ボクシングでエール送る 他 【新千葉新聞】

新千葉新聞2020年8月8日発行

ボクシングでエール送る

拓大紅陵訪問 八重樫東選手が激励に

拓殖大学紅陵高校ボクシング部(中台康彦顧問、西幸夫顧問、中西海人部長、部員5人)を6日、拓殖大学OBで、元世界チャンピオン(3階級王)の八重樫東選手(37)が訪れ、練習に参加するなど部員たちと交流を深め、激励した。
今年は新型コロナウイルス感染症拡大により、高校生の様々な大会やパフォーマンスを発表する機会が中止になっていることから、八重樫選手は「自分に何かできることはないだろうか?」と考え、まず母校の姉妹校である拓大紅陵高校を訪問して若者にエールを送ったもの。
この日午前11時同校を訪れた八重樫選手は、さっそく練習場のリングで、部員たちとのミット打ちなどの練習に参加、続いて一人一人が八重樫選手と
分間のマスクボクシング(力を抜いたスパーリング)を行い、個々に積極的な技術指導を行った。
八重樫選手は「今年は大会(試合)も中止で、なにも出来ないが、こんな時だからこそ、スポーツを通してあきらめないことや、夢を持ち続けることなどを伝えたい。自分がその力になれたら嬉しい。いい機会をいただいた」などと話していた。
同高校ボクシング部は2年生1人、1年生4人(うち女子1人)の計5人、当日は卒業生女子1人も参加した。
中台顧問は「世界のレベルに触れることができ、生徒ともどもありがたい気持ちでいっぱいです。これを機に益々パフォーマンスを高めていきたい」などと感謝した。

ICT活用地域情報化推進

地域に根差したネットワークを活用
木更津市が連携協定 (株)ジェイコム千葉と

木更津市は、ICT(情報通信技術)の「活用による地域の活性化と行政・地域サービスの向上に取り組んでいるが、さらなる地域情報化推進のため6日、(株)ジェイコム千葉と「ICTを活用した地域情報化推進に関する連携協定」を締結した。
木更津市役所駅前庁舎8階防災室で行われた締結式には、(株)ジェイコム千葉・木更津局の浜端基次局長、杉山正成地域プロデューサーなどが来庁。木更津市からは渡辺芳邦市長、田中幸子副市長、山口芳一企画部長などが出席。渡辺市長と浜端局長が協定書に署名して締結した。
協定内容は、▽ICTの活用による地域課題への対応及び行政サービスの向上に関すること。▽地域に根差したネットワークを活用した新たなサービス創出に関すること。▽そのほか、両社が協議し必要と認めることなど。
渡辺市長は、日ごろから同社のクリーン活動や観光事業等への協力に感謝するとともに、同協定の元展開されていく新たなサービスに期待を寄せ挨拶。
浜端局長も、木更津局開局30周年の節目の年の協定に感謝し、「今後もICTを活用して地域貢献をしていきたい」と抱負を語り、双方が惜しみない協力を期した。
(株)ジェイコム千葉を含むJ:COMグループが、全国11社・72曲を通じてケーブルテレビ事業を運営し、地域に根差したサービスの提供を行っている。
さらにSociety5.0時代に向け、「J:COMヘルスケア(オンライン診療)サービス」や、学校に出向きインターネットをより安心・安全に利用するための「ジェイコムあんしんネット教室」の実施など、ICTを活用した地域への活性化支援策を進めるなど、同協定により、(株)ジェイコム千葉がこれまで培ってきたネットワークや実績、最新の技術を生かし、木更津市の地域情報化の推進につながる取り組みを展開していく。
浜端局長は、「新規加入者の増強を図る一方で、現加入者へのアフターフォローを大切に、長く使ってもらえる地元になくてはならないJ:COMであり続けたい」と話している。

ドライブピックアップ

イオンスタイル木更津 店舗先の車寄せで受取

新型コロナウイルス感染防止に向け、総合スーパー「イオンスタイル木更津」(木更津市築地)はインターネットで注文した商品を、店舗先の車寄せで受け取ることのできるサービス「ドライブピックアップ」を県内のイオンで初めて導入した。
店内での”密”を避けられると、子育て世代などに好評という。
同サービスは、イオンのネットスーパー専用サイトから希望する商品を注文。その際の届け先を自宅ではなく、「店舗」(ドライブピックアップ)にすることで、希望する時間帯に店舗で商品を受け取れる。
6月24日に開始したイオンスタイル木更津では、鮮魚や生活用品など約2万ひんもくのしょうひんをドライブスルーで購入できるという。
ドライブピックは、7月末時点で、ぉ皿づを含む全国のイオン。イオンスタイルの約70店舗が導入。県内では7月末までに、イオンスタイル成田など計5店舗に拡大した。

計4棟が全焼

木更津市富士見で昼火事発生

7日(金)午前11時55分ごろ、木更津市富士見1-6-19、元森田靴店から出火。隣接のオビナタクリニック及び空き家を含む計4棟が全焼した。
目撃者からの119番通報があった。木更津消防署と腕出火原因、焼失面積等を調査中、けがをした人などはいなかった模様。
出火当時は昼食時、強い南風もあり、付近は炎や煙が充満、ガス臭もあり騒然とした。
類焼した家屋に隣接して八剱八幡神社等もあり、数代の消防車から社殿への放水も長時間行われた。

木更津1人、君津2人

6日発表のコロナ 県は67人で過去最多

国内で6日、新型コロナウイルス感染者が新たに1459人確認され、3日連続で1000人を超えた。感染者総数は44918人(クルーズ船含む)、支社は4人増え1047人となった。(いずれも6日午前零時現在)
東京都では360人の感染が判明した。
200人越えは10日連続。
このひも東京以外の首都圏で感染拡大が止まらず、大阪府(225人)はじめ、この日初めて3桁となった神奈川県(119人)、千葉県(76人)、佐賀県(12人)、山梨県(7人)で1日あたりの最多を更新した。
千葉県では、確認された感染者の累計が2000人に達し、7月4日に1000人を超えてから約1か月で倍増した。
君津地域からは3人(木更津市1人、君津市2人)の感染が判明。
このうち木更津市の60歳代男性は県内の高齢者向けデイサービス施設の利用者で、感染判明済みの同施設利用者、職員と接触していた。同施設での感染者は計4人となり、クラスターに発展する可能性が出てきた。
新規感染者の居住地別内訳は佐倉市11人、千葉市10人、船橋市・柏市各8人、松戸市・浦安市6人、八千代市5人、成田市4人など。
木更津市と君津市の感染者は次の通り。
◎木更津市 ▽60歳代の無職男性。7月25日発症、8月5日検査確定(陽性判明)。発症2日前からの功労履歴は自宅、施設、医療機関。すでに感染が判明している木更津市の40歳代看護師と君津市の50歳代女性看護師(ともに8月6日付既報)が勤務する高齢者施設を通所利用していた。同施設では同じく通所利用していた木更津市の60歳代男性(8月4日付既報)の感染が確認されている。
◎君津市 ▽60歳代の無職女性。7月30日発症、8月5日検査確定。発症2日前からの行動歴は自宅、医療機関、▽30歳代の女性会社員。7月29日発症、8月5日検査確定。発症2日前からの行動歴は自宅、職場、医療機関=以上2人は互いに接触しており、既に感染が判明している君津市の60歳代男性会社員(8月6日付既報)の農耕接触者。
県は、農耕接触者の把握を含めた積極的な疫学調査を行っている。
6日までの感染者数は、木更津市40人、君津市12人。袖ケ浦市10人と富津市ゼロは変わらない。

アバター

新千葉新聞

投稿者プロフィール

新千葉新聞社
〒292-0067
木更津市中央2-10-3

電話:0438-22-3849(本社)
FAX:0438-25-1684
E-Mail:shinchiba@nifty.com

この著者の最新の記事

関連記事

かずさアカデミアホール オークラアカデミアパークホテル
木更津市観光協会
公益社団法人 木更津法人会
株式会社フォレストホーム
epm不動産株式会社
宝家
木更津商工会議所
すず陶
株式会社KUROエージェンシー
JCOM木更津
情報提供フォーム
今月のあなたの運勢
今月のあなたの運勢
掲示板
木更津市役所
きさらづみらいラボ
きさこんfacebook
きさらづ働くママ応援サイト

カレンダー

2020年8月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリ一覧

おすすめ記事

ページ上部へ戻る