学びつながる社会教育 他【新千葉新聞】

新千葉新聞2024年1月31日発行

学びつながる社会教育

第58回君津地方社会教育推進大会
東日本製軼所で 功労の14人を表彰

君津地方社会教育委員連絡協議会(会長・田中雪夫袖ケ浦市社会教育委員委員長)主催。
「第58回君津地方社会教育推進大会」が、~学び つながる 社会教育~をテーマに、28日(日)、日本製鉄(株)東日本製鉄所君津地区の本館コミュニケーションホール(木更津市築地)で開催された。
同大会は、誰もが生涯にわたって学ぷことができ、生きがいを持って暮らすことのできる安全で住み良い地域社会の構築等を目指し、君津地方4市の社会教育・生涯学習・学校教育などの関係者が一堂に集い、交流と研鑚を積み、社会教育への一層の理解を深めることを目的に開催されているもの。
式典では、田中会長や来賓の渡辺芳邦木更津市艮などが多くの来場を歓迎し、長年にわたり社会教育推進に尽力した表彰者に敬意を表し、今後の更なる活躍に期待した。
今年度の表彰者は社会教育委員や元公民館運営審議会委・員など14人で、田中会長が表彰状を贈った。
記念講演では、千葉大学教育学部准教授・丹間康仁氏が「動き出そう!これからの時代の社会教育へ~ポストコロナのつながりと学び合いのデザイン~」をテーマに話をし、〈コロナ禍を経て、今、一番困っていることは?>や、〈地域にどんな学びを生み出していきたいか?〉などを共に考え、参加者同士の意見交換も行われた。
表彰者は次の通り。(敬称略)
◎個人の部
▽白石和義=木更津市。木更津市社会教育委員議長
▽勝見介尉=君津市。元君津市社会教育委員副委員長
▽市原朝夫=君津市。元小櫃・上総地区公民館運営審議会副委員長
▽嶋野英男=君津市。元君津市図書館協議会委員
▽竹内義和=富津市。富津市社会教育委員会議委員
▽川名泰=富津市。富津市公民館運営審議会委員長
▽石井ひでみ=富津市。元富津市公民館運営審議会委員
▽木村育子=袖ケ涌市。袖ケ浦市社会教育委員
▽松井恭子=袖ケ浦市。袖ケ浦市社会教育委員
▽成田篤彦=袖ヶ浦市。袖ケ浦市文化財審議会副会長
▽高橋克=袖ケ浦市。袖ケ浦市文化財審議会委員
▽梶原正方=袖ケ浦市。元袖ケ浦市文化財審議会委員
▽早川敦=袖ケ浦市。袖ケ浦市公民館運営審議会委員
▽高橋和子=袖ケ浦市。袖ケ浦市立図書館協議会委員

長年の地域貢献活動称える

「日本製鉄東日本製鉄所社会貢献賞」
四年ぷりの開催 クローバー賞に5団体

また同大会では、第28回目の、クローバー賞「日本製鉄東日本製鉄所社会貢献賞」の贈呈式も行われ、高松利明日本製鉄(株)東日本製鉄所君津地区副所長から、5団体(写真)に表彰状と記念の盾を贈り、長年にわたる地域貢献活動を称えた。
『クローバー賞』は、平成4年(1992)8月、君津地方四市に居住する個人や団体が、利益を目的としない活動を持続的に行いながら、地域社会に広く貞献している人々を顕彰しているもので、これまで27回計99団体が受賞している。
コロナ禍等で中止もあり、今年は4年ぶりの開催。
幸運を呼ぶといわれる4つの葉のクローバーは、君津・木更津・富津・袖ケ浦の4市を表現し、~地域社会に貢献する姿に光を当てたい~との意味を込めて「クローバー賞」と命名されている。
今年の受賞5団体を代表して、北村和則氏(木更津ダンススポーツ)が、「栄えある今受賞は、個々及びグループ全体の喜び。今後もこの受賞を励みに、今日を新たな出発点として精進を続ける」と誓い謝辞を行った。
クローバー賁受賞団体は次の通り。
▽「浜子の歴史と景観を守る会」(代表・花島正信、ほか39人)=地域の文化財や指定樹木の維持管理で地元の文化資源を継承、君津市推薦
▽「図書館友の会きみつ」(代表・入江愛了、ほか69人)=市民の読書活動の発展に貢献、君津市推薦
▽「木更津ダンススポーツ」(代表・北村和則、ほか14人)=公民館での社交ダンスを通して地域活性化活動に貢献、木更津市推薦
▽「おはなしの玉手箱」(代表・平野朋子、ほか10人)=子どもへの読み聞かせサークルの草分けとして、読書活動推進、富津市推薦
▽「神納神楽ばやし保存会」(代表・田中義男、ほか40人)=地域イベント活動等に参加し、伝統芸能の普及活動と次世代への後継者育成活動、袖ケ浦市推薦。

スポーツ推進の功労者等

県委員研究大会 地元5人を表彰など

千葉県スポーツ推進委員連合会主催『第39回千葉県スポーツ推進委員研究大会』が今月21日(日)八千代市民会館で開催された。
同大会は、県下のスポーツ推進委員が一堂に会し、研鑚や交流を深めることを目的に県下持ち回りで開催されている。
席上、10年以上の長きにわたり、スポーツ推進委員として社会体育の普及・振興、市民の健康増進などに寄与した功労者四十八人が顕彰され、前年度をもって退任した委員に永年勤続感謝状が贈られた。
受賞者は次の通り。
【功労者】
▽吉澤隆子(活動歴15年)、藤浪孝(活動歴15年)=以上木更津市
▽鎌田和仁(活動歴14年、富津市)
【永年勤続感謝状】
▽太田友紀(活動歴14年)、笹生忠裕(活動歴12年)=以上富津市
(敬称陷)

琴佐藤負越し

大相撲初場所成績

大相撲初場所(東京・両国国技館)は28日(日)が千秋楽だった。
郷土力士の三段目・琴佐藤(富津市出身、佐渡嶽部屋)は2勝5敗で負け越した。
初場所は3月10日(日)から、エディオンアリーナ大阪で行われる。

新千葉新聞

投稿者プロフィール

新千葉新聞社
〒292-0067
木更津市中央2-10-3

電話:0438-22-3849(本社)
FAX:0438-25-1684
E-Mail:shinchiba@nifty.com

この著者の最新の記事

関連記事

恋する木更津『一途なのり天』
木更津市市民活動支援センター「きさらづみらいラボ」
木更津市金田地域交流センター「きさてらす」
株式会社kakki
安房運輸株式会社
アイ工務店
株式会社フォレストホーム
かずさアカデミアホール オークラアカデミアパークホテル
公益社団法人 木更津法人会
epm不動産株式会社
宝家
BESS木更津
木更津商工会議所
すず陶
木更津市観光協会
株式会社KUROエージェンシー
JCOM木更津
情報提供フォーム
今月のあなたの運勢
木更津市役所
きさこんInstagram
きさこんfacebook
木更津市市民活動支援センター「きさらづみらいラボ」
木更津市金田地域交流センター「きさてらす」
安房運輸株式会社
株式会社kakki
アイ工務店
J:COM
BESS木更津
SUZUTO
フォレストホーム
宝家
epm不動産
クロエージェンシー

カレンダー

2024年1月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

カテゴリ一覧

ページ上部へ戻る