被災地へ給水車を派遣 他【新千葉新聞】

新千葉新聞2024年1月18日発行

被災地へ給水車を派遣

かずさ水道広域連合企業団の職員も
能登半島地震 断水に伴い応急給水

令和6年能登半島地震による断水に伴い、応急給水活動の支援に関する要請が、今月12日に公益社団法人日本水道協会関東地方支部から、同協会千葉県支部(事務局・千葉県企業局)にあった。
この要請を受け、かずさ水道広城連合企業団では、16日に、職員4人、給水車1台、サポートカー1台を、石川県羽咋郡志賀町(はくいぐん しかまち)に派遣した。
16日午前6時からのかずさ水道広城連合企業団本庁舎(木更津市潮見)での出発式では、渡辺芳邦広域連合企業長(木更津市長)や斉藤高根広域連合企業団議会議長(木更津市議)が出席。
派遣職員に対し、被災者へのお悔やみやお見舞いの言葉とともに、「当地域も令和元年台風15号や令和2年度の大規模漏水事故では、県内外から多くの水道事業体の皆様に支援をいただいており、これらの支援へのお礼も込めて、かずさ水道を代表し、被災された方々に寄り添って任務にあたってもらいたい」などと激励の言葉を述べた。
最後に、被災地域での活動にあたっては、安全を第一とし、体調管理にも十分留意するようにとの挨拶のあと、多数の職員に見送られ出発した。
また、前日の15日には、1トンの組立式仮設水槽2台を、石川県羽咋郡志賀町に送り届けるため、職員2人が出発している。

交通遺児への育英資金

木更津交通安全協会 3家族6人に贈呈

木更津交通安全協会(会長・竹内義一)では、このほど、交通事故により親を亡くした児童・生徒の家庭に対し、寄付者から預かり保管中の基金から、学業資金に役立ててもらうため、育英基金を贈呈した。
木更津警察署管内の木更津市・袖ケ浦市内居住の交通遺児、3家族(6人)宅を訪れ、手渡した。

和太鼓演奏でお出迎え

クルーズ客船『につぽん丸』が寄港
木更津港H岸盤 市内見どころを訪問

商船三井クルーズ(株)のクルーズ客船『にっぼん丸』が、17日(水)午前7時半過ぎ木更津港H岸壁にはじめて寄港し、乗船客は木更津市内観光や成田山新勝寺詣でなどで、この日1日、千葉県内を楽しんだ。
にっぽん丸は、総少数22472トン、客室199室、定員は最大449人、全長166.6メートル、全幅24メートルの豪華客船。
にっぽん丸は乗客340人を乗せ、前日の16日午後5時に名古屋港を出港(3泊4日の旅)、一番目の寄港先として木更津市を訪れたもの。
木更津港では特に歓迎セレモニーなどは実施しなかったが、「きさポン」をはじめ、渡辺芳邦市長、田中幸子副市長、木更津市経済部観光振興課職員など多数が出迎えた。
寄港のおもてなしとして、和太鼓奏者・鈴木淳一氏と「和太鼓・笑楽和楽(わらわら)」のメンバーが勇壮な迎え太鼓(4曲)を披露して歓迎した。
乗客は船のデッキから和太鼓演奏を楽しみ、下船後はきさポンや和太鼓奏者などと記念写真を撮ったりして交流した。
このあと乗船客は、オプショナルツアー(①木更津市内見どころコース。②成田山コース)に午前9時前にバスで出発した。
同ツアーは同内容で午前と午後2回実施された。
名古屋からの乗客の夫婦は「還暦記念に、はじめて船に乗りました。今日はいい一日になりそうです」と笑顔が広がっていた。
「木更津市内見どころコース」では、木更津港-中の島大橋(車窓より)-海ほたる見学-道の駅うまくたの里-平野山高蔵寺参拝-木更津港。
また船内では、木更津市観光協会関係者が、木更津市の観光PRや、木更津産学校給食米(有機米)をはじめ、市内の業者などから預かった名産品などの販売も行った。
午後5時40分から約5分間「木更津市の思い出」にと、サプライズの打ち上げ花火も行い、航海の無事とよい船旅であるよう祈念した。
にっぼん丸は午後10時30分、次の寄港先の「下田」へと出港した。

地震義援金送る

木更津市議会議員会

木更津市議会議員会(会長・三上和俊)では16日、1月1日に発生した能登半島地震により被害を受けた被災地の復旧・復興を支援するため、義援金として10万円を、石川県(令和6年能登半島地震災害義援金の専用振込口座)へ送金した。

『柴燈護摩』で火渡り

木更津市金田東 観音寺霊園横広場

第8回新春イベント、木更津市牛込の『柴燈護摩(さいとうむま)』が、来る20日(土)午後1時から、真言宗・観音寺(住職・千葉光貴)の霊園横広場(木更津市金田東3-3)で執り行われる。
神仏の灯明として山野に生える小さい雑木「柴」を焚いて本尊に祈り、智慧の火で煩悩の薪を焚き、息災・増益・降伏・敬愛を祈願する。
当日は「火渡り」を実施するので一般の人の参加・来場を歓迎している。
「木札」(3,000円)を申し込むこともできるので、同寺(℡0438-41-1831)まで連絡をしてほしいとしている。
同所は、三井アウトレットパーク木更津の北東に隣接している。
(駐車場はない)

新年賀詞交歓会

木更津法人会女性部会

木更津法人会女性部会(部会長・佐生知子)の「令和6年新年賀詞交歓会」が、今月24日(水)正午から、エルシオン木更津(富士見3丁目)で開催される。
辰年を迎え今年一年の活躍を祈念し、結束を図るつどいとする。

新千葉新聞

投稿者プロフィール

新千葉新聞社
〒292-0067
木更津市中央2-10-3

電話:0438-22-3849(本社)
FAX:0438-25-1684
E-Mail:shinchiba@nifty.com

この著者の最新の記事

関連記事

恋する木更津『一途なのり天』
クロバー建築株式会社
木更津市市民活動支援センター「きさらづみらいラボ」
木更津市金田地域交流センター「きさてらす」
安房運輸株式会社
アイ工務店
株式会社フォレストホーム
かずさアカデミアホール オークラアカデミアパークホテル
公益社団法人 木更津法人会
epm不動産株式会社
宝家
BESS木更津
木更津商工会議所
すず陶
木更津市観光協会
株式会社KUROエージェンシー
JCOM木更津
情報提供フォーム
今月のあなたの運勢
木更津市役所
きさこんInstagram
きさこんfacebook
クロバー建築株式会社
木更津市市民活動支援センター「きさらづみらいラボ」
木更津市金田地域交流センター「きさてらす」
安房運輸株式会社
アイ工務店
J:COM
BESS木更津
SUZUTO
フォレストホーム
宝家
epm不動産
クロエージェンシー

カレンダー

2024年1月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

カテゴリ一覧

ページ上部へ戻る