年末特別警戒陣中見舞い 他【新千葉新聞】

新千葉新聞2022年12月15日発行

年末特別警戒陣中見舞い

金融機関防犯連協 カップ麺504個

木更津警察署管内金融機関防犯連絡協議会(会長・平野文彦君津信用組合理事長、会員数63)は、年末特別警戒陣中見舞いとして、木更津市警察署にカップ麺504個を寄贈した。
ヒラノ会長は9日、警察署を訪れ、署員の年末年始の防犯活動に対する激励と慰労を兼ねて送ったもので、渡邉優所長に「昼夜勤時に暖を取り、英気を養ってほしい」とカップ麺の箱を贈呈した。
渡邉所長は、しょいんを 代表して御礼のことばを述べるとともに、「年末の防犯や交通事故防止の為に厳重な警戒に務め、平穏な市民生活の維持を図りたい」などと決意を述べていた。
県警では、今月10日(土)から来年1月3日(火)までの間、「年末年始特別警戒取締」を実施している。
この間、パトロールや交通指導取締りなどを強化するが、犯罪や交通事故の被害に遭わないように注意して楽しい年末年始を過ごしてほしいと呼びかけている。

空きはポテンシャル!

17日中心市街地経済活性化セミナー
まちづくり木更津 講師の西村浩氏講演

一般社団法人まちづくり木更津(代表理事・池田庸木更津商工会議所会頭)主催、「中心市街地経済活性化セミナー」が、今月17日(土)午後4時(会場午後3時30分)から、木更津市中央公民館多目的ホール(アクア木更津B館3階)で開催される。
講師は、(株)ワークヴィジョンズ代表取締役の西村浩氏。
『空きはポテンシャルル!~無理のない豊かな日常のつくりかた~』をテーマに話をする。
西村氏は佐賀県佐賀市出身。
建築家でクリエイティブディレクター。
佐賀市内の中心市街地にある空き地に芝生を張り、原っぱをつくる『わいわい!コンテナ』プロジェクトを通して、子どもたちが安心して遊べる場所の提供や、まちの賑わい創出、出店者増加等の実績をもたらした仕掛人。
~空き地活用・エリアのリノベーション~をテーマに、佐賀市で取り組んだ事例を紹介する。
参加費無料。
あす16日まで申し込みを募っている。
問い合わせは「まちづくり木更津」(事務局は木更津観光協会内)TEL0438-38-6430。

県8906人

13日のコロナ感染

県内では13日(火)、新たに8906人が新型コロナウイルスに感染し、5人が死亡したと発表された。
1日当たりの感染者数が8000人を上回るのは8月25日(9286人)以来で約3か月半ぶり。
前週の火曜日と比べ2381人増加した。
累計感染者数は115万4989人。
新規クラスターは23件確認された。
君津地域では君津市内の医療機関で6人、富津市内の高齢者施設で8人が感染した。

社会貢献活動に役立つ

木更津看護学院 Pキャップを集めて

木更津k喃語学院(木更津市新田)では、「ペットボトルのキャップを集めて、世界の子どもたちにワクチンを届けよう!」や、SDGsの取り組みの一つとして、また、医療に貢献する取組として、身近にあるペットボトルのキャップを集める取組を行っている。
学生が主体となって、ボランティア活動をしているもので、このほど、たくさんあつまったキャップを、社会福祉法人佑啓会ふる里学舎 潮見へ届けた。
今回、学生が集めたキャップがエコキャップ推進協議会に送られ、3,268個(7.60キログラム)のキャップ受領となったことが分かった。
それらは再生プラスチック原料として換金され、医療支援や障害者支援、子どもたちへの環境教育など、様々な社会貢献活動にあてられる。
同学院では、これまでもペットボトルのキャップ回収の取り組みを行ってきており、累計17,329個のキャップを届けて、126.94キログラムのCO2発生の削減に貢献できたという。

ほっこり癒しのクリスマス

マザー牧場 イルミネーションも

富津市田倉のマザー牧場では、~ほっこり癒しのクリスマス~を今月17日(土)、18日(日)、24日(土)、25日(日)の4日間限定のプログラムで展開する。
▽ふわもこな羊がトナカイに返信しtマザー牧場にやってきた~トナカイひつじを一緒に写真を撮ろう~
▽キラキラクリスマスツリー
▽クリスマスを満喫するモルちゃんたちに会いに行こう!~モルちゃんたちのクリスマスパーティー~
▽60万球の電球がカラフルに輝き、夜までキラキラいっぱい~イルミネーション光の花園~
▽時間と共に移り変わる景色を楽しむ~天候が良ければ、富士山の夕景・東京湾の夜景と鮮やかなイルミネーションとのコラボレーション~など。
お客様それぞれに合わせた楽しみ方で、素敵なひとときを過ごしてもらいたい」と多くの来場を歓迎している。
詳細はHPで。

精密測定や旋盤加工技術

ポリテク君津 1月の受講者を募集

千葉職業能力開発促進センター君津訓練センター「ポリテクセンター君津」(君津市坂田428)では、業務に必要な技術・技能・知識のレベルアップを図るため、在職者を対象に短期間の職業訓練(能力開発セミナー)を行っている。
現在、来年1月に開講する「精密測定技術」と「旋盤加工技術・旋盤加工技術<応用編>」の受講者を募集している。
詳細は次の通り。
【精密測定技術~測定に関する知識と技能を習得するコース~】
▽対象=測定業務に携わっている人またはその候補者
▽講習内容等
①測定とけいそく
②測定誤差の要員と対策
③長さ測定実習
④まとめ
▽日程=1月18日(水)、19日(木)の2日間、午前9時10分~午後4時
▽会場=ポリテクセンター君津103
▽持参するもの=筆記用具、作業服、作業帽、安全靴、保護めがね
▽定員=6人
▽受講料=13500円(税込)
▽申込締切=1月4日(水)
【旋盤加工技術・旋盤加工技術<応用編>】
▽対象=旋盤作業に携わっている人またはその候補者
▽講習内容等
①旋盤の操作・取り扱い
②切削条件の設定
③芯だし作業
④工具取り付け
⑤旋盤加工実習
⑥測定・評価
▽日程=旋盤加工技術は1月23日(月)、24日(火)、25日(水)の3日間、午前9時10分~午後4時。
旋盤加工<応用編>は1月26日(木)、27日(金)の2日間、午前9時10分~午後4時
▽会場=ポリテクセンター君津(A2実習場)
▽持参するもの=筆記用具、作業服、作業帽、安全靴、保護めがね
▽定員=各6人
▽受講料=旋盤加工技術18000円(税込)、旋盤加工<応用編>13000円(税込)
▽申込締切=1月10日(火)
申し込みは必要事項を受講申込書に記入しファックスで。
申込書は同ポリテクセンターのホームページからダウンロードできる。
申し込み及び問い合わせ先は訓練課(TEL0439-57-6313、FAX同57-6386)。

新千葉新聞

投稿者プロフィール

新千葉新聞社
〒292-0067
木更津市中央2-10-3

電話:0438-22-3849(本社)
FAX:0438-25-1684
E-Mail:shinchiba@nifty.com

この著者の最新の記事

関連記事

恋する木更津『一途なのり天』
木更津市市民活動支援センター「きさらづみらいラボ」
木更津市金田地域交流センター「きさてらす」
株式会社kakki
安房運輸株式会社
アイ工務店
株式会社フォレストホーム
かずさアカデミアホール オークラアカデミアパークホテル
公益社団法人 木更津法人会
epm不動産株式会社
宝家
BESS木更津
木更津商工会議所
すず陶
木更津市観光協会
株式会社KUROエージェンシー
JCOM木更津
情報提供フォーム
今月のあなたの運勢
木更津市役所
きさこんInstagram
きさこんfacebook
木更津市市民活動支援センター「きさらづみらいラボ」
木更津市金田地域交流センター「きさてらす」
安房運輸株式会社
株式会社kakki
アイ工務店
J:COM
BESS木更津
SUZUTO
フォレストホーム
宝家
epm不動産
クロエージェンシー

カレンダー

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

カテゴリ一覧

ページ上部へ戻る