無事故・無災害を願う 他【新千葉新聞】

新千葉新聞2024年1月19日発行

無事故・無災害を願う

建設業労働災害防止協会千葉県支部
かずさ分会 八剱八幡神社で安全祈願祭

地域経済発展の基幹をなす建設業関係者が相集い組織する建設業労働災害防止協会千葉県支部かずさ分会(分会長・松本信夫、木更津市)による「令和6年安全祈願祭」が16日(火)、木更津市富士見の八剱八幡神社(宮司・八剱隆)で執り行われた。
かずさ分会は木更津市・君津市・富津市・袖ケ浦市の建設業関係事業主で組織され、現在241事業所。
祈願祭には、松井祐介木更津労働基準監督署長をはじめ、後藤隆志木更津区画整理事務所長、荒井仁君津農業事務所長などの来賓のほか、川名史泰・佐野隆男各副分会長など理事・監事計18人が出席して新春を寿ぎ、神の御加護のもと、一年の無事故・無災害、会目事業所の繁栄・発展、社員の健康・多幸を祈願した。
建設業労働災害防止協会は、建設業における労働災害の防止を図ることを目的に、労働災害防止団体法に基づき設立された団体で、かずさ分会はその地方組織。
木更津労働基準監督署の指導・支援のもと、労働災害の防止に向け、安全パトロールや各種技能講習特別教育などをはじめ、自主的な活動を展開している。

木更津市の職員2人派遣

石川県珠洲市へ 避難所の運営業務に

木更津市は、令和六年能登半島地震に伴う支援について、千葉県から要請を受けたことに伴い、取員派遣を実施した。
職員の出動式は、16日(火)、市役所駅前庁舎・市長応接室で渡辺芳邦市長や田中幸子副市長が出席して行われ、派遣される総務部危機管理課職員2人に対し、「被災された方々に寄り添って任務にあたってもらいたい。被災地域での活勣にあたっては、安全を第一とし、体調管理にも十分留意するように」と激励した。
派遣先は、被害の大きかった石川県珠洲市内の避難所(予定)で、避難所の運営業務(現地の状況に応じて変更の可能性あり)にあたる。
同職員2人の派遣期間は、今月19日(金)~同23日(火)までで、18日(木)に出発した。

9週連続増加

1週間コロナ感染数

県は17日、県内の定点医療機関(203施設)から直近1週間(8~14日)に報告された新型コロナウイルスの感染者数を発表した。
県全体の感染者総数は2317人。
一医療槻関当たりの平均報告数は前週(1~7日)の7.50人(発表時点では7.49人。後に修正)から3.91人増の11.41人で、9週連統で増加した。
年代別で最も多かったのは10歳未満で326人、次が40代320人。
全16保健所別の最多は君津で18.92人、次いで香取18.33人。
君津保健所は7週連続の増加となり、前週の11.08人から7.84人増え、約1.71倍になった。

地域とふれあい、昔遊び

西清川公民館 凧揚げ等を楽しむ

木更津市の三中学区青少年育成会議=会長・平野正善(72)、事務局・西清川公民館=では13日(土)に小櫃堰公園野球場で、「凧(たこ)揚げ」を行った。
それに先立ち6日(土)に、西清川公民館(館長・江尻益男)を会場に、学区の祗園小や西清小の児童が保護者らと集まり、「凧作り」を行った。
凧揚げ当日は青少年育成会議の平野会長や尾坂勇さん(76)などが、子どもたちに「ベーゴマ」「こま回し」「紙鉄砲」「竹馬」などの遊び方を指導した。
数種類の遊びを地域の人たちに手取り足取り教えてもらい、時間が経つのを忘れて夢中になって活動した。
楽しいひと時を過ごすことができ、子どもたちにとっても貴重な体験となったようだ。

エコドライブコンテスト

木更津市とあいおいニッセイ同和損保 参加申込受付中

木更津市、あいおいニッセイ同和損保主催「エコドライプコンテスト」が2月1日(木)から29日(木)まで実施される。
現在、参加申込受付中。
木更津市では「地球温暖化対策の推進に関する法律」に基づき、木更津市地球温暖化対策実行計画(事務事業綟及び区域施策編)を策定し、温室効果ガス排出事業所としての削減、及び市全域の温室効果ガスの排出削減に取り組んでいる。
エコドライブコンテストは令和元年度から実施し今年度で5回目。
専用アプリを使って、楽しみながら「温室効果ガス排出量削減」「交通亊故ゼロ」を目指すコンテスト形式のイベント。
~はじめてみませんか?人と地球環境にやさしいまちづくり~をテーマに多くの参加を呼びかけている。
コンテストの内容は、使用する車に車載機器(タク)を取り付け、スマートフォンにアプリをインストールすることで、運転状況(アクセル、ブレーキ、スマートフォン使用)を点数化し、他の参加者とランキングを競う。
期間中は走行ごとに自身のスコアや運転状況が確認でき、ゲーム感覚で楽しみながらエコドライブに取り組める。
対象は市内在住・在勤者、市内事業者何れかの個人またはチーム(5人まで)。
参加費無料、定員先着200人。
個人、チームの上位入賞者には表彰状が贈呈される。
参加者全員に、らづポイント100ポイントをプレゼント!
申し込みは二次元コード(QRコード)から。
締め切りは今月25日(木)。
なお「参加者向け説明会」が、きょう19日(金)午後6時から7時まで「あいおいニッセイ同和損保木更津支社6階会議室」(市内大和1-9-12)で、22日(月)午後3時から4時まで市役所朝日庁舎会識室Aで開かれる。
参加者は専用タグの受け渡しを行うため、何れかに必ず出席すること。
※やむを得ず出席できない場合は個別に対応するので主催者へ問い合わせを。
問い合わせ先は事務局の木更津市環境政策課政策係(℡0438-36-1442)、あいおいニッセイ同和損保木更津支社(℡050-3462-7399)。

新千葉新聞

投稿者プロフィール

新千葉新聞社
〒292-0067
木更津市中央2-10-3

電話:0438-22-3849(本社)
FAX:0438-25-1684
E-Mail:shinchiba@nifty.com

この著者の最新の記事

関連記事

恋する木更津『一途なのり天』
木更津市市民活動支援センター「きさらづみらいラボ」
木更津市金田地域交流センター「きさてらす」
株式会社kakki
安房運輸株式会社
アイ工務店
株式会社フォレストホーム
かずさアカデミアホール オークラアカデミアパークホテル
公益社団法人 木更津法人会
epm不動産株式会社
宝家
BESS木更津
木更津商工会議所
すず陶
木更津市観光協会
株式会社KUROエージェンシー
JCOM木更津
情報提供フォーム
今月のあなたの運勢
木更津市役所
きさこんInstagram
きさこんfacebook
木更津市市民活動支援センター「きさらづみらいラボ」
木更津市金田地域交流センター「きさてらす」
安房運輸株式会社
株式会社kakki
アイ工務店
J:COM
BESS木更津
SUZUTO
フォレストホーム
宝家
epm不動産
クロエージェンシー

カレンダー

2024年1月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

カテゴリ一覧

ページ上部へ戻る