男子は清見台MBC優勝 他【新千葉新聞】

新千葉新聞2021年1月8日発行

男子は清見台MBC優勝

J:COMかずさミニバスケットボール大会
44チームが出場 女子は八重原MBC

「第3回J:COMかずさミニバスケットボール大会」がこのほど3日間にわたり、木更津市民体育館、富津総合sy会ア体育館、かずさ地区各小学校体育館などを会場に実施され、男子は清見台MBC(木更津市)、女子は八重原MBC(君津市)が優勝した。
同大会は、富津市バスケットボール協会、木更津市バスケットボール協会、かずさミニバスケットボール連盟が主催、(株)ジェイコム千葉木更津局(浜端基次局長)などが後援した。
大会には44チーム(男子18、女子26)がエントリー、コロナ感染防止対策を施しながら開催された。
競技は予選リーグ、予選リーグ1位・2位による準決勝リーグ、準決勝リーグ1位による決勝トーナメント戦及び、予選リーグ3位と4位による交流戦が行われ、競技、
力向上も図られた。
なお同大会の様子は、J:COMの特別番組「第3回J:COMカップかずさミニバスケットボール大会」として1月30日(土)にJ:COM(11チャンネル)で放送される。
決勝トーナメントの結果は次の通り。
【男子】
①清見台MBC(木更津市)、②清水谷MBC(市原市)、③鴨川MBC(鴨川市)、
▽健闘賞=STキングス(木更津市)
▽清見台53-37鴨川、
▽清水谷53-21STキングス
《決勝》
▽清見台50-47清水谷
《3位決定戦》
▽鴨川72-42STキングス
【女子】
①八重原MBC(君津市)、②富津MBC(富津市)、③BLOSSOM MBC(市原市)、
▽健闘賞=中MBC(君津市)
《1回戦》
▽八重原49-35中
▽富津43-33BLOSSOM
《決勝》
▽八重原27-15富津
《3位決定戦》
▽BLOSSOM45-33中

優秀教職員

木一中の稲村さん

文部科学省大臣による令和2年度「優秀教職員」の表彰者が6日に発表された。
効率の小中学校、高校、私立の高校等の教職員が長年の教育功労を称えられた。
地元関係では、木更津市立木更津第一中学校の稲村和栄さんが優秀教職員に選ばれた。

地元3市で6人が感染

6日のコロナ感染 県は最多311人

国内で6日、報告された新型コロナウイルスの感染者は6004人で、初めて6000人を超え、2日連続で最多を更新した。
前日と比べて1000人以上十蔵しており、感染拡大に歯止めがかからない状況が続いている。
このうち半数近くを、緊急事態宣言の検討対象とされる東京都(1591人)、神奈川県(591人)、埼玉県(394人)、千葉県(311人)の1都3県が占めた。
同日は東京都のほか、埼玉県と千葉県も過去最多だった。
千葉県の発表によると6日、新たに木皿父子で3人、君津市で2人、袖ケ浦市で1人の感染が確認された。
木更津市は6日現在で感染者累計が201人を超えた。
クラスターが発生した袖ケ浦市の袖ケ浦さつき台病院では、入院患者1人の感染が新たに判明。
1回目の検査では陰性だったという。
同病院の感染者は計43人となった。
君津市は市役所納税課に勤務する20歳代の男性職員(市外居住)1人の感染を発表した。
同職員は4日に発熱し、5日PCR検査を受け、6日に陽性が判明。
発熱の症状が出る2日前から出勤していない。
市役所は7日以降も通常通り業務を継続する。
各氏の感染者概要は次の通り。
①推定感染経路
②発症日(検体採取日)
③検査確定日(陽性判明日)
④発症(検体採取)2日前からの行動歴
【木更津市】
▽30歳代の会社員男性
①患者接触
②1日
③4日
④自宅、職場、医療機関
▽20歳代会社員男性
①患者接触
②3日
③4日
④自宅、職場、医療機関
▽10代男子学生(無症状)
①調査中
②5日
③5日
④自宅、医療機関
【君津市】
▽20歳代の会社員男性
①患者接触
②4日
③5日
④自宅、職場、医療機関
▽20歳代の会社員女性
①患者接触
②3日
③5日
④自宅、医療機関
【袖ケ浦市】
▽80歳代の女性
①市内の袖ケ浦さつき台病院で発生したクラスターによる感染。入院患者
②2日
③4日
千葉県は感染者について、農耕接触者の把握を含めた積極的疫学調査を行っている。
6日、千葉県内では「新たに過去最多となる311人の感染が確認された。
300人を超えたのは初めて。
5日の261人を大きく上回り、2日連続で過去最多を更新した。
重傷者も23人に達し、これまで最多だった昨年4月14日に並んだ。
6日現在における千葉県内の感染者累計は12449人(死亡128人)。
木更津市は201人、袖ケ浦市は74人、君津市60人に増えた。
富津市は16人と変わっていない。

4強入りならず

暁星国際サッカー

サッカーの全日本高校女子選手権第3日は、6日、兵庫県立三木総合防災公園で準々決勝が行われ、初出場の暁星国際(千葉県木更津市)は作陽(岡山県)に、0-2で敗れた。
暁星国際は、シュート2本に抑えられ、前半10分に1点、後半8分に1点を入れられた。
しかしながら、初出場で8強入りはすごいことで今後の活躍に期待がかかる。

アバター

新千葉新聞

投稿者プロフィール

新千葉新聞社
〒292-0067
木更津市中央2-10-3

電話:0438-22-3849(本社)
FAX:0438-25-1684
E-Mail:shinchiba@nifty.com

この著者の最新の記事

関連記事

かずさアカデミアホール オークラアカデミアパークホテル
木更津市観光協会
公益社団法人 木更津法人会
株式会社フォレストホーム
epm不動産株式会社
宝家
木更津商工会議所
すず陶
株式会社KUROエージェンシー
JCOM木更津
情報提供フォーム
今月のあなたの運勢
今月のあなたの運勢
木更津市役所
きさらづみらいラボ
きさこんfacebook
きさらづ働くママ応援サイト

カレンダー

2021年1月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリ一覧

おすすめ記事

ページ上部へ戻る