10日~冬の交通安全運動 他【新千葉新聞】

新千葉新聞2022年12月8日発行

10日~冬の交通安全運動

飲酒運転は絶対しない、させない・・・
各警察署取り組み 4市の事故防止活動

「飲酒運転は絶対しない、させない、許さない」をスローガンに「令和4年冬の交通安全運動」が、今月10日(土)~19日(月)まで県下一斉に展開される。
同運動の重点は、
①飲酒運転の根絶
②子供と高齢者をはじめとする歩行者の安全確保
③自転車の交通ルール尊守の徹底
年末は、飲酒の機会が増え、年間では特に日没の早い時期であることから、交通事故の増加が懸念される。
君津地域4市と3警察署はそれぞれに、関係団体の協力を得て「出動式」などを実施し、協力団体関係者の士気の高揚、および市民への交通ルール尊守の周知と啓蒙を推進する。
各氏では、同運動の周知を図る「横断幕」「懸垂幕」「のぼり旗」「広報紙」「防災無線」「ホームページ」「メール」「広報車両」などのほか、チラシ・啓発物資の配布など、様々な媒体を駆使して広報活動を積極的に展開する。
また警察官や警察車両の巡回、交通安全協会、防犯協会等による街頭立哨警戒活動等も実施する。
各警察署などの取り組みは次の通り。
【木更津警察署・木更津市・袖ケ浦市】
◎15日(木)午後4時から、旧木更津市役所駐車場で「年末年始特別警戒取締り及び冬の交通安全運動」の出動式。
出動式の後、
▽木更津市では木更津駅周辺の飲食店を訪問して『飲酒運転根絶』のチラシ等を配布しながら顧客への呼びかけなど協力を要請する。
▽袖がウr市では、長浦駅前で飲酒運転根絶キャンペーン及び、袖ケ浦駅・長浦駅周辺の飲食店等に飲酒運転根絶の啓発活動を行う。
17日(土)農畜産物直売所『ゆりの里』のイベントに合わせ、交通安全凶器と防犯協会合同の啓発活動を実施する。
【君津警察署・君津市】
◎「年末年始特別警戒取締り」「冬の公つ安全運動出動式」「広報啓発キャンペーン」として、
▽9日(金)、君津市の広報団体《きみつ大好きだぜ!応援団》団員の「菜花まりあさん(アイドル)」「神月柚莉愛さん(声優)」を、それぞれ「1日警察署長」に委嘱する。
▽委嘱式=午後2時~君津警察署
▽出動式=午後3時~イオンタウン君津南側駐車場
▽キャンペーン=午後3時45分~イオンスタイル君津で。
参加団体は君津市・君津署・君津市防犯協会・君津交通安全協会ほか、参加者およそ90人。
【富津警察署・富津市】
◎9日(金)午後3時から「年末年始特別警戒取締出動式」を、イオンモール富津アゼリアコートで実施する。
また同運動に先駆け、11月29日(火)、イオンモール富津と、学校法人富津学園明澄幼稚園(マーチングバンド・ミニコンサート)の協力を得て、イオンモール富津1階アゼリアコートで「飲酒運転根絶広報啓発活動」を実施した。
参加人員は約90人。

税を考え議論する授業

公益社団法人木更津法人会青年部会
鎌足中学校 教育にも多額の税実感

木更津市立鎌足中学校(校長・佐々木伸司、生徒数44人)では、6日(火)、3年生の社会科で木更津市法人会主催の「税について考え議論する授業」が実施された。
この授業は、税を通じて一人ひとりが社会の一員であることを自覚してもらい、よりyピ社会を目指すための一助とすることを目的としている。
授業はブレーンストーミングによるディスカッション方式で行われ、「教育の為に税金が使われなくなったらどうなってしまうのか」について班に分かれて議論した。
ブレーンストーミングとは、ディスカッションの方法のひとつであり、授業内では他人の意見を否定しないことや自由な発想で意見を出すということがルールとして挙げられた。
生徒たちが導き出したまとめには、「学習環境が整なわず、教育を十分に受けられなくなる」などが書かれており、税金が教育に使われる大切さについて実感することができた。
今回の検討型式の授業を通して青年部からは、「中学生の今、人とのつながりを体験できる今回のような「授業は大切で、コミュニケーションをとりながらが学ぶことが、大人への成長につながっていく」と話があった。
鎌足中学校では今後も「協働的な学び」の授業を計画しており、自立につながる体験活動や出前授業を実施していく。

村野5段優勝

日将連木更津支部

日将連木更津支部(支部長・村野達郎)の12月練成会が4日(日)、同市菅生の道場で開かれた。
対局に真剣に取り組んだ結果は次の通り。
▽1位=村野達郎5段
▽2位=渡辺英雄5段
▽3位=中村勉3段
▽3位=三輪征七3段
同支部では、将棋練成会を毎月第1日曜日の午後1時から5時まで、木更津市菅生の道場で開催している。

県6525人

6日のコロナ感染

県内では6日(火)、新たに6525人が新型コロナウイルスに感染し、2人が死亡したと発表した。
感染者数は前週の火曜日と比べ604人増加。
2日連続で前の週の同じ曜日を上回った。
累計感染者数は111万2629人。
新規クラスター(感染者集団)は12件確認された。

アバター

新千葉新聞

投稿者プロフィール

新千葉新聞社
〒292-0067
木更津市中央2-10-3

電話:0438-22-3849(本社)
FAX:0438-25-1684
E-Mail:shinchiba@nifty.com

この著者の最新の記事

関連記事

恋する木更津『一途なのり天』
アイ工務店
株式会社フォレストホーム
かずさアカデミアホール オークラアカデミアパークホテル
公益社団法人 木更津法人会
epm不動産株式会社
宝家
BESS木更津
木更津商工会議所
すず陶
木更津市観光協会
株式会社KUROエージェンシー
JCOM木更津
情報提供フォーム
今月のあなたの運勢
木更津市役所
きさらづみらいラボ
きさこんInstagram
きさこんfacebook
アイ工務店
J:COM
BESS木更津
SUZUTO
フォレストホーム
宝家
epm不動産
クロエージェンシー

カレンダー

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

カテゴリ一覧

ページ上部へ戻る