健康増進や食育等連携 他【新千葉新聞】

新千葉新聞2023年12月10日発行

健康増進や食育等連携

地産地消や地域の安心・安全なども
木更津市が包括連携 (株)千葉薬品と協定

木更津市では、多様な主体と一体となって、将来にわたって活力あふれる持続可能なまちの創造に向けて、『オーガニックなまちづくり』を推進しているが、今月8日(金)、株式会社千葉薬品(代表取締役社長・齊藤昭生、千葉市中央区)との包括連携協定を締結した。
木更津市役所駅前庁舎で行われた協定締結式には、(株)千葉薬品の齊藤社長や幸保尚宏在宅推進部長、宮下隆経営企画室新規事業ブルーフ長が来庁し、渡辺芳邦市長と協定書を取り交わした。
締結は同市としては15社目、同社としては10自治体目となる。
同締結は、健康増進、食育、地産地消に関することなど多岐にわたる分野において連携し、社会課題の解決や活力あるまちづくりを推進するため行われたもの。
渡辺市長は、(株)千葉薬品が運営するヤックスグループではドラックストアや調剤薬局、介護施設など当市においても4店舗が展開されているとした上で。
「(株)千葉薬品が有する知見やノウハウ、ネットワークを存分に活用させていただき、双方にとって、有益な関係を構築できるよう、一つひとつ、連携した取り組みを積み重ねていく」と期待を込め挨拶、同協定に感謝した。
今後は、同協定に基づき、それぞれが有する資源を有効に活用しながら、様々な分野における協力・連携体制を強化し、市民サービスの向上に寄与する取り組みを展開していくとしている。
連携事項は次の通り。
①健康増進に関すること=健康づくりに関する普及啓発活動(保険年金課・健康推進課)ほか
②食育に関すること=食育啓発イベントの実施(農林水産課)
③地産地消に関すること=地産地消推進店の啓発(農林水産課)
④地域の安心・安全に関すること=体調不良時の休憩所としての店舗利用(高齢者福祉課)
⑤情報発信に関すること=国際交流、人権相談、多様性社会などの普及啓発事業(地域共生推進課)
⑥環境・美化に関すること=店舗周辺の清掃活動(資源循環推進課)
⑦防災、災害時における協力に関すること=防災備蓄の啓発活動(危機管理課)ほか
⑧その他、両者が協議し、必要と認めること。

功労者に感謝状と表彰

第59回木更津市 シニアクラブ大会

木更津市シニアクラブ連合会(会長・橋詰清、写真登壇者)主催の「第59回木更津市シニアクラブ大会」が、今月5日(火)午後2時から、木更津市民総合福祉会館2階・第1、第2研修室で開かれた。
高齢社会が進む今日、地域の高齢者による明るく住みよい地域社会づくりのための活動は、寝たきりや一人暮らし高齢者に対する友愛訪問をはじめとして、社会的にも大きな期待が寄せられている。
このようにシニアクラブ会員の役割は一層重要となっている。
そこで、市内シニアクラブ代表者並びに関係者が相集い、同クラブの充実発展を図るとともに老人福祉の向上を期するため、同大会を閧催したもの。
同大会には、渡辺芳邦市長や滝口君江木更津市社会福祉協議会長を来賓に迎え開催、来賓祝辞のあと、優良な単位シニアクラブ並びに会員へ、その功績を称え、労をねぎらい、市長感謝状(2人と1団体)及び木更津市シニアクラブ連合会長表彰状(7人と1団体)を贈呈した。
続いて、「フレイルを予防して健康寿命をのぱそう」や「健康・友愛・奉仕の3大運動を軸に、生きがいと健康づくりをはかり、地域社会に貢献する諸活動を積極的に展開しよう」とする大会宣言が行われた。
閉会式後は、ヤクルト健康教室が開かれた。
表彰者等は次の通り。
【木更津市長感謝状】
《功労者》
▽高安消美(請西第二寿会、二中地区)
▽下境庸司(活寿会、新清川地区)
▽八幡台白寿会(波岡地区)
【木更津市シニアクラブ連合会長表彰】
《功労者》
▽榎本勝(太田恋の森、清川地区)
▽池田敏男(真舟朋の会、二中地区)
▽根本勝(貝渕健寿会、二中地区)
▽佐藤和致(頁舟白寿会、二中地区)
▽本間徹夫(活寿会・新清川地巴
▽渡邉佐和子(曽根寿会、中郷地区)
▽江口操(八幡台友和会、波岡地区)
▽活寿会(新消川地区)
(敬称略)

通算1000勝を達成

木更津市出身 将棋の丸山忠久九段

木更津市出身の将棋の丸山忠久九段(53)が、8日(金)、東京都渋谷区の将棋会館で行われた「第9期叡王戦段位別予選で、深浦康市九段(51)に勝利し、公式戦通算1000勝を達成した。
2017年(平成29年)の佐藤康光九段(54)以来、史上10人目。
丸山九段は、千葉県木更津市清見台出身、志学館高等部卒業。
1990年(平成2年)にプロ入りし、名人2期、棋王1期獲得の実績を持つ。
地元ではこの快挙に拍手が送られている。

千代嵐さん等と餅つき

卒園した幼稚園で臼と杵をつかつて
高柳幼稚園 園児がよいしょ!

木更津市高柳の学校法人高柳学園 高柳幼稚園(加藤淳園長、園児180人)で、年末恒例の「もちつき」が8日(金)午前10時15分から、同園・園庭で行われた。
この餅つきは4年ぶり。
この日は特別ゲストとして、同園の卒園生(平成9年度)でもある大相撲九重部屋の千代嵐慶喜(よしのぷ)さん(32)と、同部屋の沖縄出身の千代の勝さん(29)が参加して、にぎやかに開催された。
千代嵐さんはすもうをとって今年で17年になり、身長は173センチ、体重は149キロ。
園内には十両になった時の加藤園長が贈った幟も掲げられていた。
今回は30キロのもち米を臼(うす)と杵(きね)を使ってついた。
園児たちは交替で千代嵐さん、千代の勝さんなどと一緒に、別々に2つの臼を使って「よいしょ!よいしょ!」の威勢の良い掛け声と共に、杵を持ち、もちつきに挑戦した。
昼食では、つきたての餅を黄な粉などでくるみ、試食した。
このあと記念写真に収まったり、年長児は力士2人とチビッコ相撲を行ったりして楽しんだ。
餅つきの休憩時間には、園児たちに体を触られながら、千代嵐さんは「子どもからたちにとっては珍しいものなんでしょうね。卒園した園に何時も呼んでもらえてありかたいです。凱旋(がいせん)したような気持ちです」などと話していた。
同園では、次代を担う子ども達に、四季折々、様々な日本の伝統文化体験を行っており、この「もちつき」も新年を健康で迎えられる感謝の気持ちを育もうと実施されている。

クリスマス会

セブンステー・木更津キリスト教会

木更津市の「セブンステー・アドベンチスト木更津キリスト教会」(牧師・宋乙燮)=清見台2-4-1、℡0438-22-7075=で、今月16日(土)午後1時30分から「クリスマス会」が開かれる。
三育学院中学校「エンジェルス ベル クワイア」の演奏、聖書クイズ、クリスマスのお話、からし種劇団の人形劇を楽しむ。
素敵なプレゼントあり。
チャリティー募金も行う(国内外災害による被災者生活支援としてNPO法人「ADRAJAPAN」に寄付される)。

来春採用の職員を募集

かずさ水道広域連合企業団 15日から受付け

「かずさ水道広域連合企業団」(本庁舎・木更津市潮見)は、令和6年4月1日採用の職員(経験者)を募集する。
職種は上級一般事務、上級土木A、上級土木B、上級電気、上級機械、上級生物-の6種類。受験申し込み受け付けは、今月十五日(金)から来年一月十日(水)まで。
詳細は次の通り。
①採用予定人員、②受験資格(全てに該当する人)。
▽上級一般事務(経験者)
①若千名
②昭和53年4月2日~昭和59年4月1日生まれで学校教育法に基づく学校(高等学校以上)を卒業した人。
令和5年3月31日までに民間企業や官公庁等での職務経験が直近15年中(平成20年4月1日~令和5年3月31日)10年以上ある人。
ただし、最低一か所で5年以上継続して就業していた期間が必要。
▽上級土木(経験者)A
①若干名
②昭和53年4月2日~昭和59年4月1日生まれで高等学校以上を卒業した人。
令和5年3月31日までに民間企業や官公庁等での土木関係の設計又は施工管理等の職務経験が直近10年中(平成25年4月1日~令和5年3月31日)6年以上ある人。
▽上級土木(経験者)B
①若干名
②平成3年4月2日~平成10年4月1日生まれで高等学校以上を卒業した人。
令和5年3月31日までに民間企業や官公庁等での土木関係の設計又は施工管理等の職務経験が直近5年中(平成30年4月1日~令和5年3月31日)3年以上ある人。
▽上級電気(経験者)
①若干名
②昭和53年4月2日~平成10年4月1日生まれで高等学校以上を卒業した人。
令和5年3月31日までに民間企業や官公庁等での電気関係の設計又は施工管理等の職務経験が直近5年中(平成30年4月1日~令和5年3月31日)3年以上ある人。
▽上級機械(経験者)
①若干名
②昭和53年4月2日~平成10年4月1日生まれで高等学校以上を卒業した人。
令和5年3月31日までに民間企業や官公庁等での機械関係の設計又は施工管理等の職務経験が直近5年中(平成30年4月1日~令和5年3月31日)3年以上ある人。
▽上級生物(経験者)
①若干名
②昭和63年4月2日~平成10年4月1日生まれで高等学校以上を卒業した人。
令和5年3月31日までに民問企業や官公庁等での生物(分類・生態・生物地理等)に係る専門的知見を主に用いる業務又はそれらをテーマとする研究活動の従事経験が直近5年中(平成30年4月1日~令和5年3月31日)3年以上ある人。
申し込みは同企業団HPのWebフォームから。
試験日は来年1月20日(土)~28日(日)の問で希望する日時を、場所は全国にあるテストセンターから希望する場所を、それぞれ選択する。
問い合わせ先は同企業団総務課℡0438-25-1621。

新千葉新聞

投稿者プロフィール

新千葉新聞社
〒292-0067
木更津市中央2-10-3

電話:0438-22-3849(本社)
FAX:0438-25-1684
E-Mail:shinchiba@nifty.com

この著者の最新の記事

関連記事

恋する木更津『一途なのり天』
木更津市市民活動支援センター「きさらづみらいラボ」
木更津市金田地域交流センター「きさてらす」
株式会社kakki
安房運輸株式会社
アイ工務店
株式会社フォレストホーム
かずさアカデミアホール オークラアカデミアパークホテル
公益社団法人 木更津法人会
epm不動産株式会社
宝家
BESS木更津
木更津商工会議所
すず陶
木更津市観光協会
株式会社KUROエージェンシー
JCOM木更津
情報提供フォーム
今月のあなたの運勢
木更津市役所
きさこんInstagram
きさこんfacebook
木更津市市民活動支援センター「きさらづみらいラボ」
木更津市金田地域交流センター「きさてらす」
安房運輸株式会社
株式会社kakki
アイ工務店
J:COM
BESS木更津
SUZUTO
フォレストホーム
宝家
epm不動産
クロエージェンシー

カレンダー

2023年12月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリ一覧

ページ上部へ戻る