地蔵尊影奉流会と放生会 他【新千葉新聞】

新千葉新聞2022年8月24日発行

地蔵尊影奉流会と放生会

木更津市矢那・吉祥菴

自分を取り巻くすべてのものに報恩感謝、福田海吉祥菴(足立宗禅、木更津市矢那3745-14)による「第25回東京湾地蔵尊影奉流会及び放生会」が、今月27日(土)と同28日(日)に行われる。
協賛は(株)陵石匠。
1年間、1枚1枚心を込め、人間を取り巻くあらゆる犠牲に、祈りを込めて造佛した地蔵尊を海に流すことで、水の恩、あらゆる水族、海で亡くなった英霊、水難者、先祖の供養、水子の供養を行う。
特に本年は、個人願に加えて、コロナ、ロシアのウクライナ侵攻の収束を併願とし、国難排除を総願として、祈願する。
また、食の犠牲をウナギに変えて東京湾に放流し、今生きていることの諸々の恩恵に深く感謝を表す「放生会」も実施する。
同行事には毎年、全国から多くの人が参加されており、27日(土)には午後零時30分に八剱八幡神社(木更津市富士見に集合、地蔵流し安全祈願及び開眼、午後2時から地蔵流し、放生会。
午後4時に下船し、鹿野山へ移動。
無縁石仏供養、千灯供養、吉祥菴お火参拝を行い、午後6時に解散。
28日(日)は午前9時に円蔵寺(君津市富田282)に集合し、亀山福田塔の祭壇にて最灯護摩穂かが奉納される。
午後1時に解散。
誰でも参加できる。
問い合わせは福田海吉祥菴(TEL0438-52-2241)。

4市合計80人感染

県22日発表コロナ 県内4419人

県によると、君津地域で22日(月)、新型コロナウイルスの感染者が新たに木更津、君津、富津、袖ケ浦の4市合わせて計80人確認された。
100人を下回るのは7月12日(92人)以来で41日ぶり。
各市の新規感染者数は木更津市が29人、君津市22人、富津市12人、袖ケ浦市17人。
4市何れも今月は腎手の2桁。
木更津市は7月11日(27人)以来、君津市は7月31日(29人)以来の30人以下。
富津市は今月15日(26人)以来、袖ケ浦市は7月19日(14人)以来の20人以下となった。
前週の月曜日と比較すると、各市、地域総数の何れも減少。
木更津市は77人減、君津市33人減、富津市14人減、袖ケ浦市69人減、地域総数193人減。
22日現在における地元各市bの累積感染者数は、木更津市が15851人、君津市8517人、富津市4209人、袖ケ浦市8179人。
千葉県内では同日、18人の死亡と4419人の感染が新たに判明。
感染者数は前週の月曜日から約650人減少し、4日ぶりに前週の同じ曜日を下回った。
県内各地で多数のクラスター(感染者集団)が確認された。
(死亡、クラスやーについては実際の発生日と自治体の発表日が異なる場合がある)

高校野球

【22日】
◎1回戦
▽翔凜10-6松戸六実
▽西武台千葉10-6袖ケ浦
▽千葉北9-2君津商(7回コールド)
▽市千葉8-0暁星国際(7回コールド)

社会福祉にと

木更津市社福協へ

社会福祉法人木更津市社会福祉協議会への寄付(寄贈)は次の通り。
▽鈴木清さん、米/30キロ、社会福祉事業(こども食堂)で使ってもらいたいと、こんげつ9にちに寄贈。
▽大坪宏一さん、12000円を社会福祉事業へと、今月18日に寄付。
▽ヒラノ商事株式会社(木更津市潮浜1-17-106)、社会福祉事業にと、8238円を、今月17日に寄付した。
同社の木更津市社会福祉協議会への寄付は、毎月のように行われている。

ステンレス鋼の溶接技能

ポリテク君津 31日まで受講者募る

千葉職業能力開発促進センター君津訓練センター『ポリテクセンター君津』=君津市坂田428=では、在職者を対象に、業務に必要な技術・技能・知識のレベルアップを図るため、短期間の職業訓練(能力開発セミナー)を行っている。
現在、9月14日(水)~15日(木)に開講する溶接・熱処理技術分野「ステンレス鋼のTIC溶接儀容クリニック(板材溶接編)」の受講者を募集している。
申込締め切りは今月31日(水)。
受講者募集の詳細は次の通り。
【ステンレス鋼のTIG溶接技能クリニック(板材溶接編)】
◎日時・時間・場所=9月14日(水)・15日(木)の2日間。
両日とも午前9時10分~午後4時。
同ポリテクセンター。
◎対象者=TIC溶接作業にこれから従事する人、または現在従事している人。
◎目標=TIG溶接の技術高度化を目指して、受講者の技能レベルを診断し、その結果に基づいて各課題自習を通し、TIG溶接の技能を補い、実際に起こりうる品質上の問題点の把握及び解決手法を習得する。
◎講習内容
▽TIG溶接の知識(溶接機、溶加棒
、シールドが酢等)
▽ステンレス鋼材の知識、溶接条件
▽水平すみ肉溶接、下向き突合せ溶接(板材)
▽製品の評価方法
▽問題点の把握と解決方法。
◎使用機材=TIG溶接機、安全保護具、器工具一式、溶接継手曲げ試験機。
◎持参するもの=筆記用具、作業服(長袖)、作業帽(またはヘルメット)、安全靴。
(普段使用している工具・保護具の持ち込み可)
◎講師=ポリテクセンター君津
◎定員=10人
◎受講料=12000円。
いずれも申し込みは必要事項を受講申込書に記入しファックスで。
申込書は同センターのホームページからダウンロードできる。
申し込み及び問い合わせは訓練科へ(TEL0439-57-6313、FAX同57-6386)。

アバター

新千葉新聞

投稿者プロフィール

新千葉新聞社
〒292-0067
木更津市中央2-10-3

電話:0438-22-3849(本社)
FAX:0438-25-1684
E-Mail:shinchiba@nifty.com

この著者の最新の記事

関連記事

恋する木更津『一途なのり天』
アイ工務店
株式会社フォレストホーム
かずさアカデミアホール オークラアカデミアパークホテル
公益社団法人 木更津法人会
epm不動産株式会社
宝家
BESS木更津
木更津商工会議所
すず陶
木更津市観光協会
株式会社KUROエージェンシー
JCOM木更津
情報提供フォーム
今月のあなたの運勢
木更津市役所
きさらづみらいラボ
きさこんInstagram
きさこんfacebook
アイ工務店
J:COM
BESS木更津
SUZUTO
フォレストホーム
宝家
epm不動産
クロエージェンシー

カレンダー

2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

カテゴリ一覧

ページ上部へ戻る