鎌足桜の魅力を表現 他【新千葉新聞】

新千葉新聞2021年7月21日発行

鎌足桜の魅力を表現

木更津市鎌足桜保存会が募った作品
写真と短歌・俳句 最後の入賞者を発表

木更津市鎌足桜保存会(田中幸子会長)ではこのほど、例年行っている「『鎌足桜の魅力』写真と短歌・俳句コンテスト」の審査結果と、例話4年(2022年)鎌足桜カレンダーの題材を発表した。
同コンクールも第10回を迎えたが、会としては今年で一つの区切りとすることを決断し、今回が最後のコンクールとなった。
さくらの開花時期はまだまだコロナ感染が危惧される中ではあったが、写真の部は23人(81点)短歌の部18人(42首)、俳句の部65人(106句)と、昨年度を上回る応募数であった。
地元鎌足中学校(校長・佐々木信司)では交通安全面への配慮やコロナ対応も考えながら、矢那川ダム公園に全校生徒と職員で桜鑑賞に行き、俳句作りに取り組んだ。
地域を愛し、文化や伝統を愛し、文化や伝統を継承していくことにつながっている貴重な取り組みになっている。
これらの作品は、8月23日(月)から9月3日(金)までの平日、木更津市役所朝日庁舎内に展示するほか、来年(「2023年)の鎌足桜カレンダーの題材になる。
入賞者は以下の通り。
(HPには作品も掲載)
()の月はカレンダー掲載月。
【写真の部】
▽鎌足桜保存会会長賞~「休日のさくら公園」三沢貞夫(君津市、1・2月)
▽鎌足地区区長会会長賞=「天まで上がれ」川名国夫(木更津市、5・6月)
▽入選=「天へ」上田治行(千葉市、表紙)、伊藤洋子(木更津市、7・8月)、小島良一(袖ケ浦市)、後藤秀美(袖ケ浦市)、渡邉勇(木更津市、3・4月)、吉原邦明(木更津市、9・10月)、遠藤健二(木更津市、11・12月)、佐藤昭亜(木更津市)
▽佳作=中山要三(木更津市)、大岩重利(木更津市)
【短歌の部】
▽鎌足桜保存会会長賞=「散りがたの鎌足さくら夕つ日に染まる花びら惜しみて見上ぐ」久富とし(木更津市、11・12月)
▽新千葉新聞社社長賞=「雲間より光さしきて里に咲く鎌足桜ひときは白し」日下部扶美(木更津市、7・8月)
▽入選=上杉章子(木更津市)、諏訪貞夫(木更津市、3・4月)、刈込初雄(君津市)、角田まさ子(木更津市)、西原千鶴子(木更津市)、鈴木早苗(木更津市)、真木芳見(君津市)
【俳句の部】
▽鎌足桜保存会会長賞=「鎮魂の一打の鐘や遅ざくら」高橋正子(木更津市、9・10月)
▽鎌足公民館館長賞=「鎌足をめぐる桜の1日かな」元吉さち子(木更津市、5・6月)
▽入選=石井清次(木更津市、1・2月)、黒須俊夫(木更津市)、瀬川泰行(木更津市)、鶴岡久美子(木更津市)、吉田暁美(木更津市)、本多二三代(木更津市)
▽佳作=進藤優芽菜(木更津市)、松井行利(木更津市)、安西煉哉(木更津市)、安西祥希(木更津市)、齊藤澪(木更津市)
(敬称略)

航空機運用の懸念事項等

きょう区長部会や漁業協同組合部会

陸上自衛隊木更津駐屯地に関する協議会 漁業協同組合部会及び区長部会がきょう21日(水)、それぞれ開催される。
漁業協同組合部会は午後3時30分から木更津市役所駅前庁舎8階・会議室で、区長部会は午後6時から木更津市立岩根西公民館・集会室で開かれる。
議題は、いずれも「木更津駐屯地に配備されている航空機の運用に関する懸念事項等について」で報道関係等公開となっている。

普天間に帰投

4機目オスプレイ

木更津市は19日、陸上自衛隊木更津駐屯地で定期機体整備を終えた米海兵隊輸送機MV-22オスプレイ1機が、同日、所属する米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)に帰投したと発表した。
防衛省北関東防衛局から同市に情報提供があった。
同駐屯地では、2014年2がg津から米価兵隊オスプレイの定期機体整備が始まった。
帰投したのは、2020年3月に到着した4機目。
今月12日、米軍普天間飛行場所属の米海兵隊輸送機MV-22オスプレイ6機目が、定期機体整備のため飛来している。

私たちにもできること

「木更津市のSDGsの取組」を聴く
木一中2年生 班で資料を作成発表

木更津市立木更津第一中学校(校長・西克夫)では、木更津市役所の職員を講師に迎え、第2学年(生徒数106人)の生徒が、「社会」「環境」「経済」についての話を聴いた。
そして、そこで得た学びを「他者に伝える」という視点から、クラス内の生活班ごとに発表資料作りを行い、後日、その発表が開かれた。
2年生は、昨年度、職業調べで一人一人がプレゼン資料を作成し、発表会を行ったが、その経験をもとに今回は班で一つのプレゼン資料を作成し、この発表会に臨んだ。
発表会では、各班で作成した資料を大型モニタ^二表示しながら説明を行った。
この発表資料は各自のタブレット端末内のプレゼンソフトを活用して作成されたもので、画像やアニメーションなどを使いながら、レイアウトや見出し等に様々な工夫が見られた。
またスライド資料の他にも、発表に中では、クイズの出題や比喩を用いた説明など、各班ごとに様々な手法がとられ、大いに盛り上がった時間となった。
参加した生徒からは、「今日、各班の発表を聞いていて、私はSDGsに関する知識が『まだまだ浅いなあ』と思いました。今回、少しずつですが理解を深めることができました。また興味を持った話もあります。自分の家でも災害に対し備蓄はしていますが、もう一度見直すことで、完璧に災害に備えられたら良いなと思いました。また一人ひとりがSDGsに興味を持ち、協力していけたら良いなと思いました」、「今日の発表を聴き、僕は、一つ目のプレゼンテーションで人に伝えることは、わかりやすい発表の特徴として、キーワードがはっきりしていて、テーマと結論がしっかり結びついていたと思いました。二つ目のSDGsについては、一人一人のちいさな公道で世界を平和にできるということを「しっかり痛感し、早速行動していきたいと思いました。」「木更津市はSDGsに対する取り組みをたくさんしていることが分かりました。どの班も、様々な工夫をしていて勉強になりました。僕は、エコバッグを使う、使わないや、部屋の電気を消すなどの自分にできることをやって、SDGsに取り組みたいです」などの感想が寄せられた。

高校軟式野球きょう開幕

千葉大会に8校 拓大紅陵と木総合出場

第66回全国高校軟式野球選手権大会千葉大会(県高校野球連盟軟式部など主催、毎日新聞千葉支局など後援)が、きょう21日(水)開幕する。
拓大紅陵、木更津総合、日出学園、筑波大学附属聴覚特別支援学校、千葉聾、市川、千葉商科大学附属、八千代松陰の8校が出場。
袖ケ浦市営球場、青葉の森球場(千葉市)、長嶋茂雄記念岩名球場(佐倉市)の3球場で熱戦を展開する。
決勝は長嶋茂雄記念岩名球場で7日午前10時から行われる。
第64回の覇者、拓大紅陵は21日に日出学園と、木更津総合は22日に筑波大学付属視覚特別支援学校と闘う。
共に休場は袖ケ浦市営球場、試合は午前10時開始。
優勝校は南関東大会(8月3,4日。神奈川県)に出場する。
同大会には開催県の神奈川代表2校と千葉、埼玉の各県代J票の計4校が出場し、全国大会(8月25日~。兵庫県)出場を目指す。
昨年は新型コロナウイルスの影響で全国高校選手権が中止で、県独自大会が実施された。

君津、富、袖各3人、木1人

19日県発表コロナ 県内新規は234人

県によると、君津地域では19日、計10人の新型コロナウイルス感染が確認された。
市別では君津市、富津市、
袖ケ浦市が各3人、木更津市が1人。
今月に入り1日の感染者が10m人以上となるのは3回目。
これまでの最多は1日の12人、次いで17日と19日の10人。
年代別では10代1人、20代3人、30代1人、40代1人、50代が最多の4人。
富津市は健康福祉部介護福祉課に勤務する50代の女性職員(市外居住)が感染したと発表した。
経過は▽16日(金)=出勤。
帰宅後、帰省した親せきと接触。症状なし。
▽17日(土)=出勤なし。症状なし。
▽18日(日)=出勤なし。帰省した親族の陽性判明。症状なし。
▽19日(月)=出勤なし。保健所にてPCR検査。陽性判明。症状なし。
同職員の感染後の出勤はないため、市役所は通常通り業務を継続する。
県教委は県立君津特別支援学校(君津市)の20代女性教員が感染したと発表。校内濃厚接触者はおらず、通常通り授業を行う。
新規感染者は次の通り。
①職業等②推定感染経路③検査確定日
【木更津市】
▽50代女性①会社員②不明③16日
【君津市】
▽30代男性①会社員②不明③16日
▽20代男性①会社員②不明③17日
▽40代男性①自営業②不明③17日
【富津市】
▽50代女性①アルバイト②同居家族③17日
▽50代男性①会社員②不明③17日
▽20代男性①会社員②不明③17日
【袖ケ浦市】
▽10代男性①学生②その他③17日
▽50代女性①無職②同居家族③17日
▽20代女性(無症状)①教職員②同居家族③17日
地元4市の同日現在の累計感染者数は、木更津市が722人、君津市294人、袖ケ浦市291人、富津市145人に増えた。
県内では234人の感染が判明した。
1日の感染者が200人を超えるのは6日連続。

市民野球熱戦

木更津・江川球場

木更津市野球連盟主催『市民野球大会』の(C級1部夏季大会(東日本軟式野球大会支部代表決定戦)」1回戦3試合と、「C級2部春季大会」2回戦2試合が18日、江川球場で行われた。
結果は次の通り。
【C級1部夏季大会】
◎1回戦
▽侍5-2Knife edge
▽木更津ダイナミックスターズ7-0KFD(6回コールド)
▽木更津マジナーズ3-2TOBIX
【C級2部春季大会】
◎2回戦
▽高島モータース3-0全軟会アウトサイダーズ
▽MBC5-0DRUNKERS
なお、これまで耐震工事のため使用できなかった市営球場は、あす22日(木、祝日)から利用できるようになった。
野球連盟では8月8日(日)から、両球場で試合を予定。

アバター

新千葉新聞

投稿者プロフィール

新千葉新聞社
〒292-0067
木更津市中央2-10-3

電話:0438-22-3849(本社)
FAX:0438-25-1684
E-Mail:shinchiba@nifty.com

この著者の最新の記事

関連記事

SunsetCafe MITATE
かずさアカデミアホール オークラアカデミアパークホテル
木更津市観光協会
公益社団法人 木更津法人会
株式会社フォレストホーム
epm不動産株式会社
宝家
木更津商工会議所
すず陶
株式会社KUROエージェンシー
JCOM木更津
情報提供フォーム
今月のあなたの運勢
今月のあなたの運勢
木更津市役所
きさらづみらいラボ
きさこんfacebook
まくら投げ
J:COM
SUZUTO
フォレストホーム
宝家
epm不動産
クロエージェンシー

カレンダー

2021年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

カテゴリ一覧

ページ上部へ戻る