暁星国際が3連覇飾る 他【新千葉新聞】

 

新千葉新聞2021年5月14日発行

暁星国際が3連覇飾る

県高校総体サッカー女子 関東大会へ出場

サッカー女子の県高校総体が9日までに暁星国際高欧(木更津市)などで行われ、暁星国際が決勝で流通経大柏を2-0で降し、3大会連続(コロナの影響で中止された昨年度を除く)、3度目の優勝を飾った。
暁星国際は関東高校女子大会(6月5~7日・会場非公開)に出場を決めた。
同大会で3位までに入れば全国高校総体(8月18日~22日・福井県)の出場権を獲得する。
同校の戦績は次の通り。
◎準々決勝
▽暁星国際12-0千葉西
◎準決勝
▽暁星国際5-3幕張総合
◎決勝
▽暁星国際2-0流通経大柏

緊急事態宣言影響緩和

中小企業者・農林漁業者の事業継続へ
木更津市独自支援策 一時支援金を給付

木更津市は、今年1月7日発令の緊急事態宣言により。売上高が減少した同市内の中小企業者・農林漁業者の事業継続を支援する。
緊急事態宣言の発令地域の飲食店と直接・間接の取引がある、もしくは、不要不急の外出・移動の自粛により直接的な影響を受けている事業者に対し、木更津市緊急事態宣言影響緩和一時支援金を給付する。
これは木更津市独自の支援策で、納付額は、法人の場合は最大30万円、個人事業主の場合は歳代15万円。
申請書類に必要事項を記入の上、7月31日(土)(消印有効)までに、中小企業者の場合は市経済振興課へ、農林漁業者の場合は市農林水産課へ、郵送で提出する。
なお、千葉県からの営業時間短縮要請の対象となっている飲食店や、国の「緊急事態宣言の影響緩和に係る一時支援金」の給付対象となる事業者は、この支援金の対象外となる。
対象要件は、木更津市内に本社または本展を有する法人もしくは、同市内に主たる事業所を有する
個人事業主のうち、今年1月7日発令の緊急事態宣言に伴い、次の①もしくは②の影響を受けた事業者。
①緊急事態宣言の発令地域の飲食店と直接・間接の取引があることによる影響
②不要不急の外出・異動の自粛による直接的な影響。
申請書類は市ホームページや市役所等で入手可。
新型コロナウイルス感染症拡大防止のため原則、郵送で申請する。
申請先は〒292-8501木更津市富士見1-2-1、木更津市役所駅前庁舎、中小企業の場合は産業振興課(支援金受付窓口)、農林水産業者の場合は農林水産課。
問い合わせは中小企業者はTEL23-8458、農林水産業者はTEL23-8444、漁業者はTEL23-8454へ。

袖ケ浦で高校教員2人感染

12日県発表コロナ 県内は新規181人

県によると12日、君津地域では袖ケ浦市で3人の新型コロナウイルス感染が確認された。同市の累計感染者は同日現在で200人となった。
県教育委員会は同日、県立袖ケ浦高校(袖ケ浦市)の20代男性教員と県立市原高校(市原市)の20代女性教員が感染したと発表した。
2人とも袖ケ浦市居住。
構内に濃厚接触者はおらず、両校は通常通り授業を実施する。
新規感染者は次の通り。
①推定感染経路②検査確定日。
【袖ケ浦市】
▽30代会社員女性①不明②11日
▽20代教職員女性(市原高校勤務)①その他②11日
▽20代教職員男性(袖ケ浦高校勤務)①その他②11日
地元4市の同日現在の累計感染者数は、袖ケ浦市が200人に増え、木更津市511人、君津市169人、富津市69人は変わらない。
12日、県内では181人の感染が判明した。
3月22日の県内2度目となる緊急事態宣言解除後、3番目の多さ。
同日現在における県内の累計感染者数は34872人、死亡者数は777人となった。

盤洲干潟クリーン作戦

木更津市で16日 清掃と自然観測会

東京湾一の自然干潟である盤洲干潟(木更津市)において、地域住民や保護団体と連携した「盤洲干潟クリーン作戦」が今月16日(日)に実施される。
海洋プラスティック問題をはじめとする環境問題への関心を高めることや、盤洲
干潟の保全及び自然環境の保全に関する啓発活動を行う。
主催は、盤洲干潟クリーン作戦実行委員会(事務局・木更津市役所環境管理課TEL0438-36-4113)、木更津市後援。
修業は午前10時30分、干潟入口ゲート。
駐車場から1.1キロ歩くため、余裕をもっての来場を願っている。
第1部は午前11時~正午まで、「干潟の清掃」、第2部は午前零時45分~1時45分まで、「自然観察会」。
参加者の持ち物は、長靴または濡れてもよい靴、帽子、飲み物。
マスク着用。
37.5℃以上の発熱や咳のある人は参加不可。
また木更津駅から送迎バスが出る(先着33人、要予約)。
令和元年の同区凜作戦では222人が参加し、1.8トンのゴミを回収した。

社会福祉にと

山田陽子さん寄付

山田陽子さんは10日、社会福祉事業に役立ててほしいと、社会福祉法人木更津社会福祉協議会へ1万円を寄付した。

アバター

新千葉新聞

投稿者プロフィール

新千葉新聞社
〒292-0067
木更津市中央2-10-3

電話:0438-22-3849(本社)
FAX:0438-25-1684
E-Mail:shinchiba@nifty.com

この著者の最新の記事

関連記事

SunsetCafe MITATE
かずさアカデミアホール オークラアカデミアパークホテル
木更津市観光協会
公益社団法人 木更津法人会
株式会社フォレストホーム
epm不動産株式会社
宝家
木更津商工会議所
すず陶
株式会社KUROエージェンシー
JCOM木更津
情報提供フォーム
今月のあなたの運勢
今月のあなたの運勢
木更津市役所
きさらづみらいラボ
きさこんfacebook
まくら投げ
J:COM
SUZUTO
フォレストホーム
宝家
epm不動産
クロエージェンシー

カレンダー

2021年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリ一覧

ページ上部へ戻る