木更津の賑わい創出にと 他【新千葉新聞】

新千葉新聞2023年12月7日発行

木更津の賑わい創出にと

0.1%の1年分、約108万円を寄付
イオンリテール(株) WAONカード利用

イオンリテール(株)は5日(火)、木更津市の~みなとまち木更津の賑わい創出に役立ててもらいたい~と、108万千376円の寄付を行った。
これは平成26年10月14日に「木更津市とイオン(株)との連携に関する協定」に基づき、毎年「みなとまち木更津WAON(ワオン)カードを利用して支払われた金額の「0.1%」に相当する額を木更津市に寄付したもので、今回の寄付金は2022年3月1日~2023年2月28日までの1年間分。
木更津市役所駅前庁舎・市長応接室で行われた寄付金採納式には、イオンリテール(株)南関東カンパニー東千葉事業部・丹森健二部長、イオンスタイル木更津・高菱秀一店長、イオンモール木更津・藤田有作GM、エリア政策推進・安藤裕子統括部長など関係者が来庁。
木更津市からは渡辺芳邦市長、田中幸子副市長、伊藤昌宏経済部長、大岩房之同部次長などが出席して敬意を表した。
席上、丹森部長は、木更津市の様々な事業・イベントなどにイオンの施設が活用されていることに感謝し、「今後もオーガニックシティ木更津の発展を側面から応援させてもらう」などと期待を込めて挨拶した。
これに応え渡辺市長は毎年多大な寄付に感謝し、「今後木更津市は子育てしやすいまちづくりに取り組んでいく。貴社とともに発展していきたい」と更なる連携強化を願い謝辞を行った。
席上木更津市では、同寄贈(100万円以上)に対し市表彰規定に伴い、同社に対し功労表彰を行った。
「みなとまち木更津WAONカード」による寄付は協定締結の翌年、平成27年度から行われており、今回で9回目、寄付金総額は737万7046円にもなっており、これまで~地域資源を活用したみなとまち木更津の賑わい創出への取り組みKISARAZU PARK BAY FESTIVAL、木更津街コン、木更津ナチュラルバル~など多彩な事業に有効活用されている。

木更津こどもまつり放映

テレビ東京 きょうの『昼めし旅』

きょう7日(木)正午から午後1時40分までテレビ東京(7チャンネル)の『昼めし旅』の番組で、去る11月18日(土)に、木更津駅西口周辺で開催した「第20回木更津こどもまつり」の様子が放送される。
同まつりは、同まつり実行委員会(委員長・宮崎栄樹愛染院住職、木更津市中央1)が主催したもので、天候にも恵まれ、多くの子どもたちや親子連れで賑わった。

電子オルガンを作ろう

木高専で小中学生

木更津工業高等専門学校でこのほど、公開講座「電子オルガンを作ろう」が事施された。
担当の先生1名と補助学生5人が、受講する小中学生の補助をした上で、一人一つずつはんだ付けと簡単な工作を行い、電子オルガンを製作した。
講座終了後のアンケートでは、「最初ははんだ付けがこわかったけど、やってみたら楽しかった」や「とても楽しかった」、「またやりたい」などと回答があり、参加者にとって非常に満足度の高い講座となった。

新千葉新聞

投稿者プロフィール

新千葉新聞社
〒292-0067
木更津市中央2-10-3

電話:0438-22-3849(本社)
FAX:0438-25-1684
E-Mail:shinchiba@nifty.com

この著者の最新の記事

関連記事

恋する木更津『一途なのり天』
木更津市市民活動支援センター「きさらづみらいラボ」
木更津市金田地域交流センター「きさてらす」
株式会社kakki
安房運輸株式会社
アイ工務店
株式会社フォレストホーム
かずさアカデミアホール オークラアカデミアパークホテル
公益社団法人 木更津法人会
epm不動産株式会社
宝家
BESS木更津
木更津商工会議所
すず陶
木更津市観光協会
株式会社KUROエージェンシー
JCOM木更津
情報提供フォーム
今月のあなたの運勢
木更津市役所
きさこんInstagram
きさこんfacebook
木更津市市民活動支援センター「きさらづみらいラボ」
木更津市金田地域交流センター「きさてらす」
安房運輸株式会社
株式会社kakki
アイ工務店
J:COM
BESS木更津
SUZUTO
フォレストホーム
宝家
epm不動産
クロエージェンシー

カレンダー

2023年12月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリ一覧

ページ上部へ戻る