情熱が踊る!木更津が躍る 他【新千葉新聞】

新千葉新聞2023年4月20日発行

情熱が踊る!木更津が躍る

4年ぷりによさこいソーラン演舞
木更津駅東口第2会場 3日に木更津舞尊

よさこい!観にこい!踊りにこい!情熱が踊る!木更津が蹴る!
木更津春の一大イベント、『第21回木更津舞尊かずさYOSAKOI』が、5月3日(水)木更津駅東口商店街地区など2会場で4年ぶりに開催される。
小雨決行。
主催は木更津舞尊実行委員会(会長・玉丸森俊)と木更津東部商店街振興組合(理事長・玉丸森俊)、木更津一番街商店街振興組合(理事長・立川明義)。
今回の木更津舞尊は、審査や総乱舞は実施せず、
▽木更津東部商店街会場(ミズノスポーツ隣駐車場、正午演舞開始予定)
▽木更津一番街商店街会場(拓大紅陵高校バスターミナル前通り、正午演舞開始予定)の2か所で演舞が繰り広げられる。
コロナ禍前なら市外・県外などからも含み、20数チーム、約1000人の踊り子が木更津に集結していた。
オープニングのフラッグパレードは、午前10時30分から東部商店街会場や一番街商店街会場で始まる。
なお来場の際には、マスクを着用し、会場内各所に設置のアルコール消毒液で手指消毒をと、協力を求めている。
大声での発声や歌唱の声援、他のお客様や踊り子に触れる行為は禁止。
声援の代わりに大きな拍手をお願いしますとしている。
また、お客様同士のソーシャルディスタンス確保にも協力をと。
駅前駐車場に限りがあるので、JRの利用を勧めている。

『木更津市民の80年』

郷土博物館金のすず 企画展暮らしの変化

木更津市郷土博物館金のすず(館長・谷畑美帆)では、令和4年度企画展『木更津市民の80年』を5月7日(日)まで閧催している。
企画展期間中は観覧料無料。
開館時間は午前9時~午後5時(入館は午後4時半まで)。
休館日は月曜日。
同展では、この80年、市民の暮らしの変化を考える資料を中心に約150点を展示している。
「経済の発展」では、この80年間に発行された紙幣35点のうち、33点を紹介。
戦後の質も悪く偽造されやすかったA号券から、現在も作られている精巧で偽造されにくいE号券まで並べることで、経済の発展による商額紙幣の発行、少額紙幣の貨幣への変化を紹介している。
「交通の発達」では、木更津市が生まれたのは昭和17年(1942年)だが、昭和19年(1944年)12月の房総西線(今のJR内房線)の時刻表を見ると、両国駅まで2時間程度、今の倍近い時間がかかった。
今回、鉄道の開業以前、汽船の就航にまで遡って、開業時や終戦後の時刻表などを展示している。
「軍都木更津と戦後の混乱」では昭和11年(1936年)、木更津海軍航空隊が発足、昭和16年に飛行機の修理と補給を行う第二海軍航空廠が設置。
「人口の増加と生活の向上」では昭和40年に君津市に八幡製鉄(今の日本製鉄)が操業すると、畑沢・清見台が宅地造成された。

県内528人

18日のコロナ感染

県内で18日(火)、新型コロナウイルスに新たに528人が感染し、1人が死亡したことが発表された。
1日の感染者数が500人を上回るのは2月25日(510人)以来、約2か月ぶりで、前週の火開日から58人増加。
累計感染者数は146万9190人となった。
新規クラスター(感染者集団)は1件判明。
袖ケ浦市内の医療機関で5人が感染した。

県内183人

17日のコロナ感染

また、県内で17日(月)、新型コロナウイルスに新たに183人が感染し、2人が死亡したことが判明した。
感染者数は前週の月曜日と比較し30人増加。
累計感染者数は146万8662人となった。
新規クラスター(感染者集団)は1件確認された。

月曜日が祝日の場合

木更津市内公民館 翌日は開館する

木更津市内の公民館では、これまで、月間日が祝日の場合は、その翌日が休館日だったが、4月1日からは開館する。
変更後の休館日は。
「月曜日」と「国民の祝日」、「年末年始」(12月28日~1月3日)となっている。
問い合わせは木更津市中央公民館(℡0438-25-4581、FAX0438-25-4582)まで。

NHK学園賞に2人入賞

心をつなぐ作品展 国際書画会から入選

令和五年度 NHK学園『心をつなぐ作品展』~書道展・絵手紙展及び絵画展・写仏展~が、5月12日(金)~18日(木)午前9時30分~午後5時30分(入場は5時まで)、東京都美術館(台東区上野公園)で開かれる。
15日(月)は休館日。
このうち第36回書道展(文化庁・東京都、全日本書写書道教育研究会、NHKなど後援)では、同学園で書道を学ぶ幅広い世代の作品が一堂に展示される。
期間内の17日(水)には石飛博光先生の特別講演も行われる。
書道展は一般の部とジュニアの部で審査され、木更津市貝渕の国際書画会=代表・達万馬鈴(川口馬林改め)=から大人6人、子ども2人の計8人が入選。
一般の部では渡辺育子さん(君津市)と木村栞さん(富津市)が「NHK学園賞」に輝いた。
国際書画会の入選者は次の通り。敬称略。

珍しい「シマアジ」が飛来

木更津市長須賀 水田にカモの仲間

木更津市長須賀の水田に珍しい鳥「シマアジ」が飛来しており、
千葉県内外の野鳥愛好家が多数撮影に訪れている。
シマアジは小型のカモ類(カモ科マガモ属)で、コガモとほとんど同じ大きさの鳥。
大きな群れはつくらず、単独か、数羽~十数羽の群れで、基本的に地上と水面で生活する。
ユーラシア大陸の北部や中部で繁殖し、冬はアフリカやインド、フィリピンなどに渡り、冬を
越す。
日本にいるシマアジの数は比較的少なく、春と秋の渡りの時に通過することが多いが、北海道や本州、八丈島、九州など、幅広い地域に飛来することもある。
3月~4月の間と、10月に湖沼や水田などで見られることがある。
産卵期は4月下旬から6月上旬まで。
水辺から少し離れた草地や牧草地に巣を作り、7~12個の卵を産む。
卵は雌によって温められ、22日ほどで孵化する。
ヒナは35~40日で飛べるようになる。
繁殖期のオスの羽は、頭の部分が赤紫褐色で、目の上には白色の長い眉班(ぴはん)・眉状の線が良く目立つ。
この部分がシマアジの「シマ」の由来になっていると言われている。
お腹は白く、背や胸は黒褐色で、背にはいくつかの白と黒の飾り羽(主に求愛行動に使われる変形した羽毛)を持つ。

新千葉新聞

投稿者プロフィール

新千葉新聞社
〒292-0067
木更津市中央2-10-3

電話:0438-22-3849(本社)
FAX:0438-25-1684
E-Mail:shinchiba@nifty.com

この著者の最新の記事

関連記事

恋する木更津『一途なのり天』
クロバー建築株式会社
木更津市市民活動支援センター「きさらづみらいラボ」
木更津市金田地域交流センター「きさてらす」
株式会社kakki
安房運輸株式会社
アイ工務店
株式会社フォレストホーム
かずさアカデミアホール オークラアカデミアパークホテル
公益社団法人 木更津法人会
epm不動産株式会社
宝家
BESS木更津
木更津商工会議所
すず陶
木更津市観光協会
株式会社KUROエージェンシー
JCOM木更津
情報提供フォーム
今月のあなたの運勢
木更津市役所
きさこんInstagram
きさこんfacebook
クロバー建築株式会社
木更津市市民活動支援センター「きさらづみらいラボ」
木更津市金田地域交流センター「きさてらす」
安房運輸株式会社
株式会社kakki
アイ工務店
J:COM
BESS木更津
SUZUTO
フォレストホーム
宝家
epm不動産
クロエージェンシー

カレンダー

2023年4月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

カテゴリ一覧

ページ上部へ戻る