桜でいっぱいにしよう 他【新千葉新聞】

新千葉新聞2021年11月24日発行

桜でいっぱいにしよう

カワヅザクラ5本、BIG&Rの会で
木更津ロータリークラブ 太田山公園で植樹

木更津東ロータリークラブ(会長・渡邉愼司、会員41人)の、社会奉仕委員会(委員長・林考二郎)、青少年奉仕委員会(委員長・小林裕治)による「桜の植樹活動」が21日(日)、太田山公園で実施された。
同活動には、BIG&Rの会(ボーイスカウト2団体、ガールスカウト、インターアクト部、ロータリークラブ)の約60人が参加した。
同事業は、桜の名所太田山公園内の桜の樹木は、近年、老木化傾向にあり、病気(テングス病等)で枯れたり、花も不ぞろいになってきたことを危惧して「木更津市の名所・太田山公園の桜を守ろう!」と、木更津東ロータリークラブが立ち上がった。
同クラブの社会奉仕委員会が中心となって3年前に「太田山公園を桜でいっぱいにしよう」プロジェクトを立ち上げ、実施してきたもので、渡邉基調は挨拶で「この活動も3年目になり15本の桜を植樹することになる。古い枝や幹を除き、桜が元気に育つ環境を取り戻したい」と、多くの参加に感謝した。
小林委員長より活動中の注意事項などの話の後、木更津みち案内人協会の鈴木許之氏から、太田山公園の歴史や自然、桜の広場にある石碑、橘神社等の説明があり、太田山公園への理解を深めた。
植樹の前には、5グループに明かれて太田山公園の清掃を行い、枯葉などをごみ袋に拾い集めた。
植樹作業にはロータリークラブ会員および、ボーイすくと第2団(代表・高橋克典)、ボーイスカウト第3団(代表・酒井秀子)、ガールズスカウト第14団(代表・田中幸子)、木更津総合高校インターアクト部(代表・長島沙也香)のメンバーが参集して、同公園の
山頂に続く進入路の路肩に、約4メートルに成長した7~8年もののカワヅザクラ(河津桜)の苗木5本を植樹した。
渡されたスコップで最後の土をかけた参加者の一人は、「植樹という貴重な体験をさせていただき光栄です。時々はみんなで木の成長を見に来たいです」と笑顔が広がった。
全員で植樹した苗木に個々の名前や樹木名を書いたプレートを括り付け、思いを込めた。
最後に林社会奉仕委員長から「ご苦労様でした。市民の憩いの場である太田山公園を守っていこう」の挨拶があり閉会となった。
この日翌樹した5本のカワヅザクラは、これまでに植えた桜(計10本)と共に、ソメイヨシノより早く来年2月頃には恋ピンクの花を咲かせるとのことで、開花が待たれている。

夜空に生同色に輝いた月

ほぼ皆既月食 木更津でも部分月食

月の一部が地球の影に入って欠けたように見える「部分月食」が19日、国内で観測された。
月食は、太陽‐地球‐月が一直線に並ぶ満月の際に起き、部分月食は、1年間に2~5回、ほとんどの年は3階以下のタイミングでしか起こらない。
国立天文台によると、今回は月の直系の97.8%が地球の影に入るのが特徴。
欠けた部分が真っ暗になるのではなく、皆既月食に似て赤銅色に輝いた月が夜空に浮かんだ。
月の欠け始めは午後4時18分。
月の出の時刻は場所によって異なり、北海道や東北以外は、すでに欠けた状態の月が上がる条件だった。
午後6時2分に月食が最も大きくなった。
次に国内で月食を見られるのは、皆既月食となる来年11月8日。
今回と同様に、ほとんどが影に入る部分月食は、65年後の2086年11月21日まで待たなくてはならにという。
なお、皆既月食の日本での直近は、今年の5月26日、”スーパームーン”の皆既月食だった。

木更津で1人

コロナ県内は3人

県によると、20日(土)、君津地域では木更津市で新たに1人の新型コロナウイルス感染が確認された。
感染者は20歳代の女性で、検査確定は18日。
同氏の累計感染者は1704人に増えた。
20日の件における新規感染者は木更津市の1人を含む3人。
死者の発表はなかった。
翌20日(日)、君津地域4市では新規感染者は確認されなかった。
千葉県内では6人感染が判明。
死者はいない。
県内の累計感染者は100441人となった。

中高年向け再就職支援

木更津市立中央公民館 セミナーに参加を

就職活動で悩んでいる人は是非参加を!
木更津市・君津市・富津市・袖ケ浦市は合同で、千葉県ジョブサポートセンターと連携し「役立つ!中高年向け再就職支援セミナー」を12月1日(水)午前10時から正午まで、木更津市立中央公民館(スパークルシティ木更津6階)で開催する。
料金無料、予約制。
テーマは『就職スキル』。
就職活動をどう進めていいかわからない、就職活動を効果的に進めたい、自己PRの方法を知りたい‐人向けのセミナー。
内容は
▽再就職活動を始めるために
▽仕事の探し方
▽応募書類の書き方
▽面接対策。
対象は概ね40~65歳の人、申し込みは電話で各市の担当部署へ。
申し込み及び問い合わせ先は
▽木更津市産業振興課TEL0438-23-8460
▽君津市経済振興課TEL0439-56-1531
▽富津市商工観光課TEL同80-1287
▽袖ケ浦市商工観光課TEL0438-62-3428
同セミナーは雇用保険受給中の就職活動実績となるため、「雇用保険受給者証」を持っている人は持参をと。
当日はコロナ対策のため、検温、手洗い、マスクの着用を。
※千葉県ジョブサポートセンターは、千葉県と国(ハローワーク)が協力して、再就職に向けた様々な支援をワンストップで行う「総合支援施設」。

アバター

新千葉新聞

投稿者プロフィール

新千葉新聞社
〒292-0067
木更津市中央2-10-3

電話:0438-22-3849(本社)
FAX:0438-25-1684
E-Mail:shinchiba@nifty.com

この著者の最新の記事

関連記事

SunsetCafe MITATE
かずさアカデミアホール オークラアカデミアパークホテル
木更津市観光協会
公益社団法人 木更津法人会
株式会社フォレストホーム
epm不動産株式会社
宝家
木更津商工会議所
すず陶
株式会社KUROエージェンシー
JCOM木更津
情報提供フォーム
今月のあなたの運勢
今月のあなたの運勢
木更津市役所
きさらづみらいラボ
きさこんfacebook
まくら投げ
J:COM
SUZUTO
フォレストホーム
宝家
epm不動産
クロエージェンシー

カレンダー

2021年11月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

カテゴリ一覧

ページ上部へ戻る