木更津トピック

2016/06/22

「8020」って、なあに??

こんにちは、健康推進課です。

今回は、8020運動にまつわるお話をしたいと思います。

みなさんは「8020(ハチマルニイマル)運動」をご存知でしょうか?

これは、1989年(平成元年)より厚生省(当時)と日本歯科医師会が推進している「80歳になっても20本以上自分の歯を保とう」という運動で、「生涯、自分の歯で食べる楽しみを味わえるように」との願いを込めてこの運動が始まりました。

 歯

この運動を普及させるために、毎年、千葉県では、歯・口の健康啓発標語コンクールが行われており、木更津市も市内の小学校、中学校、一般の方を対象に作品を募り、このコンクールに参加しています。今年も、市内応募総数2813点と多くの方々にご参加いただきました。ありがとうございました。

市内で募った標語は、まず木更津市で審査が行われ、木更津市で1位になった作品が、4市(木更津、君津、富津、袖ヶ浦)審査会に出品されます。この4市の審査会で1位になった作品が千葉県の審査会に進むことができます。

 

今年は6月9日に4市審査会が行われ、小学生の部、中学生の部において、見事木更津市の作品が 1位に選ばれました。

選ばれた作品は、以下になります。

      ★小学生の部★

小学生の部

   波岡小学校 6年 熊谷愛梨さん

 

     ★中学生の部★

中学生の部

   中郷中学校 3年 栗原明透さん

 この作品は、7月7日の千葉県の審査会にて審査が行われる予定です。
お二人の作品が、千葉県の審査会でも入賞できることを期待しましょう。

 この標語コンクールも8020運動の一環ではありますが、みなさんは、ご自身の8020を達成するために何か実践されていますか?

この運動の「20本」という数字は、なんでもおいしく食べられる歯の本数を表しています。

そもそも人間の永久歯は、親知らずを除くと28本生えますが、平成21年度千葉県生活習慣に関するアンケート調査によると、80歳は10本程度しか歯をもっていない、という結果が出ています。

一生涯20本以上の歯を残すためにも、毎日のご自身によるケアと専門家によるケア(歯科健診や歯石除去、歯みがき指導など)が大切です。

いつまでもなんでもおいしく食べられて、元気でいられるようにお口の健康も維持していきましょう。

Blog information

健康推進課市民向け健康情報

市民向け健康情報

健康推進課

市民の皆さまに役立つ健康情報を発信しています。

掲示板はこちら