暮らし

金田地区のみやなぎ

 

毎年7月、金田地区では各町内で「みやなぎ」が行われます。
「みやなぎ」とは境内を清掃し、1年の無病息災、家内安全を祈る行事です。

 町内にはそれぞれ小さなお宮があり、早朝から境内の内外を掃除し、供物を捧げお祈りします。

 

【みやなぎ】

みやなぎ

 

7月12日、東町でも「みやなぎ」が行われました。
東町では若衆が大きな獅子を担ぎ地区内の各戸を回ります。


獅子は漆塗りの立派なもので30kgほどもあり、舞うというわけにはいきませんが、初めて見た子供は泣き出すかも。

 

【若い衆】

若衆

 

子供たちも獅子について家々を回り「おめでとうございます。」とあいさつします。


獅子が訪ねた家では孫のような子供たちの顔を見て「○○ちゃん大きくなったね。」と楽しそうに出迎えます。
挨拶が終わるとご祝儀がもらえます。

 

【あいさつ】

あいさつ

 

町内を回り終えると子供たちはお捻りをもらい、若衆は酒盛りとなります。

 

【子どもたち】

子供たち

 

 


高齢者、若者、子供たち、みんなが参加するイベントです。
「地域で子供を育てる」というのはこういうことなのかな...。

 

Blog information

極楽卵の木更津金田歳時記

金田歳時記

極楽卵

美味しい野菜と卵を作るのが生き甲斐の金田に住むオヤジ。

掲示板はこちら