• HOME
  • >
  • 暮らし
  • >
  • >
  • 八幡台TBG愛好会 2019年 第4号

暮らし

八幡台TBG愛好会 2019年 第4号

ご訪問いただきありがとうございます。

いよいよ八幡台中央公園の桜も記録会が開催された20日に開花しました。これからしばらくは楽しみですね。

 

 我々TBG愛好会も29日にお花見会を予定しました。満開になり快晴であれと祈ります。

ハクモクレンは満開でした。

 さて、皆さんは、ターゲット・バードゴルフ(TARGET・BIRDGOLF以下TBGと略します)をご存知でしょうか。

私は、八幡台TBG場だけでなく、時には袖ヶ浦の常設コースや伊予ヶ岳の常設コースでも楽しんでいます。昨年の暮れには、東京江東区新砂運動場の常設コースで開催された、東京近郊TBG大会に須山氏、村上氏と一緒に参加し、初めて地方での交流戦を経験しました。

ここではTBG愛好者の仲間が、磨き上げた腕前を存分に発揮するような熱い戦いに圧倒されました。

私はどちらかというと不器用で楚々かっしく落ち着きのない性格なので、記録を伸ばすことはほとんど意識しません。健康に良いことに気が付き、飛ばすことの爽快感を楽しんでいます。

TBGは誰でもできる生涯スポーツなので、八幡台地域の近隣にお住いの方も、何かのスポーツをやりたいと考えられているのであれば、入会の有無に限らず、八幡台中央公園内に仮設されていますTBG会場にお越しいただき、体験してみては如何かと思っています。ご来場される一週間前に会長さんに申し出ていただければ対応していただけます。

 ゴルフに一番近いスポーツで、羽根付きのゴルフボールを決められた一本のクラブで打ちます。羽根がついているので飛距離は、18m から 22m 程度です。しかし風向きにより 30m 位飛ぶ事もあり、その時の気分は爽快です。危険度は、ショットする人から適度に離れていれば安心です。ルールはゴルフと殆ど同じですからゴルフの醍醐味を楽しむことも出来ます。

ゴルフをやっている人は勿論ですが、初心者の方でも安全性が高いので、仲間の皆さんの手ほどきで、すぐに一緒になってプレーを楽しめます。

TBGボールの特徴は、①ボールの滞空時間が長くスピードも出ない。②羽根の影響によってボールが回転せず方向性が安定する。但し、野外のため風に影響されやすい。③ホールインの爽快感は格別である。

ボールを打つ動作はゴルフと同じです。ホールはパラソルを逆さにした形状なので、ふわりと高く打ち上げる技術が要求されます。

フルスイング出来る爽快感があります。強気に攻めると大たたきするので、適度な技術力も要求されます。

ホールインの満足感も生まれますが、意外性にも富んでいます。

やってみたら楽しいと必ず実感していただけます。人それぞれなので保証はありませんが(笑う)

お誘いするには理由もあります。

何より健康に良いことを実感しているからです。ぜひご一緒にTBGを楽しみましょう。

さて本題です。

今月(3月)の記録会は、20日水曜日天候にも恵まれたスポーツ日和でした。、会長さんは都合あってかプレーには参加しませんでしたが、みなさんはいつも通りやる気満々の雰囲気でした。

今回の成績は下表の通りでした。

本番に備える練習風景です

 

  

 そしてこちらは、自主練仲間の特設コース

             急斜面(のり面)のホール

  

  超えたら池だぞ!

 もうすぐかな?療養中の仲間     いつも元気! 存在感のある二人 

TBGと日替わりにプレーを楽しむグランドゴルフの仲間

 

TBGやグランドゴルフは生涯スポーツです。健康のため勝敗より楽しむことを主眼とするスポーツで、老若男女、経験のあるなし関係なく楽しめます。

何よりも仲間がいること自体が楽しく、励み、生き甲斐が得られます。健康面でのダイエットや成人病の予防にも役立っています。特に面白いところは、いざプレーが始まると行き違うごとに「練習不足やらアッカ~ンやっちまった~」などと誰となく独りごとも多いいが、みんな「伸び・ノビ」で、「TBGではマットを飛ばしたり、ダブたっり、だるま落とし」等にも悩まされながら、楽しくプレーをしています。

誰が何を言いようが楽しい!一度やったら病みつきに、仲間同士の交流も盛んです。みんな仲良く、楽しく、健康を実感しつつ、スポーツをエンジョイできます。TBGは文部科学省認定スポーツです。

 健康のポイントは、「游」です。悩みの及ばざることを意味しています。つまり、「病んだ病もその時はうまく治めたがまた別な病が発生する」ということです。気持ちに抵抗せず、病んだ病とは孤独感で争わず、スポーツを楽しみながら大勢に打ち分け、叱咤激励と共に気持ちで自ずから流す。人生は「游游自適」でいいのではないでしょうか?

今回も最後までご覧いただきありがとうございました。

広報担当 M.A