市政振興にと高額寄付 他【新千葉新聞】

新千葉新聞2021年7月4日発行

市政振興にと高額寄付

平井秀幸代表取締役等に感謝の意
木更津市が敬意 共栄運輸(株)を功労表彰

木更津市や6月30日、共栄運輸(株))代表取締役・平井秀幸、木更津市)に、「功労表彰」を行った。
これは今年3月31日に、「市政発展のために役立ててほしい」と2000万円の寄附があったことに伴い、市の表彰規定に則り功労表彰を行い、深く敬意を表したもの。
市役所駅前庁舎8階、市長応接室で行われた表彰式には、共栄運輸(株)から平井秀幸代表取締役、永田恵一郎総務部長が来庁。
木更津市からは渡辺芳邦市長、石井幸子副市長、石井宏典財務部長、清水和也財務部次長、吉原隆史財政課長などが出席して感謝の意を表した。
席上、渡辺市長は、日ごろから様々な形での市政全般にわたり支援協力に感謝するとともに、「寄付金は、貴社の趣旨に添い、市政発展のために有効活用させていただきます」などと御礼の言葉を述べた。

大切な思春期の心と体

助産師の林さんと前田さんを講師に
波岡中学校 思春期健康教室開く

木更津市立波岡中学校(校長・中務公明、生徒数・456人)では、7月1日(木)に、第3学年生徒(4学級156人)を対象として「思春期健康教室(性教育)講演会」を開催した。
同講演会は、「ファミール産院君津」助産師の林泉さんと前田さんを講師として招き、「生命誕生の現場で仕事をされている助産師の講演を聞くことで、『いのち」について考え、自他の声明を尊重し、心身ともに健康である生徒の育成をめざす」ことを目的に開催されたもの。
担当の花園政子養護教諭は、「性についての正しい知識を得ることで、自分の行動に責任を持ち、正しい行動選択を身につける機会にしたい」と語っていた。
林さんは「大切にしたいいのち・こころ・からだ」と題し、命の始まりから生まれるまでの過程を説明する中で、生命誕生の感動について話をした。
また、性感染症の怖さやどのように感染していくかなどを具体的に分かりやすく説明し、「自分で決めて生まれてきたいのち」を大切にできるよう接道して話を締めくくった。
参加した生徒からは、「今までいのちの大切さについて深く考えたことがなかったけれど、今日の林さんのお話しの中で、2~3億分の1の確率で自分自身がお母さんの体から生まれてきたことを知ってびっくりしました。これからは命の大切さについて考えながら、毎日の生活を大切にしていきたいと思います」「講演会の内容がとても分かりやすかったです。しっかりとした正しい知識を身に付けて、善悪の判断、相手のことも大切に考えて生きていくことが大切なのだと感じました」など、多くの感想が寄せられた。

6日以降、格納庫外で

木更津駐屯地 オスプレイ装置点検

木更津市は2日、木更津駐屯地における4機目の米海兵隊MV4-22オスプレイの定期機体整備について、7月6日(火)以降、格納庫外において、各種装置等の点検が行われる-と発表した。
防衛省北関東防衛局(埼玉県)から情報提供があったもの。
市では、7試験飛行の時期については、情報を得られ次第、公表するとしている。

公用車貼付用ステッカー

コカ・コーラボトラーズジャパン(株)が
木更津市に 3種180枚寄贈

木更津市は1日、コカ・コーラボトラーズジャパン株式会社から6月30日に『公用車貼付用ステッカー180枚」が寄贈されたと発表した。
堂ステッカーは、今年3月22日に締結した包括連携協定に基づき、木更津市内の公共施設に設置している自動販売機の売上の一部を活用して作成されたもの。
寄贈されたステッカーのデザインは、「みんなで応援!木更津市はナイジェリア連保共和国のホストタウン!」(60枚)、「オーガニックシティきさらづ 未来につながるまち」(60枚)、「アクアコイン」(60枚)-の3種類。
木更津市は、東京2020オリンピック・パラリンピックの事前キャンプ受け入れを表明しているが、同市での大会に向けた機運醸成を図るとともに、オーガニックなまちづくりの推進やアクアコインの普及促進のため、活用していくとしている。

社会福祉にと

文室安治さん寄付

文室安治さんは、6月22日(火)、木更津市の社会福祉事業に役立ててょしいと、社会福祉法人木更津市社会福祉協議会へ、28956円を寄付した。
木更津市社会福祉協議会では、「有効に使わせていただきます」と、感謝している。

3市で各2の計6人感染

2日県発表コロナ 20代・30代が多い

県によると2日、君津地域では木更津市、君津市、富津市の3市で各2にん、計6人の新型コロナウイルス感染が確認された。
袖ケ浦市は出ていない。
感染経路はア不明が4人、その他が2人。
新規感染者は次の通り。
①職業等②推定感染経路③検査確定日
【木更津市】
▽30代男性①自営業②不明③6月30日
▽20代女性①会社員②不明③7月1日
【君津市】
▽70代男性①会社員②不明③7月1日
▽40代男性①自営業②不明③7月1日
【富津市】
▽20代男性①学生②その他③6月30日
▽30代男性(無症状)①会社員②その他③7月1日
地元4市の同日現在の累計感染者数は、木更津市が694人、君津市が268人、富津市が132人に増え、袖ケ浦市274人は変わらない。
県内では2人の死亡と149人の感染が判明。
3日連続で1日当たりの感染者数が100人を上回った。
同日現在の県内における累計感染者は40591人で、死亡者は708人となっている。

アバター

新千葉新聞

投稿者プロフィール

新千葉新聞社
〒292-0067
木更津市中央2-10-3

電話:0438-22-3849(本社)
FAX:0438-25-1684
E-Mail:shinchiba@nifty.com

この著者の最新の記事

関連記事

SunsetCafe MITATE
かずさアカデミアホール オークラアカデミアパークホテル
木更津市観光協会
公益社団法人 木更津法人会
株式会社フォレストホーム
epm不動産株式会社
宝家
木更津商工会議所
すず陶
株式会社KUROエージェンシー
JCOM木更津
情報提供フォーム
今月のあなたの運勢
今月のあなたの運勢
木更津市役所
きさらづみらいラボ
きさこんfacebook
まくら投げ
J:COM
SUZUTO
フォレストホーム
宝家
epm不動産
クロエージェンシー

カレンダー

2021年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

カテゴリ一覧

ページ上部へ戻る