高齢者福祉の進展願い 他【新千葉新聞】

新千葉新聞2022年5月10日発行

高齢者福祉の進展願い

伊藤鈴惠さん老人福祉功労の知事表彰
木更津市シニアクラブ連合会 今年度定期総会

木更津市シニアクラブ連合会(会長・佐藤正義、会員数21クラブ)の「令和4年度敵総会」がこのほど、市民総合福祉会館で開催された。
来賓として、清水和也木更津市福祉部長、滝口君江木更津市社会福祉協議会会長を迎え開会、各クラブの代表者や役員など30人が出席した。
議事では令和3年度の事業報告・決算報告・監査報告、令和4年度活動方針案・事業計画案・予算案等が審議され、全会一致で承認された。
また、同会副会長の伊藤鈴惠さん(役員従事年数12年)が、「永年にわたり老人クラブ役員として、率先して活動し、クラブの普及・発展・連合会の円滑な運営に尽力したとして「2021年度老人福祉功労者知事表彰」に輝いた。
今年3月3日開催予定の「第61回千葉県老人クラブ大会」席上で表彰される予定だったが、コロナ禍の折、同大会はYouTube配信となったため、3月24日開催の理事会席上で佐藤会長から伝達された。
令和4年度役員は次の通り。
(敬称略)

創立40周年記念大会

あす金田で開催 木更津地区更生保護女性会

木更津地区更生保護女性会(会長・石邑八重子)の「創立40周年記念大会」が、あす11日(水)午前10時から(受け付け午前9時30分~)、木更津市金田地域交流センターきさてらす、2階多目的ホールで開催される。
木更津地区更生保護女性会は昭和56年5月に発足し、今年令和4年5月で40周年の節目を迎える。
今回の記念大会では、更生保護女性会の今後の活動の飛躍が図られる。
更生保護とは、犯罪や非行をした人たちに対し、社会の中で立ち直りに向けた指導や支援を行うことにより、その再販を防ぎ、健全で安定した生活を送れるように力を貸す。

オオヨシキリの住処に

木更津市長須賀 ヨシズでさえずる

木更津市長須賀の休耕田にヨシズ(葦簀)が生え伸びており、書家の鳥「オオヨシキリ」の住処(すみか)になっている。
同鳥は、全長18.5センチ、夏に水辺で暮らす。
頭から背、翼の上面、尾の上面は淡褐色、下面は黄白色で、腰は淡い色、口元にひげがある。
「ギョギョシ ギョギョシ ギョギョシ」あるいは「ケケス ケケス カイカイシ」などと聞こえる大きな声でさえずる。
味さ大陸の中緯度で繁殖し、冬期は熱帯地域へ渡る。
日本では全国で繁殖する夏鳥だが、沖縄地方では渡りのみ。
数本のヨシを束ねて、お椀型の巣をつくる。
一夫多妻制で、同時期ではないが、オスの周辺にメスが巣をつくり、抱卵、育雛する。

4市は7日57人、8日54人

県発表コロナ感染 県内は1233人

県によると、君津地域では新型コロナウイルスの新規感染者が4市合わせて7日(土)に57人、翌8日(日)に54人確認された。
各市の感染者数内訳は、7日は木更津市32人、君津市10人、袖ケ浦市8人、富津市7人。
1週間目の土曜日・4月30日(木・11人、君・1人、富・3人、袖・19人、地域総数・34人)と比較すると、減ったのは袖ケ浦市のみで11人減少。
木更津市は9人、君津市は9人、富津市は4人、地域総数は23人何れも増加した。
8日の感染者数は君津市21人、袖ケ浦市7人、木更津市14人、富津市2人。
1週間前の日曜日・1日(木・17人、君・6人、富・5人、袖・21人、地域総数・49人)と比べ、君津市が15人、地域総数が5人共に増加。
木更津市と富津市が各3人、袖ケ浦市は4人何れも減少した。
1日現在の4市の累計感染者数は木更津市が7880人、君津市3990人、富津市1876人、袖ケ浦市3759人となっている。
県内では7日、1049人が新たに感染、1人が死亡。
4日ぶりに1日の感染者数が1000人を上回った。
新規クラスター(感染者集団)は3件。
8日の新規感染者は1233人、死亡は1人。
感染者数は前週の日曜日(1023人)から約200人増加した。
クラスターはなかった。

市民野球熱戦

市営球場と江川球場

木更津市野球連盟主催「市民野球大会」の『C級2部春季大会』が1日開幕。
市営や球場と江川や球場で1回戦5試合が行われ、熱戦が展開された。
当日は『壮年大会』1試合も行われた。
結果は次の通り。
【春季大会(C級2部)】
◎1回戦
▽LITTLE BEARS9-2guzman(5回コールド)
▽高島モータース2-1WINS RIDERS
▽DRUNKERS(不戦勝)‐クラブソーダ
▽高田工業所-ソニーGM&O=両チーム棄権
【壮年大会】
▽八幡台ロイヤルズ6-3世界乃木更津

今年70周年を迎えて

西上総文化会 会報第82号を発行

地域の歴史や子文書などを研究し、木更津市を中心に活動尾する「西上総文化会」(開帳・八田英之、会員約70人)はこのほど、令和3年度『西上総文化会報 第82号』を出版した。
同会は、昭和27年(1952年)に設立された文化団体で、袖ケ浦市、木更津市、君津市、富津市などの郷土史愛好者を中心に運営されている。
今年創立70周年を迎える同会では、理事会でこの記念事業について種々考案中であるという。
今回の会報(令和4年3月31日発行)では、昨年逝去された同会参与の高崎繁雄氏(元校長、郷土史研究家)を冒頭で追悼している。
会員の出稿で地域市関係の研究論文等としては、村田峯生氏「大宮寺の小宮山氏の墓」(遺稿)を筆頭に、河野良恒氏「萩生徂徠と南総の力」、諏訪貞夫氏「旧請西藩主林忠崇侯自筆の『戊辰出陣記』を読む その4(終)」、上総行氏「請西藩士大野家について」、今葷倍みのり氏「小笠原諸島と嶋谷市左衛門、林子平、鍋島喜八郎のそんざい」、林健一氏「木更津市請西字北本郷 日枝神社棟札調査書」、野埼竜太氏「史料紹介国勝神社『御本所被命御書付写』について その2」、麦野ゆたか氏「木更津市畔戸の男性から聞き書き・主に1955年までのこと」など多彩なものを揃える。
このほかに随筆として、川俣公男氏「テレビが我が家にやってきた」、鬼形むつ子氏「山口謠司著『日本語を作った男 上田万年とその時代」を読む」などが加わっている。
また、俳句・短歌の文芸欄も充実している。
会報は会員追加の場合、1冊1000円、会員外は1500円。
問い合わせは、事務局の川俣公男氏(TEL0439-37-1877)まで。
なお、同会は現在、会員を募集中。
第679回例会の令和4年度(創立70周年)の総会は、今月21日(土)、午前10時30分から、木更津市立図書館で開催。
総会終了後、昼食会は割烹たく(東中央)で。
会費2000円、当日に。

アバター

新千葉新聞

投稿者プロフィール

新千葉新聞社
〒292-0067
木更津市中央2-10-3

電話:0438-22-3849(本社)
FAX:0438-25-1684
E-Mail:shinchiba@nifty.com

この著者の最新の記事

関連記事

恋する木更津『一途なのり天』
かずさアカデミアホール オークラアカデミアパークホテル
木更津市観光協会
公益社団法人 木更津法人会
株式会社フォレストホーム
epm不動産株式会社
宝家
木更津商工会議所
すず陶
株式会社KUROエージェンシー
JCOM木更津
情報提供フォーム
今月のあなたの運勢
木更津市役所
きさらづみらいラボ
きさこんInstagram
きさこんfacebook
まくら投げ
J:COM
SUZUTO
フォレストホーム
宝家
epm不動産
クロエージェンシー

カレンダー

2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリ一覧

ページ上部へ戻る