圏央道の宝物グランプリ 他【新千葉新聞】

新千葉新聞2020年12月6日発行

圏央道の宝物グランプリ

しんきん圏央道アライアンスと日本の宝物主催
木更津市の梅酒 (有)ベアーズ「赤富士」1位

千葉信用金庫(本店・千葉市、宮澤英男知事庁)を含む圏央道沿線の1都4県の5つの信用金庫(千葉、水戸、埼玉縣、平塚、多摩信用金庫)による連携協定「しんきん圏央道アライアンス」と、「にっぽんの宝物JAPAN事務局」主催、『圏央道の宝物グランプリ2020-2021』が12月3にち、都内の信金中央金庫京橋別館で開かれ、木更津市中里の(有)ベアーズ(林利江代表)が出品した、『木更津クラフトリキュールmeguriプレミアム梅酒赤富士』~(有)ベアーズ/しまむらファーム&ガーデン(島村幸男園主・袖・三黒)~が、「新体験部門」でグランプリに輝いた。
都内での表彰式には林代表が出席した。
同規格は、圏央道沿線地域の生産者・製造事業者同士のコラボレーションによる新たな商品開発や自社製品のブラッシュアップを目的に、今年10月6日から隔週計3階にわたる『圏央道の宝物セミナー』を受講し、その成果を披露する場として開催された。
3日間のセミナーには各信金から20人、計100人が参加、コロナ禍であることから主にリモートで行われた。
最終日のグランプリには1次予選を突破した16組40事業者が3部門(①調理・加工部門、②新体験部門、③スイーツ部門)に分かれ、地方大会とは思えないレベルの高い戦いを繰り広げた。
「新体験部門」で、グランプリに輝いた『木更津クラフトリキュールmeguriプレミアム梅酒赤富士(15度)』は、砂糖は使用せず米の甘さのみで醸造した「ライスリカー」に梅を漬け込み、無農薬農業に取り組む島村さんが育てたハーブ「ハイビスカスローゼル」をブレンドして仕上げた。
ボトルの中でリキュールが赤の濃淡を描き、赤富士の美しさを描き出している。
「甘さ控えめで、すっきりしていて飲みやすい。ロックでも、水割り・ソーダ割りでも美味しい。クリスマスまでには、一般販売できるようにしたい」と林さん(56)。
林さんの夢は、日本の梅酒を世界に発信すること。
居住地の富来田地区には多くの梅林があり、近年の恒例かで手つかずのままになっている。
「鳥獣類も食べない梅だが、郷土の貴重な資源。何とか活用して富来田地区の活性化に役立てたい」と熱く語り、「このような機会・チャンスを与えてくださった千葉信金さんに深く感謝したい」と笑顔が輝く。
この後グランプリに輝いた商品は来年3月の全国大会に出品され、優秀商品は世界大会(シンガポール)へ出展もある。
なお同グランプリの様子は(セミナーから最終日まで)は、12月22日(火)午後10時からテレビ東京(7チャンネル)番組「ガイアの夜明け」で放送される。

星観察・まが玉作り等

日帰りで君津亀山少年自然の家訪問
富来田小学校 5年生が校外学習

木更津市立富来田小学校(紅陵・相場明彦、児童数173人)では、今月1日(火)、今年コロナ禍の影響で延期されていた、同校では4番目となる5年生(37人)の校外学習を行った。
当初予定していた君津亀山自然の家での1泊2日の宿泊学習は規模縮小のため、日帰りでの校外学習となった。
学習内容は午前中に施設内にあるプラネタリウムで星野学習を行い、その後は外でスコアオリエンテーリングを行った。
プラネタリウムでは、前日に地域の外部講師・橋野英嗣さんを招き、富来田地区からみられる星観察について実際の星野映像を見ながら話を聞き、関心の高い中、学習することができた。
午後は、まが玉作りを行い、日ごろ学校では経験することができないことをたくさん経験することができ、充実した1日であった。
5年1組担任の浅倉充輝教諭は「コロナ禍で宿泊することはできなかったが、子どもたちにとって学校ではできない貴重な体験をすることができたことに価値があった」と話していた。

木更津で1人、袖ケ浦で3人感染

県4日判明コロナ 県内は新たに75人

県の発表によると4日、木更津市で1人、袖ケ浦市で3人の新型コロナウイルス感染が新たに確認された。
木更津市での感染判明は3日連続、袖ケ浦市は2日連続となる。
木更津市で感染が判明したのは60歳代の会社経営男性。
感染経路不明。
11月30日発症、3日検査確定(陽性判明)。
発症2日前からの行動歴は自宅、、医療機関。
袖ケ浦市の感染者は何れも会社員男性で50歳代2人、30歳代1人。
感染経路不明。
50歳代男性のうち1人は11月28日発症、3日検査確定。
発症2日前からの行動歴は自宅、職場、医療機関。
もう1人は無症状で2日検体採取、3日検査確定。
検体採取2日前からの行動歴は自宅、職場、医療機関。
30歳代男性は1日発症、3日検査確定。
発症2日前からの行動歴は自宅、職場、医療機関。
4日、県内では75人の感染が新たに確認された。
累積合計で7314人感染。
君津地域の感染者は木更津市が1人増の80人、袖ケ浦市は3人増え29人になった。
君津市33人、富津市5人は変わらない。

アバター

新千葉新聞

投稿者プロフィール

新千葉新聞社
〒292-0067
木更津市中央2-10-3

電話:0438-22-3849(本社)
FAX:0438-25-1684
E-Mail:shinchiba@nifty.com

この著者の最新の記事

関連記事

かずさアカデミアホール オークラアカデミアパークホテル
木更津市観光協会
公益社団法人 木更津法人会
株式会社フォレストホーム
epm不動産株式会社
宝家
木更津商工会議所
すず陶
株式会社KUROエージェンシー
JCOM木更津
情報提供フォーム
今月のあなたの運勢
今月のあなたの運勢
木更津市役所
きさらづみらいラボ
きさこんfacebook
きさらづ働くママ応援サイト

カレンダー

2020年12月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

カテゴリ一覧

おすすめ記事

ページ上部へ戻る