関東一の大神輿巡行 他【新千葉新聞】

新千葉新聞2022年7月7日発行

関東一の大神輿巡行

年番区は八幡町と本町、台車に乗せ引き廻し
大神輿巡行の日程 八剱八幡神社の例祭

木更津の夏を盛り上げる、木更津市富士見の上総国木更津鎮座・八剱八幡神社(宮司・八剱隆)の令和4年夏季例祭が、今月9日(土)「大神輿巡行(引き廻し)」で執り行われる。(奉舁・かつぐことは中止)
前日の8日(金)に行われる夏季例祭「本殿祭り」は、神職・責任役員・年番総代・各町総代、青年等が参列して執り行われる。
本殿祭は神社創建に縁り(ゆかり)深いお祭りとして、神恩に感謝し神徳を称え一層の加護を祈念する。
今年の年番区は八幡町と本町。
祭礼委員長は北村和則氏(八幡町区)、祭礼副委員長は松本信夫氏(本町区)、祭礼委員は池田庸氏(本町区)。
金色に輝く大神輿は、寛永3年(1850)に創建され、重さ1.5トンもあり、「関東三大神輿」の一つに数えられている。
令和2年より改修が行われ、関東一の『大神輿』が立派によみがえり昨年の6月20日に戻ってきたが、昨年は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、夏季例祭の大神輿巡行・奉舁は、一昨年と同様、中止となっていた。
しかし、今年の9日(土)の夏季例祭では、大神輿の巡行(引き廻し)が、全14町内で行われる。
大神輿を台車に乗せ、各町順路を短縮し、1日かけて、引き廻す。
巡行は、神職・祭礼委員長・副委員長などと共に、順路通りに各町内を回るため、新しく回収された絢爛豪華な大神輿を是非、迎えてほしいとしている。
大神輿巡行の経路は次の通り。(旧町名)
◎9日(土)
▽午前7時 社殿で発興祭-7時15分境内で神輿宮出し-7時55分八幡町(鳥居前受渡)順路を短縮し町内渡御-8時15分ほんちょう(千葉信用金庫中央支店前受渡)順路短縮-8時30分大和町1区(選擇寺前受渡)-8時50分大和町2区(光明寺前受渡)-9時25分大和町親交会(はぎわら病院内受渡)あけぼの通り交差点Uターン、順路短縮-9時55分稲荷町(元さわや前受渡)あけぼの通り法務局交差点右折、順路短縮-11時三好屋前踏切通過-11時10分北町(郵便局前受渡)順路短縮-11時30分岩本不動産前新宿区へ受渡-11時35分吾妻区境受渡-11時50分新平前天王台の儀-午後零時5分吾妻神社広前の義-中野畑沢線渡御(吾妻神社例祭)-昼食 大神輿吾妻神社駐車場にて奉安-1時25分第2天王台の儀-1時35分新宿(中の畑沢線区界受渡)順路短縮-2時北片町・遥拝所の儀(北片町公園を通り順路短縮)-2時30分仲片町(権九魚店前受渡)(仲片町区公会堂を通り順路短縮)-3時南片町(岡埜栄泉堂前受渡)(とがい印刷前を通り順路短縮)-3時30分弁天町(宝家前受渡)-4時15分南町(伊勢元酒店前受渡)-4時30分新田区(證誠寺前受渡)-5時15分宮入り-6時15分還御祭(例祭終了奉告祭)。

藤井聡太棋聖 3局勝利

木更津市で棋聖戦 永瀬拓矢王座に王手

将棋のタイトル戦、藤井聡太棋聖(19)=竜王、王位、叡王、王将=に永瀬拓矢王座(29)が挑戦する『第93期ヒューイック杯棋聖戦5番勝負』(産経新聞社主催)の第3局が4日(月)、木更津市北浜の龍宮城スパホテル三日月 富士見亭で開催された。
両氏が1勝1敗の互角で迎えた第3局は、藤井棋聖が145手で勝ち、対戦成績を2勝1敗とし、3連覇に向け、あと1勝と王手をかけた。
同ホテルでの棋聖戦は、昨年6月6日の「第92期5番勝負第1局」以来2回目で、藤井棋聖が初の防衛線として渡辺明9段3冠(名人・棋王・王将)と対局し、白星を飾った縁起の良いところ。
第4局は7月17日(日)、名古屋市中区の「万松寺(ばんしょうじ)」で行われる。
今回の第3曲を控え、前日の3日(日)、午後6時から同ホテルで開幕式が行われた。
主催の産経新聞社・飯塚浩彦会長。日本将棋連盟・佐藤康光機長、特別協賛のヒューリック。西浦三郎会長、会場市の渡辺芳邦市長などが胴体局開催を歓迎し、藤井棋聖と永瀬王座の熱い戦いを期待した。
席上、両氏は決意表明を行い、藤井棋聖は「注目してもらえる1局になると思うので、期待に応えられるような熱戦にしたい」、永瀬王座は「このホテルには子供のころ家族できたことがあり、思い出の場所で対局ができることは嬉しい・厳しい戦いになると思うが、精いっぱいしがみついていきたい」などとそれぞれが思いを語った。

自然の中、風に吹かれて

市内外から約180人が参加、楽しむ
富津公園歩け歩け大会 高橋市長等も完歩

君津地区スポーツ推進委員連絡協議会主催、富津市スポーツ推進委員連絡協議会主管『君津地区スポーツ・レクリエーション祭~富津公園歩け歩け大会~』が、3日(ン地位)、コロナ対策に十分配慮して、3年ぶりに富津公園及び富津海岸など約5キロコース及び短縮コースで行われた。
ゼロ歳児から80歳代まで、市内外から約180人が参加。
午前9時15分からの開会式には、千葉県スポーツ推進委員連合会会長の吉本充県議、富津市の方は市恭市市長、岡根茂教育長なども出席、多くの参加者を歓迎した。
富津公園内松林の中では昭和天皇・皇后両陛下お手植えの松屋、多くの戦争遺構、富津岬では明治百年記念展冒頭からの眺望、富津海岸の砂浜の感触など、様々な風景や快い風に吹かれながらの自然観察も楽しんだ。
参加した高橋市長・岡根教育長は5キロコースを完歩した。
例年、同大会はゴール後に冷たいスイカが振舞われ、参加者に喜ばれていたが、今回はコロナ禍であることから中止、富津市の銘菓がプレゼントされた。

富士見通りで花植え

木更津西支部と南支部は駅前花壇に
法人会木更津中央支部 日日草600苗を

公益社団法人木更津法人会木更津中央支部(支部長代行・保泉昌宏)では、2日(土)午前9時から約1時間、公益事業として同市内のJR木更津駅西口、「富士見通り・マリンロードの花植え」を行った。
長年続けられている同支部の社会貢献活動・花植えは、今回も富士見通り商店会やマリンロード振興組合の人たちの協力を得て実施。
会員等の参加者は、木更津駅西口、スパークルシティ木更津横の逆さ狸きぬた君そばに集合。
駅西口=宝家駐車場前までの富士見通りと、マリンロードの宝家交差点~得る紫音交差点までのフラワーポットへの「花植え込み作業」を行った。
現在、荒れているフラワーポットも含み、約40鉢の花植え込みのため、約600苗の「日日草」の小さな種類の花苗が準備された。
これから美しく咲き誇る夏の花、「日日草」の赤、ピンク、紫、白色など、色とりどりの花が、草取りなどを行った後のフラワーポットに植えられ、八剱八幡神社の祭礼(今月9日)を間近に控え、木更津市を訪れる観光客などへの、おもてなしの美しい環境が整った。
この富士見通りでは大神輿の渡御(引き廻し)が行われる。
なお今年度の花植えは、秋の一斉環境浄化活動の一環として、「ちばアクアラインマラソン」(11月6日・日曜日)を控えた10月15日(日)にも予定。
また、同日、木更津法人会木更津西支部と木更津南支部は、JR木更津駅西口駅前ロータリーの花壇に「日日草」約900苗を植えた。
去る4月23日にペチュニアに似た「カリプラコア」を植えたばかりだったが、草が生い茂って花が目立たなくなっていたことから今回、花壇を整備し「日日草」に植え替えた。

4市合計56人感染

県5日発表コロナ 県内1327人

県によると、君津地域4市で5日(火)、新型コロナウイルスの新規感染者が計56人確認された。
内訳は、木更津市が27人、袖ケ浦市18人、君津市6人、富津市5人。
木更津市と袖ケ浦市は今月最多。
1週間前の火曜日と比較した増減は、キアラ図師が4人増、君津市1人減、富津市変わらず、袖ケ浦市13人増、地域総数16人増。
同日の地元各市の累計感染者数は、木更津市が8890人、君津市4502人、富津市2102人、袖ケ浦市4399人。
千葉県内では同日、4人の死亡と1327人の感染が新たに判明。
1日の感染者が1300人を超えるのは5月11日(1373人)以来およそ2か月ぶり。
前週の火曜日から約2倍に増えた。
前週の同じ曜日を上回るのは18日連続。
新たなクラスターは3件発生した。

早起き野球

◇木更津市営球場(7月3日)
◎林工務店3-2請西

アールシードッグ優勝

C級1部夏季大会 ブロック大会出場へ

木更津市野球連盟主催『市民野球大会』は3日、市営・江川両球場で「C級1部夏季大会(東日本軟式野球ブロック大会代表決定戦)」準決勝2試合及び決勝、「C級2部夏季大会」1回戦等2試合、「壮年大会」2試合の計7試合が行われた。
このうち「C級1部夏季大会」決勝には準決勝を順当に勝ち上がった強豪1チーム。アールシードッグと木更津マジナーズが進出。
アールシードッグが1‐0の僅差で優勝を決めた。
決勝は両リームにとり今季初の対戦とあって、気合の入った試合展開になった。
先行のアールシードッグは2回に貴重な先制1点をあげ、追い上げをはかる木更津マジナーズをフル切、そのまま逃げ切った。
後攻のキアラづマジナーズは再三走者を得点圏に進め、逆転のチャンスをねらうが、アールシードッグの巧みな投球にクリーンヒットが出ず、惜しくも優勝に手が届かなかった。
「春季大会」でアールシードッグは優勝候補の声も上がっていたが、不覚にも準々決勝敗退に留まった。
このとき優勝したのが木更津マジナーズ。
アールシードッグは、この悔しさをバネに、チーム一丸となり万全の態勢で夏季大会に臨んできた。
球場にh、春季大会敗戦の悔しさを晴らしたアールシードッグの歓声がいつまでも響いていた。
優勝したアールシードッグは、東日本軟式野球第4ブロック大会(11月)に木更津支部代表として出場する。
全試合結果は次の通り。
【C級1部夏季大会】
◎準決勝
▽アールシードッグ12-5航空自衛隊木更津(5回コールド)
▽木更津マジナーズ3-0TOBIX
◎決勝
▽アールシードッグ1‐0木更津マジナーズ
【C級2部夏季大会】
◎1回戦
▽DRUNKERS11-1クローズ(5回コールド)
◎2回戦
▽木更津Mets9-4畑沢マグナムズ
【壮年大会】
▽木更津絆14-4食事処おのでら(5秋コールド)
▽ソニーGM&010-5木更津シリウス

新千葉新聞

投稿者プロフィール

新千葉新聞社
〒292-0067
木更津市中央2-10-3

電話:0438-22-3849(本社)
FAX:0438-25-1684
E-Mail:shinchiba@nifty.com

この著者の最新の記事

関連記事

恋する木更津『一途なのり天』
クロバー建築株式会社
木更津市市民活動支援センター「きさらづみらいラボ」
木更津市金田地域交流センター「きさてらす」
株式会社kakki
安房運輸株式会社
アイ工務店
株式会社フォレストホーム
かずさアカデミアホール オークラアカデミアパークホテル
公益社団法人 木更津法人会
epm不動産株式会社
宝家
BESS木更津
木更津商工会議所
すず陶
木更津市観光協会
株式会社KUROエージェンシー
JCOM木更津
情報提供フォーム
今月のあなたの運勢
木更津市役所
きさこんInstagram
きさこんfacebook
クロバー建築株式会社
木更津市市民活動支援センター「きさらづみらいラボ」
木更津市金田地域交流センター「きさてらす」
安房運輸株式会社
株式会社kakki
アイ工務店
J:COM
BESS木更津
SUZUTO
フォレストホーム
宝家
epm不動産
クロエージェンシー

カレンダー

2022年7月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリ一覧

ページ上部へ戻る