株式会社山忠「和菓子屋」から「化粧品会社」、そして「がん診断支援機器開発」へ

親友の臨床検査技師の悩みから「がん診断の遅れを解消する機械」を開発
携帯電話カメラ使用の機器で、細胞検査の再検査・判定不能を削減

1965年から「和菓子屋」として創業した木更津市の株式会社山忠(木更津市潮浜)は1998年から新たに「化粧品会社」への道を進み、四半世紀が経過しました。
これまで「製造から販売までを一貫することで良品質なものをお届けする」という理念のもと、和菓子・化粧品で人々の笑顔を実現してきました。
そして山忠は2021年、自社の新規事業として「多機能一体型細胞診位相差観察医療機器」【モバイルローズ】」を研究開発し、「医療支援」の道にも挑戦していきます。
これは、がん診断の遅れに影響する「細胞検査」の時短、効率化を実現するために、「検査提出前の細胞チェック」が簡単にできる機械です。

【開発の背景と思い】

がん診断は患者の体から取った検体の臨床検査を経て診断されていますが、これまでは「病理細胞診検査のやり直しが重なること」が問題となっていました。
再検査のやり直しは複数回に及ぶこともあり「採取材料の適正確認」が必要でした。
㈱山忠取締役社長の加藤和世は親友の臨床検査技師が日頃から悩んでいた「検査材料の不適正の多さ」、を解決すべく、携帯電話のカメラを使用した機器で細胞の状況を簡単に事前チェックできる機械【多機能位相差観察機器モバイルローズ 】を開発し、2020年11月の日本臨床細胞学会にて研究発表をしたところ、国内外の医療関係者から大きな反響を呼んでおります。
今後、

  • 細胞診検査の精度向上 、
  • がん等の診断の遅延の低減
  • 医療コストやマンパワーの削減
  • 再検査数の低減による新型コロナウィルス等感染症への感染リスク低減等

モバイルローズが医療業界に貢献できることを願っております。


【モバイルローズで改善できること】

<現状>

  1. 採取しスライドグラスに塗抹する(塗抹標本)
  2. 塗抹標本を 検査機関に送る。
  3. 塗抹標本で多く発生する a 乾燥、 b 血液混入、c 細胞数過少などの不適正理由により判定不能となり再度、1.2の工程を踏まなければならなかった
    <細胞検査のやり直し多発問題>

<これから>

  1. 医療機関等で患者から細胞を 採取する。
  2. 採取した検体に a 乾燥、b 血液の混入、c 細胞数が少ない、の問題が無いかモバイルローズで提出前に確認し、適正と確認された検体を検査機関に送る。
  3. 検査機関での検査でがん診断を実施。
    <検査精度の向上が「がん診断や治療の遅延の防止」「医療コスト・マンパワーの削減」につながる>

【医療業界への貢献性】

  1. 細胞診検査の精度向上
  2. がん等の早期診断支援に期待
  3. 医療費コストやマンパワーの削減
  4. 再検査率低減やマンパワー不要による新型コロナウィルス等への感染リスク低減

【山忠のこれまでと今後への思い 代表取締役 会長 加藤昌孝より】

私どもの会社は、創業は1965年7月です。
実は、和菓子屋として、父親の代にスタートし、私は、28歳の時に和菓子製造業を引き継ぎました。
創業当初からこだわってきたのは、使用する水からできる限りの不純物を取り除き、純水に近づけるという技術でした。
和菓子の原料、例えば、あずきの本来持っている素材のおいしさを引き出すには純度の高い水を使用することによって、一層、引き立たせることがわかってきたからです。
それを 化粧品に応用し、例えば、ヒアルロン酸の持つ保湿力やアスタキサンチンの持つ抗酸化力を高められるのではないかと考えたのが動機でした。

なぜ化粧品を始めたのか?
それは現在、 代表取締役社長をしている家内(加藤和世 )が、若いころから肌トラブルに悩んでいました。
病院に通っても、なかなか改善されなかったところ、弊社の純水に保湿剤を加えただけの化粧水をたまたま使ってみたら、あっという間に肌トラブルが改善されていきました。
そのころ、ちょうど和菓子販売が、専門店同様にコンビニでも買える時代の移行期で、会社の業績が悪化している最中でした。
化粧品については、私は素人でしたが、肌トラブルが改善された家内の感動する姿を見て、「これは、事業になる!」と閃き、家内と二人三脚で化粧品製造についての研究が始まりました。
和菓子製造と同様に、こだわりの水を使用し、思い切って高級原料を高配合する製品を作ることによって、3年ほどテレビ通販やカタログ通販などで、全国にお客様ができていきました。航空会社の機内誌でも紹介され、少しずつブランド名も浸透していきました。
自社化粧品工場では、生産開始当初から、品質管理については、世界標準すなわち、ISOを意識し、メーカーとなって10年目の2009年から2011年にかけて、3年連続で、食品や化粧品製造の世界最高品質を競う祭典・モンドセレクションにおいて、「最高金賞」を受賞することができました。
それも、当時は「世界初の快挙」と評されましたが、現在も工場をはじめ、全社員の誇りと自信になっています。

昨年、弊社が応募した千葉県医療機器等開発支援補助事業に選定され、これまで弊社が研究開発してきた多機能一体型位相差観察機器【モバイルローズ】の試作機がようやく完成し、量産体制の準備中です。
2020年11月の第59回日本臨床細胞学会においての研究成果発表以来、国内外の医療関係者に大きな反響を呼びました。
小型がん早期診断支援医療機器として、今後は、病院関係者のマンパワー削減、患者さんの不安軽減、医療費削減に大きく貢献できるものと期待しています。
甲状腺がんや肺がん等の早期診断支援をはじめ 、耳鼻咽喉科や消化器科への応用まで、今後の大学病院や専門医の先生方の研究成果発表が待たれるところです 。

株式会社山忠
木更津市潮浜1-17-16
TEL:0438-37-6193
URL:https://yamachutech.com
化粧品URL:http://www.yamachucosmetics.com/

木更津市産業・創業支援センター らづ-Biz

木更津市産業・創業支援センター らづ-Biz木更津市産業・創業支援センター らづ-Biz

投稿者プロフィール

あらゆる事業者の方々に対する、ひとつひとつの事業支援によって、それぞれの人や企業が元気になっていけば、地域全体がもっと元気になれるはず・・・
木更津市産業・創業支援センター「らづ-Biz」は、そんな考えに基づいて地域のチャレンジャーを応援する、木更津市の新しい産業支援施設です。

詳しくはホームページをご覧ください。
http://razu-biz.jp

この著者の最新の記事

関連記事

SunsetCafe MITATE
かずさアカデミアホール オークラアカデミアパークホテル
木更津市観光協会
公益社団法人 木更津法人会
株式会社フォレストホーム
epm不動産株式会社
宝家
木更津商工会議所
すず陶
株式会社KUROエージェンシー
JCOM木更津
情報提供フォーム
今月のあなたの運勢
今月のあなたの運勢
木更津市役所
きさらづみらいラボ
きさこんfacebook
まくら投げ
J:COM
SUZUTO
フォレストホーム
宝家
epm不動産
クロエージェンシー

カレンダー

2021年3月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

カテゴリ一覧

ページ上部へ戻る