延防止来月11日迄

飲食店は午後8時迄、酒類提供は7時迄
政府が延長決める 内房5市対象追加

政府は16日、現在発令中の東京や大阪など9都道府県への新型コロナウイルス対応の緊急事態宣言について期限の20日をもって解除する方針を固め、17日の専門家などで構成される「基本的対処方針文化会」に諮り了承されたことで、決定した。
このうち、東京など7都道府県は宣言からまん延防止等重点措置に移行する。
一方で同じく20日に期限を迎える「まん延防止等重点措置」が適応されている千葉、埼玉、神奈川の首都圏3県は、7月11日まで21日間延長されることが決まった。
「まん延防止等重点措置」とは、緊急事態宣言(感染が急速にまん延し、生活と経済に甚大な影響を及ぼす恐れがある場合に発令され、事業者に休業の陽性・命令が可能になる)に準じて、対策を集中的に実施する必要があるときに適用するもの。
知事は市区町村単位などに範囲を絞り、飲食店などへの営業時間短縮妖精・命令ができるというもの。
今回の延長決定に伴い、対象地域を見直し、現在の県北西部12市から、新たに木更津、君津、袖ケ浦、富津、市原の内房5市を加え、現状の千葉、船橋、松戸、市川、浦安、習志野市と合わせた県央部11市にする。
これまで対象区域だった柏・流山・野田・我孫子・鎌ケ谷・八千代の東葛北部6市は「感染状況や病床稼働率が安定している」などとして対象から外す。
対象区域では、飲食店の午後8時までの営業時間短縮要請を続ける。
一方で、換気の徹底やアクリル板設置など感染防止対策を講じた飲食店は午後7時まで種類提供を認める。
体育館等公共施設の夜間使用は、午後8時までとなる見込みで、市民や事業者等に周知を図ると共に協力を求めていく。
千葉県では17日(木)に発表された国の方針を受け、18日(金)夕刻に開催する「対策本部会議」で、対象区域、感染防止対策メニューを決定。
「まん延防止等重点措置」の対象地域に追加される見込みの地元の木更津・君津・富津・袖ケ浦、市原の5市では今後の対応については、県対策本部会議の決定を受け、各市でも「対策本部会議」を開き、県の方針に準じて詳細を決定し、感染拡大防止に努める。
君津地域4市では6月に入り、感染者は急増しており、医療体制も逼迫している。
ワクチン接種も各地で加速しているが、現時点で、優先接種可能対象者以外の年齢層(若年世代)での感染が拡大している。
君津地域4市や君津保健所と腕はこれ以上の感染拡大を抑えるために、基本的な感染防止対策「3つの密」を徹底的に避けるとともに、「人と人との距離の確保」「マスクの着用」「手洗い、アルコール消毒による手指の衛生」、さらに不要不急の外出自粛はもとより、特に「変異株」の感染者が増加していることを踏まえ、不要不急のと都道府県間の移動、緊急事態宣言措置区間との往来などを厳に控えてほしいと、呼び掛けている。
発熱等の症状を感じた場合は、先ず普段から通院している医療機関か、近くの医療機関に電話で相談する。
コロナワクチンの接種予約をしている場合はその旨を伝え、早めにキャンセルすること。
相談先に困ったときは、「千葉県発熱相談コールセンター(24時間対応)1570-200-139」へ、相談をしてみてほしいとしている。

社会福祉にと

2企業が寄付

社会福祉事業にと、社会福祉法人木更津市社会福祉協議会への寄附は次の通り。
▽木更津リサイクル(株)・5000円(サービスステーション商品券)
▽ヒラノ商事(株)(木更津市潮浜)・4636円

4市内12会場で開始式

千葉県スポーツ少年団軟式野球交流大会
地元9チーム 県下の55チーム熱戦

公益財団法人千葉県体育協会、千葉県スポーツ少年団主催の「第43回千葉県スポーツ少年団軟式野球交流大会」(小学生の部)が、5月9日(に血)、富津市Nippon Steelや球場ほか、君津4市内の11会場で開始式が行われた。
君津4市や同4市教委が共催。
この大会は、スポーツ少年団の関東大会の予選を兼ねており、優勝チームは7月24日・25日に茨城県笠間市で開催の第40回関東ブロック予選会に出場する。
今回はコロナウイルス感染の影響で2年ぶりの開催となった。
今年もまん延防止等で開催が危ぶまれたが、君津市・富津市・袖ケ浦市・木更津市の協力で開催できた。
関東大会でブロック優勝すると沖縄県で開催の全国交流大会に出場できる。
今大会には、千葉県下の55チームが出場。
5月15日から6月12日までの間の9日にわたり、熱戦が君津市中心の12会場で繰り広げられた。
地元4市からは、岩根不ニックス・富来田第ターズ・請西ブレーブス(以上木更津市)、君津周西クラブ・八重原ベアーズ(以上君津市)、飯野アストロクラブ・青堀少年野球クラブ(以上富津市)、根形スターズ・野里ワイズウルフ(以上袖ケ浦市)が出場した。
開会式は、まん延防止等の発令中でもあることから、各会場での開始式に変更して行った。
今年から野球規則にある投手の投球制限(70球)を取り入れた大会となった。
この大会を通じて、団員たちの僅少差での対戦で必死にこらえて攻撃に移る姿勢に元気をもらった。
ウイルス感染防止で応援も声無しで拍手のみだったが、父兄の協力もあり、静かな中にも盛り上がった大会であった。
今月12日(土)の決勝戦では、弥勒少年野球クラブ(佐倉市)が、常陸平ボーイズスポーツ少年団(松戸市)を抑えて初優勝を飾った。
結果は次の通り。
▽優勝=弥勒少年野球クラブ(佐倉市)
▽準優勝=常陸平ボーイズスポーツ少年団(松戸市)
▽第3位=吾妻スタースポーツ少年団(成田市)、大森フライヤーズスポーツ少年団(千葉市)【個人賞】
▽最優秀選手=豊田翼(弥勒)賞状・盾及びミズノ賞と協賛会社副賞
▽優秀選手=北田莉玖(弥勒)賞状及び協賛会社副賞
▽優秀選手=荒野快翔(常陸平)、症状・盾及び協賛会社副賞
▽優秀選手=鹿児島大輝(吾妻)、同
▽優秀選手=高田樹(大森)、同

ワクチン第2回分完了

特養「矢那梅の香園」と「いわね潮の香園」
社会福祉法人梅香会 約240人副反応なく

木更津市の社会福祉法人 梅香会(理事長・重城明男医師)が運営する特別養護老人ホーム、「矢那梅の香園」と「いわね潮の香園」では、幸いにも「新型コロナウイルス」感染者は「無し」の状況である。
同法人では、更に、徹底した感染症対策を行うべく、5月3日(月)より、「特養矢那梅の香園」「特養いわね潮の香園」ないの入所者、及び施設職員並びに施設内で勤務している委託会社(厨房会社・清掃会社)の約240人を対象とした、第1回目の「新型コロナワクチン」の接種をスタートした。
その後、第2回目のワクチン接種も順調に行うことが出来今月4日(金)に、ほぼ全ての対象者に接種を終えることが出来た。
また、第1回目及び第2回目の接種では、副反応等の症状も無く、無事に、合計約240人の対象者の接種が完了した。
今回の接種に際しては、同法人委託医の重城明男医師(金田クリニック重城)及び重城敬子医師(重城病院)が行い、きめ細やかな接種対応を図り、無地にその接種を完了させた。

脱炭素化計画

千葉港や木更津港

国土交通省は、千葉港や木更津港など全国125の主要な港湾で、自治体や事業者と連携して、脱炭素化計画を策定する。
港ごとに、二酸化炭素CO2の排出量を推計、燃料電池で動く車両の導入や太陽光発電を活用した施設整備といった対応を決める。
燃焼時にCO2をほとんど出さない水素、アンモニア供給の拠点化も目指し、パイプラインなどを整備する。
港は船やトラックが出入りするほか、火力発電所や工場が集積しており、政府は温室効果ガスは椅子y津料を実質ゼロにする「カーボンニュートラルポート」の実現を目指している。
千葉港や木更津港など125港は、海上輸送網の拠点として「国際戦略港湾」「国際拠点港湾」「重要港湾」に指定されている。
脱炭素化計画は自治体など港湾管理者が作る。

木11、富4、袖2、君1

17日県発表コロナ 4市で18人が感染

県によると17日、君津地域4市では木更津市で11人、富津市で4人、袖ケ浦市で2人、君津市で1人、計18人の新型コロナウイルス感染が確認された。
1日当たりの感染sysが10人を上回るのは14日から4日連続。
感染経路は不明が最多で12人、次いで同居家族5人、職場1人。
年代別では10代1人、20代8人、30代2人、40代5人、50代1人、60代1人。
既報の通り、当地域では6月に入り感染者は急増。
今月1日から17日までの市別の感染者数は木更津市は90人、君津市41人、袖ケ浦市41人、富津市25人。
4市合わせて197人の感染が判明している。
木更津市では市内の公立中学校に通う女性と1人の感染が確認された。
生徒及び学校関係者に濃厚接触者はおらず、臨時休業措置はとらない。
県発表の新規感染者次の通り。
①職業等②推定感染経路③検査確定日
【木更津市】
▽20代女性①無職②不明③15日
▽20代女性①無職②不明③15日
▽40代男性①会社員②不明③15日
▽60代男性①会社員②不明③15日
▽50代男性①会社員②不明③15日
▽30代女性①無職②同居家族③15日
▽40代男性①会社員②不明③15日
▽40代女性①保育関係者②職場③15日
▽20代男性①無職②同居家族③15日
▽女子中学生②同居家族③16日
▽30代男性(無症状)①会社員②同居家族③15日
【君津市】
▽20代男性①アルバイト②同居家族③14日
【富津市】
▽20代女性①無職②不明③15日
▽40代男性①会社員②不明③15日
▽20代男性①会社員②不明③15日
▽20代男性①会社員②不明③15日
【袖ケ浦市】
▽20代男性①学生②不明③15日
▽40代女性①会社員②不明③15日
地元4市の同日現在の累計感染者数は、木更津市は633人、袖ケ浦市254人、君津市231人、富津市112人と何れも増えた。
同日、県内では3人の粗暴と124人の感染が判明。
同日現在における県内の累計感染者は38816人、死亡者は699人となった。

アバター

新千葉新聞

投稿者プロフィール

新千葉新聞社
〒292-0067
木更津市中央2-10-3

電話:0438-22-3849(本社)
FAX:0438-25-1684
E-Mail:shinchiba@nifty.com

この著者の最新の記事

関連記事

SunsetCafe MITATE
かずさアカデミアホール オークラアカデミアパークホテル
木更津市観光協会
公益社団法人 木更津法人会
株式会社フォレストホーム
epm不動産株式会社
宝家
木更津商工会議所
すず陶
株式会社KUROエージェンシー
JCOM木更津
情報提供フォーム
今月のあなたの運勢
今月のあなたの運勢
木更津市役所
きさらづみらいラボ
きさこんfacebook
まくら投げ
J:COM
SUZUTO
フォレストホーム
宝家
epm不動産
クロエージェンシー

カレンダー

2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

カテゴリ一覧

ページ上部へ戻る