ピンク色の絶景広がる 他 【新千葉新聞】

新千葉新聞2020年8月13日

ピンク色の絶景広がる

マザー牧場 ペチュニア2500株

富津市のマザー牧場でピンク色の「桃色吐息(ペチュニア)」のお花畑が今年も見ごろを迎えた。
梅雨が長かったため、鮮やかな花畑になるか不安な時期もあったというが、スタッフの懸命な成育管理のおかげで、無事に満開の花畑を見ることが出来る。
牧場の斜面に広がる広大な「花の谷」約5000平方メートルを彩るのは、鮮やかなピンク色のペチュニア約25000株。
青空のもと、南房総の山並みを背景に咲き誇るピンクの花は、ひととき、コロナ禍の日々を忘れさせてくれるよう。来場者は遊歩道を歩きながら、暑さを忘れて「ピンクの絶景」を楽しんでいた。
「桃色吐息」はペチュニアの改良品種で、南房総の園芸家・杉井明美さんと千葉大学が共同開発し、2014年(平成26年)から同牧場に植栽されている。
開花時期は7月中旬から9月中旬までで、鹿野山の山肌を鮮やかなピンク色に染める。
花と青空と遠くの山々を見ながら格別な時間を過ごしてほしいと、来場を歓迎している。

鳥居崎公園の頌徳碑前に

木更津港まつりの由来などを刻んだ
木更津異業種交流プラザ『解説板』設置

木更津商工会議所の下部組織『木更津異業種交流プラザ』(小高真一代表幹事、メンバー12人)は、このほど、木更津市の通り伊崎海浜公園内の「頌徳碑(しょうとくひ)」周辺の清掃活動と、同碑前に木更津市港まつりの由来などを刻んだ『解説板』の設置を行った。
木更津異業種交流プラザは、昭和61年(1986年)8月に「異なる業種の企業がいろいろな角度から意見交換、情報交換を行い、それぞれの企業の繁栄及び、木更津商工会議所会員の大多数を占める中小企業の振興に資すること」を目的に設立され、昨年、令和元年8月には設立33周年を迎えた。
昭和から平成、令和へと時代の移り変わりと共に、同プラザの主旨なども大きく変化してきており、活動内容等の見直しを行う中で、このたび一つの区切りとして、木更津異業種交流プラザとしての活動を終了し、解散することになった。
活動を終了するにあたり、これまでお世話になった木更津市及び、木更津商工会議所への感謝の思いを込め、同プラザが「歴史の愛sとを未来にわたって思い出として残していく」ことを目的に立ち上げた「木更津思い出づくりプロジェクト」」の第2弾~木更津思い出づくりプロジェクトFINAL事業として同『解説板』の設置を行ったもの。
この解説板には、木更津港まつりの由来、木更津港開月功労者についてなどが詳しく刻まれ、木更津市民はもとより、木更津市を訪れる観光客などにもみなと祭りの意義を理解してもらえる資料となっている。
今年は新型コロナウイルス感染症拡大のため「木更津港まつり」は中止となっているが、8月14日には例年通り「頌徳碑」前で「修祓式」のみが執り行われる予定で、8月11日に設置工事が行われ、14日の式典の中で『解説板』の除幕と疲労が行われる。
「解説板」の「寄贈者は次の通り。(順不同、敬称略)
▽小高真一(代表幹事)▽國吉俊夫(副代表幹事)、▽高橋一郎(副代表幹事)、▽石畑祐介(副代表幹事)、▽中山勝広(監事)、▽石渡英範(監事)、▽大澤藤満(会員)、▽野口義信(会員)、▽高橋浩(会員)、▽大野辰男(会員)、▽藤本誠司(会員)、▽春川紀雄(名誉顧問)。

県では新たに19人感染

11日判明のコロナ 地元は出ていない

国内で11日、新たに685人の新型コロナウイルス感染者が確認され、これまでの感染者は計51079人(クルーズ船の乗客乗員含む)、死者は1070人となった。
東京とは188人で、2日連続200人未満。
千葉県では、新たに幼稚園や介護士、保育士らを含む10歳未満~70歳代の男女19人の感染が判明した。
少なくとも13人の感染経路が不明。感染して県内病院に入院していた50歳代男性一人の死亡も発表された。
感染判明が40人を切るのは11日ぶりだが、休日で検査体制が縮小されていたことが要因とみられる。重傷者はいない。
新規感染者の居住地別内訳は、市川市4人、千葉市・柏市・鎌ケ谷市・浦安市各3人、船橋市・館山市・山武市各1人。君津地域4市からは出ていない。
県内における感染者は、11日午後8時現在で計2224人、死者は計55人。
地元4市は木更津市42人、君津市14人、袖ケ浦市12人、富津市ゼロで9日から増えていない。

独自大会に8校

県高校軟式野球

軟式野球の県独自大会となる「下記千葉県高校軟式野球大会」が9日と10日、成田市の中台運動公園野球場で行われた。
拓大紅陵、木更津総合、千葉聾学校、日出学園、市川、八千代松陰、千葉商大付、筑波大附聴特の8校が出場。
開会式はなく、各校1試合のみで実施された。
全国高校選手権は、新型コロナウイルスの影響で中止となっている。
結果は次の通り。
【9日】
▽木更津総合11-10日出学園、▽千葉聾学校(不戦勝)-筑波大附徳特
【10日】
▽拓大紅陵5-3千葉商大付、▽7八千代松陰21-2市川(5回コールド)

アバター

新千葉新聞

投稿者プロフィール

新千葉新聞社
〒292-0067
木更津市中央2-10-3

電話:0438-22-3849(本社)
FAX:0438-25-1684
E-Mail:shinchiba@nifty.com

この著者の最新の記事

関連記事

かずさアカデミアホール オークラアカデミアパークホテル
木更津市観光協会
公益社団法人 木更津法人会
株式会社フォレストホーム
epm不動産株式会社
宝家
木更津商工会議所
すず陶
株式会社KUROエージェンシー
JCOM木更津
情報提供フォーム
今月のあなたの運勢
今月のあなたの運勢
木更津市役所
きさらづみらいラボ
きさこんfacebook
まくら投げ
J:COM
SUZUTO
フォレストホーム
宝家
epm不動産
クロエージェンシー

カレンダー

2020年8月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリ一覧

ページ上部へ戻る