事業継続力強化計画等セミナー 等【新千葉新聞】

新千葉新聞 2020年9月4日発行

事業継続力強化計画等

講師・高橋孝一氏による講演WEBで
4市商工会議所関係 BCP策定セミナー
~大規模自然災害や新型コロナウイルス感染などの感染症への備え~企業経営のための【実践】BCP(事業継続計画)策定セミナーが、10月8日(木)と同14日(水)、午後1時~4時まで、WEBセミナーとして開催される。受講料は無料。
主催は木更津商工会議所、君津商工会議所、木更津市富来田商工会、富津市商工会、袖ケ浦市商工会、/各商工団体工業部会。共催は公益社団法人木更津法人会、損害保険ジャパン(株)。
プログラムは、講演では、①「BCPとは?その必要性と防災との違い、②中小企業強勒化法における事業継続力強化計画とBCPとの違い及びインセンティブ(国、県の各種支援制度の紹介)、③事業継続力強化計画認定申請書の作成方法について。
講師は、SOMPOリスクマネジメント(株)主席フェローの高橋孝一氏(内閣府BCP策定運用ガイドライン作成専門委員、中小企業庁BCP策定運用指針作成専門委員)。
対象者は、各団体の会員企業/経営者、企業内の担当者等。
2019年7月16日に「中小企業強勒化法」が施行された。大型台風をはじめとした、大規模自然災害の多発、現在猛威を振るう新型コロナウイルス等の感染症の拡大は、企業にとって大きなリスクであり、事業を継続するための「BCP」の策定の重要性はさらに高まっている。
そこで、このセミナーでは、前半パートでBCPに関する基本的な考え方を学び、後半パートでは「実際にBCPの第一歩である「事業継続力強化計画」を一緒に作成する「ワークショップ形式のセミナー」を開催する。
インターネット環境があれば、PC、タブレット等から参加可能。参加方法の詳細は、申し込み後に参加者にメールで連絡する。
申し込みはリンクアドレス
https://forms.gle/L5VvUtg8URYgEbYQ8
木更津商工会議所または君津商工会議所ホームページからも申し込み可能。申込締切は9月30日(水)。
問い合わせは損保ジャパン(株)商工会議所BCPセミナー事務局千葉業務部、担当・梅村、武藤、立尾さんTEL043-247-6721。

輝け!唄の祭典は中止に

木更津市のネモト企画 遙の会等も中止
根本りつ子企画(代表・根本喜一郎)では、9月6日に君津市文化ホールで20周年記念「輝け!唄の祭典」を予定していたが、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、このほど中止とした。
現在、日本国内において新型コロナウイルス感染例が相次ぎ発生している中、感染経路が未だ不明瞭な事例が多いことから、多くの人が詰まる行事を実施することについて、感染の危険性がいまだ危惧されている状況。
そのため、やむなく中止となったもの。
来年の「輝け!唄の祭典」は、9月18日(土)開催は決定している(予定)。
また根本代表は、「今年中止になった、遙の会、JA木更津市収穫祭(11月)、誠心露葉会ともに来年もご支援のほどよろしくお願いします」と来年こそは今年の分も頑張りますと述べていた。

来年は「分散参拝」を

成田山新勝寺 正月の3が日初詣
成田山新勝寺の来年の初詣について、千葉県成田市はこのほど、3が日に集中しないように「分散参拝」を呼び掛けるとともに、参道で検温を実施するなどの新型コロナウイルス感染農施策を講じると発表した。
成田市は7月から、寺や県警成田署などとコロナ禍での警備態勢を協議していた。
同市によると、検温は、成田駅から約800メートルの参道の5か所程度で、1月末まで行う。
手指の消毒や感染者との接触を知らせるアプリの登録なども促す。
ただ、大勢の検温で混乱が起きなかという懸念や、冬のため手袋をしていても手指の消毒が必要なのかといった意見が出されており、分散参拝を呼び掛ける方法と共に、実効性のある対策を今後、検討していくとしている。
成田山新勝寺は全国有数の初詣k宅数で知られ、今年の奨学3が日には、約318慢人が訪れている。
地元君津地域4市からも多数参っている。

知事賞に鈴木日和さん

千葉県席書大会 児童生徒の入選者
一般社団法人書星会、千葉日報社共催の「第69回千葉県小・中・高校席書大会」の中央審査会が、8月6日、三井ガーデンホテル千葉(千葉市)で行われた。
地区審査を通過した631点の中から優秀作品62点が選ばれ、君津地方からは拓大紅陵高校3年、鈴木日和さんが「知事賞」を受賞するなど計6人が入賞した。
高校の課題は「漢字」と「かな」の2通りで書体は自由。鈴木さんの作品は(漢字『古寺語流鶯』。隷書)は、重厚で沈着なな明清風隷書の佳作」と高く評価された。
君津地区の入賞者と千葉日報社賞(入選以外の地区審査通過者)の受章者41人は次の通り。
なお、新型コロナウイルスの影響で今大会の実施も危ぶまれたが各地区の指導者らの熱意により予定通り行われた。

新千葉新聞社

〒292-0067
木更津市中央2-10-3

電話:0438-22-3849(本社)
FAX:0438-25-1684
E-Mail:shinchiba@nifty.com

アバター

新千葉新聞

投稿者プロフィール

新千葉新聞社
〒292-0067
木更津市中央2-10-3

電話:0438-22-3849(本社)
FAX:0438-25-1684
E-Mail:shinchiba@nifty.com

この著者の最新の記事

関連記事

SunsetCafe MITATE
かずさアカデミアホール オークラアカデミアパークホテル
木更津市観光協会
公益社団法人 木更津法人会
株式会社フォレストホーム
epm不動産株式会社
宝家
木更津商工会議所
すず陶
株式会社KUROエージェンシー
JCOM木更津
情報提供フォーム
今月のあなたの運勢
今月のあなたの運勢
木更津市役所
きさらづみらいラボ
きさこんfacebook
まくら投げ
J:COM
SUZUTO
フォレストホーム
宝家
epm不動産
クロエージェンシー

カレンダー

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

カテゴリ一覧

ページ上部へ戻る