20歳の門出を祝う 他【新千葉新聞】

新千葉新聞2022年1月12日発行

20歳の門出を祝う

かずさアカデミアホールで華やぐ式典
木更津市は3回に分け 2年ぶりの成人式

令和4年(2022年)成人の日(1月10日)。
今年の新成人数は全国的には訳122万人と前年から約4万人減少し、過去最少を更新した。
新型コロナに加えて、外国の留学生や就業性が減っていることも影響しているという。
また、千葉県内の新成人は61840人で、前年より1725人減(前年比2.7%減)、直近10年間で最大の減少幅になった。
一方、民法改正で今年4月1日以降は、成人年齢が20歳から18歳に引き上げられるが、件によると、18歳児に式を行うと決めた県内自治体はないという。
今年の成人式は、8~10日、全54市町村の73会場で開催された。
穏やかな晴天に恵まれた9日(日)、君津地域4市の「成人式」が行われ、首長等から《20歳の門出】の祝福を受けるとともに、大人としてのスタートに決意を新たにした。
新型コロナウイルスの影響で昨年は中止された4市成人式だが、今年はどの会場も手指消毒やマスク着用(中には検温も)、間隔をあけた座席など感染防止対策を講じて実施した。
今年の新成人は、平成13年(2001年)4月2日~平成14年4月1日生まれ。
成人式会場は、華やかな振袖や袴、真新しいスーツなど晴れ着姿の新成人の輪で埋め尽くされ、会場のあちこちで「久ぶり!」と再開を喜び合う声が上がった。
木更津市は、コロナ感染拡大防止の「密」を避けるため、午前~午後の3組に分けて、かずさアカデミアホールで実施した。
対象者は1290人(男性678人、女性612人)で、前年比41人減。
このうち、午前10時からの第1組(木二、木三、巌根、鎌足中学校区域及び志学館中等部卒業生)には、302人(対象者397人)、午後零時20分からの第2組(木一、金田、畑沢、清川中学校区域、旧中郷中学校、及び暁星国際中学校卒業生)には333人(同440人)、午後2時40分からの第3組(富来田、太田、岩根西、波岡中学校区域)には283人(同453人)の、計918人(出席率71.2%)が出席した。
式典は、29人野実行委員から、第1組は石井匠さんと菊池琴子さん(共に木二中卒)第2組は東條仁哉さん(木一中卒)と鹿島翔太さん(金田中卒)、第3組は中村彩夏さん(富来田中卒)と保泉日向子さん(太田中卒)の司会で進行。
続いて渡辺芳邦市長が、木更津市出身の東京2020五輪開会式・国家独唱のMISIAさんのラフルドレスで話題のデザイナー・小泉智貴(ともたか)さん(33、清川中出身)と、靴磨きの世界大会でチャンピオンになった長谷川裕也(ゆうや)さん(37、木二中出身)の2人について述べ、「2人のように自分の個性や好きなことを追及してほしい。好きなことなら頑張れると思う。皆さんの挑戦を期待している」と激励し、大人としての第一歩を踏み出したこの日を節目に、自己確立と自覚を持った立派な社会人になるようエールを送った。
今年は市長の他、田中幸子副市長、廣部昌弘教育長、秋元淳教育部長が出席した。
続いて、動画メッセージで、浜田靖一衆議院議員や重城正義市議会議長、木更津市PR大使で氣志團の綾小路翔さんが祝辞を述べ、感謝を忘れず、一人の責任ある人間として社会に貢献できる人に、郷土愛と人間愛にあふれた市民として活躍してほしいと激励した。
それを受け、第1組の佐藤真生香実行委員長(志学館中等部卒)や第2組の栗林東也実行委員長(木一中卒)、第3組の柴田俊介実行委員長(富来田中卒)が、それぞれ、見守ってきてくれた両親や地域の人達などに感謝の気持ちを込めて、「責任ある行動、思いやりのある心で、一人の社会人として希望と情熱、自信と誇りを持って社会に貢献していきたい」と、新成人誓いの言葉を述べた。
また式典第2部は、実行委員会によるアトラクションとして、思い出のビデオショーなどが行われ、各学校ごとに歓声が上がった。

木更津市消防出初式は中止

16日に予定していた コロナ感染防止対策

新春恒例の「令和4年木更津市消防出初式」は、今月16日(日)午前10時から、旧木更津市役所敷地内で行われる予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大防止対策として、消防団員・職員等の安全優先で急遽中止となった。
なお、同式典席上で顕彰される消防団員等の名前は後日掲載する。
木更津市消防本部は11日、消防団員(職員)等に新型コロナウイルスの感染者が出たと発表した。

コロナ地元では3日間で74人

10日県内は256人

県によると、君津地域4市では新型コロナウイルスの新規感染者が、8日(土)、9日(日)、10日(月・祝)の3日間併せて74人確認された。
内訳は8日・23人(袖10、木6、富6、君1)、9日・20人(木9、君8、富2、袖1)、10日・31人(木12、袖8、君7、富4)。
木更津市では10日に12人野感染が判明。
同市で1日の新規感染者が10人を超えるのは昨年9月9日(11人)いらい4か月ぶり。
10日の地域新規感染者総数31人は、昨年9月6日(36人)いらい約4か月ぶりの30人越えとなった。
10日現在の4市の累計感染者数は木更津市が1767人、君津市が817人、富津市424人、袖ケ浦市674人に増えた。
県内の新規感染者は8日が239人、9日252人、10日は256人。
1日の新規感染者が200人を上回るのは3日連続。
3日間とも死者の発表はなかった。

アバター

新千葉新聞

投稿者プロフィール

新千葉新聞社
〒292-0067
木更津市中央2-10-3

電話:0438-22-3849(本社)
FAX:0438-25-1684
E-Mail:shinchiba@nifty.com

この著者の最新の記事

関連記事

恋する木更津『一途なのり天』
かずさアカデミアホール オークラアカデミアパークホテル
木更津市観光協会
公益社団法人 木更津法人会
株式会社フォレストホーム
epm不動産株式会社
宝家
木更津商工会議所
すず陶
株式会社KUROエージェンシー
JCOM木更津
情報提供フォーム
今月のあなたの運勢
木更津市役所
きさらづみらいラボ
きさこんInstagram
きさこんfacebook
まくら投げ
J:COM
SUZUTO
フォレストホーム
宝家
epm不動産
クロエージェンシー

カレンダー

2022年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリ一覧

ページ上部へ戻る