「推したい」店と連携 他【新千葉新聞】

新千葉新聞2022年9月21日発行

「推したい」店と連携

あつまれ!木更津のまち ユース商店街
木更津駅周辺店舗の魅力 高校生が逸品販売

木更津市内の高校や高等専門学校の生徒が、自分達でリサーチ(市場調査)した市内の「推したい」店と連携して、セレクト(選択)した商品で、JR木更津駅周辺店舗の魅力を伝える~アンテナショップ《あつまれ!木更津のまち ユース商店街》~16日(金)と、18日(日)の両日、木更津駅東口(太田山口)の旧New Days(コンビニ跡地)で開かれた。
事業主体は「木更津市中心市街地活性化協議会ユーズ部会」で、令和3年6月14日に設立され、木更津市内の高校・高専などの生徒・学生から参加者を募ったところ、今年8月現在47人が参加した。
同メンバーは、木更津駅周辺には日常的に多くの高校生世代(ユーズ世代)が滞在しているが、普段の通学だけでは知り得ない『まちの魅力』をユーズ世代に発信することでにぎわいの創出や活性化を図りたいと、昨年度「いいこと探し」をした延長として、メンバーで話し合い、商品の仕入れ・PR・販売を行ったもの。
販売された商品は
▽東屋菓子舗の「最中アイス」(生徒の提案で生まれたブルーベリー味など6種)
▽Pergolato(ペルゴラートのタルト、フルーツサンドなど
▽清見台カフェのキッシュ
▽だがしカフェtamaribuではゲームを楽しみながらの駄菓子販売等々。
初日の16日(午後3時~7時まで)にはオープン早々に売り切れが続出するなど多くの市民や高校生などで賑わった。
木更津高専の菊池美羽さん(3年)や、黒田知花さん(1年)は、「お客さんに喜んでもらい嬉しかった」「チャレンジして楽しかった」などと笑顔で話してくれた。
最中アイスを味わっていた、市内に事業所を構える宮山浩之さんや三輪孝義さんは、「高校生などが自分たちで考え行動することは素晴らしい。これからも応援していきたい」「若い力でこれからの新時代を動かしてほしい。期待したい」などと同活動を絶賛した。

18日は119人、19日は74人

県発表コロナ 兼愛2124人感染

県によると、君津地域では新型コロナウイルスの新規感染者が4市合わせて18日(日)に119人、翌19日(月・祝)に74人確認された。
1週間前の同じ曜日と比べ18日はほぼ同じ(11日・114人)、19日は約半数(12日・143人)に減少した。
各市の新規感染者数内訳は、18日が木更津市33人、君津市43人、富津市12人、袖ケ浦市「31人。
前週の日曜にと比較し、君津市のみ増加した。
全市の増減人数は、木更津市が4人減、君津市19人増、富津市6人減、袖ケ浦市4人減。
19日は木更津市26人、君津市24人、富津市10人、袖ケ浦市14人。
前週の月曜日と比べ全市で約半数に減った。
現承認図は木更津市が32人、君津市21人、富津市9人、袖ケ浦市7人。
千葉県内では18日、6人が死亡、2851人が感染、1件のクラスター(感染者集団)が発生。
19日は4人死亡、2124人感染、クラスターは2件。

地元高校の結果

秋季県高校野球

秋季県高校野球大会が17日日開幕した。
18日以降は台風14号の影響で、一部の試合日程が変更されている。
19日までの地元校の結果は次の通り。
【1回戦】
◎17日
▽木更津総合4-2千葉学芸
▽志学館5-4銚子商
▽柏井10-2君津商(7回コール訴)
◎18日
▽茂原北稜7-2暁星国際
◎19日
▽拓大紅陵10-0流山南(6階コールド)
▽木更津9-8国分(延長12回)

半自動アーク溶接技能

ポリテク君津 受講生を募集中

千葉職業能力開発促進センター君津訓練センター「ポリテクセンター君津」(君津市坂田428)では、業務に必要な技術・技能・知識のレベルアップを図るため、在職者を対象に短期間の職業訓練(能力開発セミナー)を行っている。
現在、10月12日(水)~14日(金)に開講する溶接・熱処理技術分野「半自動アーク溶接技能クリニック(板材溶接編)」の受講生を募集している。
詳細は次の通り。
◎日時=10月12・13・14日(学科1日+実技2日)、午前9時10分~午後4時
◎対象=半自動アーク溶接作業にこれから従事する人、または現在従事している人
◎内容 ▽半自動アーク溶接の知識、溶接条件
▽下向き、立向き、横向き溶接(板材)
▽製品の評価方法(外観試験、曲げ試験)
▽問題点の把握と解決方法
◎持参する物=筆記用具、作業服(長袖)、作業帽(またはヘルメット)、安全靴。(普段使用している工具、保護具の持ち込み可)
◎定員=10人
◎受講料=17500円(税込)
◎申込締切=今月28日(水)
申し込みは必要事項を受講申込書に記入しファックスで。
申込書はポリテクセンター君津のホームページからダウンロードできる。
申し込み及び問い合わせは同所訓練科 TEL0439-57-6313、FAX同57-6386。

アバター

新千葉新聞

投稿者プロフィール

新千葉新聞社
〒292-0067
木更津市中央2-10-3

電話:0438-22-3849(本社)
FAX:0438-25-1684
E-Mail:shinchiba@nifty.com

この著者の最新の記事

関連記事

恋する木更津『一途なのり天』
アイ工務店
株式会社フォレストホーム
かずさアカデミアホール オークラアカデミアパークホテル
公益社団法人 木更津法人会
epm不動産株式会社
宝家
木更津商工会議所
すず陶
木更津市観光協会
株式会社KUROエージェンシー
JCOM木更津
情報提供フォーム
今月のあなたの運勢
木更津市役所
きさらづみらいラボ
きさこんInstagram
きさこんfacebook
アイ工務店
J:COM
SUZUTO
フォレストホーム
宝家
epm不動産
クロエージェンシー

カレンダー

2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

カテゴリ一覧

ページ上部へ戻る