國吉俊夫会長を再任 他【新千葉新聞】

新千葉新聞2023年5月30日発行

國吉俊夫会長を再任

木更津市商店会連合会(13商店会)
吉田副会長勇退 第50期総会を開催

木更津市内の13の商店会で構成される木更津市商店会連合会の「第50期総会」が26日に中国料理東洋で開催され、令和4年度事業報告・決算及び令和5年度予算、規約改正、役員改選の審議が行われた。
役員は役員会の長老である富士見通り商店会長の吉田弘氏が退任を希望していたため、吉田氏を除き、現役員が全会一致で再任された。
会長には國吉俊夫氏が再任(5期目)された。
また、総会後の懇親会には、防衛大臣衆議院識員・浜田靖一氏代理の大堀将和秘書、渡辺芳邦市長、八剱隆観光協会副会長、座親政彦市議会建設経済常任委員長、伊藤昌宏経済部長、佐伯浩一木更津商工会議所専務、瀬沼健太郎木吏津市産業・創業支援センター長を、来賓に迎え、経済界の懇談をして、大いに盛り上がった。
さらに、勇退された吉田弘氏の永年の副会長職を労い祝福した。
なお、令和5・6年度役員は次の通り。
▽会長=國吉俊夫(木更津一番街商店街振興組合)
▽副会長=豊田純久(木更津東部商店街振與組合)、八幡章彦(きよみ台商店街振興会)、北村和則(木更津銀座一商店街)
▽会計=三輪則雄(さつき通り朝日商店会)
▽幹事=苅込俊宏(弁天通り商店会)、中村昭彦(みまち通り商店会)
(敬称陷)

木更津総合が準優勝

第75回春季関東地区高校野球大会
横浜スタジアムで決勝 健大高崎に競り負け

「第75回春季関東地区高校野球大会」(関東地区高校野球連盟主催、朝日新聞社など後援)は28日、横浜スタジアム(横浜市)で決勝が行われ、木更津総合(千葉2位)は高崎健康福祉大高崎=以下健大高崎=(群馬1位)に7-10で競り負け、準優勝だった。
木史津総合は準決勝で常総学院(茨城1位)に3-0と完封勝利し、決勝に進出。
2008年(第60回大会)以来15年ぶり2回目の優勝をねらったが叶わなかった。
健大高崎の優勝は5年ぶり3回目。
木更津総合は最後まで粘り、追い上げたが前半の大量失点が響いた。
7点差を追う5回、連続適時打などで反撃の5点を挙げ猛追。
7回、9回にも1点ずつ返し詰め寄ったが及ばなかった。
投手陣は3人が継投したが、連打を浴びて被安打計16と苦しんだ。
なお専大松戸(千葉1位)は準決勝で健大高崎に4-6で敗れている。
〈横浜スタジアム〉
▽決勝
木更津総合
000050101 7
20050021× 10
健大高崎

共生社会の考え方学ぶ

パラアスリート加藤正さんを講師に
金田中学校 「あすチャレ!スクール」

バラスポークを通じて、一人一人の違いを認め、誰もが活躍できるダイバーシティ&インクルーション社会の実現を目指し、共生社会の考え方を学ぶことを目的に、「あすチャレ!スクール」が、今月17日(水)に木更津市立金田中学校(校長・佐久間正哲)の全校生徒101人を対象に実施された。
「あすチャレ!スクール」は、公益財団法人日本財団バラスポーツサポートセンターが主催し、パラアスリートによるデモンストレーション、バラスポーツ体験、講話から構成される体験型プログラムである。
当日は車いすバスケットポール、アイスホッケー、アイススレッジスピードレースと幅広く活躍した加藤正さんを講師に、小学2年生からの片脚での生活やスポーツとの出会い、挑戦することの大切さなどの話を聞いた。
障がいを特別視するのではなく、共生していくことの大切さを教えてくれた。
また、講話だけでなく車いすバスケットボールでのデモンストレーション試合を通じて、障がいがあってもなくても可能性に挑戦する大切さを教えてもらい、最後に参加者全員で「あすチャレ!宣言」を行った。
参加した生徒は「障がい者は特別ではない。身近なことで、その人のできること・できないことに寄り添ってサポートしていきたい」。「スポーツは、人を笑顔にする力がある。障がいがあっても、なくてもみんな変わらない。何があっても諦めずに挑戦することを学んだ。これからいろいろなことにチャレンジして成長していきたいと感じた」と述べていた。

カルガモの親子が泳ぐ

木更津市長須賀の水田 ヒナ11匹と一緒に

木吏津市長須賀の水田でカルガモの親子が泳ぎながら、エサを探し、頭を水面に入れて食べている。
カルガモは、ヨシ(葦)の中で皿型の巣を作り、巣は枯葉、細い枯枝などを収材として内部に親鳥の胸や腹の綿羽を敷く。
卵数は6~12個で、抱卵日数は28~29日。
全長60センチ、カモの仲間。
全体に黒褐色で、顔は白っぽく、2本の黒褐色線がある。
くちばしは黒く、先端部は黄色で、よく目立つ。
脚は橙赤色。
飛行時の翼下面の風切羽の黒褐色と雨覆羽の白色の対照が鮮やかだ。
オスメス同色だが、体はオスの方が大きく、黒昧も強い。
「クエークエッグエ」と聞こえる大きな声で鳴く。
河川、池沼、水辺に住んでおり、餌は植物質で、草の槊・茎、草の突などを主食にしている。
ヒナの時期には底生動物も食べている。

新千葉新聞

投稿者プロフィール

新千葉新聞社
〒292-0067
木更津市中央2-10-3

電話:0438-22-3849(本社)
FAX:0438-25-1684
E-Mail:shinchiba@nifty.com

この著者の最新の記事

関連記事

恋する木更津『一途なのり天』
クロバー建築株式会社
木更津市市民活動支援センター「きさらづみらいラボ」
木更津市金田地域交流センター「きさてらす」
株式会社kakki
安房運輸株式会社
アイ工務店
株式会社フォレストホーム
かずさアカデミアホール オークラアカデミアパークホテル
公益社団法人 木更津法人会
epm不動産株式会社
宝家
BESS木更津
木更津商工会議所
すず陶
木更津市観光協会
株式会社KUROエージェンシー
JCOM木更津
情報提供フォーム
今月のあなたの運勢
木更津市役所
きさこんInstagram
きさこんfacebook
クロバー建築株式会社
木更津市市民活動支援センター「きさらづみらいラボ」
木更津市金田地域交流センター「きさてらす」
安房運輸株式会社
株式会社kakki
アイ工務店
J:COM
BESS木更津
SUZUTO
フォレストホーム
宝家
epm不動産
クロエージェンシー

カレンダー

2023年5月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

カテゴリ一覧

ページ上部へ戻る