暮らし

新千葉新聞9月8・10日掲載

9月8日掲載

救急救命法に挑戦!

2019-9-8-01

木更津市消防署の講師とAED操作  金田中学校3年生 心肺蘇生法等学ぶ

木更津市立金田中学校(西克夫校長)では4日(水)、3年生が保健体育科の授業で心肺蘇生法を学んだ。
木更津市消防署から2人の講師が来校し、救急救命処置について説明。
傷病者が目の前で倒れたとの想定で、実際にトレーニング用のマネキンを使って、両手で胸を押す胸骨圧迫から、気道確保したうえで人工呼吸をし、さらにAED(自動体外式除細動器)を使って応急手当てをする手順について指導した。
また、実習として生徒一人一人がマネキンを相手に、胸骨圧迫とAEDを操作しながら実際に応急手当を行った。
始めは、戸惑いながらやっていた生徒達が、回数を重ねるうちに、スムーズに行えるようになっていた。
授業を終えて、生徒の金網さんは「いざ自分が、倒れている人がいるその場に出くわした時に 正しい対処ができるのか不安ですが、今日学んだことを思い出して、しっかり対応したいと思います。まずは、自分の安全を確認した上で、周りの状況を判断して落ち着いて行動することが大切であるということを 忘れないようにしたいと思います」、鈴木さんは「普段、心肺蘇生をする機会がないので、今回の体験はとても勉強になりました。人が倒れているのを蘇生するかしないかで、死亡率が倍以上変わっていくというのが印象に残りました」、本多さんは「胸骨圧迫は自分が思ったよりも、強い力で押さなけれないけないことがわかり勉強になりました。心肺蘇生法をやるとやらないで、あんなに死亡率が高くなるとは思いませんでした」、田邊さんは「胸骨圧迫を実践してみて、とても難しいと思いました。でも、一人でも多くの人の命を救えるなら、やらなければいけないので、いつもできるように今日学んだことを忘れないようにしたいです」などと感想を述べた。
(写真は生徒が実際に応急手当をする様子)

 

盛大な港まつり願って

2019-9-8-02

木更津港まつり 寄付の企業・団体⑧

事務局が発表した「木更津港まつり」への協力企業・団体等続きは次の通り。
▷8班=木更津商事、関東自動車工業、木更津・君津地区ハイタク運営協議会、木更津合同タクシー、ティーファームジャパン、木更津珠算連盟、アクサ生命保険、君津労働基準協会、水野スポーツ、アルフレッサ、勢州屋、山九東日本サービス、美容組合、千鉱エンジニアリング袖ヶ浦営業所、リノ、泉陽興業、袖ケ浦自動車教習所、アオキ、税理士法人大隅会計事務所、マイスタートモ
▷3班=kiyomidai Cafe、木更津ひな会、市川歯科医院、小関耳鼻咽喉科医院、アクアラインゴルフクラブ、ザ・カントリー・クラブ・ジャパン、南総電機
▷5班=竹内商店
▷6班=木更津市役所次長会、木更津市役所課長会、フォアーサイト、親和商店、社会福祉法人千葉育美会、元祖玉屋、立石煙火製造所、福山花火工場、木更津南清苑


木更津杯めざし

ソフトテニス選手権

第62回木更津杯ソフトテニス選手権大会(一般・シニアの部)」が、きょう8日(日)午前9時から、木更津潮浜公園庭球場で開かれる。
市長・教育長等も出席する予定。

 

9月10日掲載

創立80周年を祝う集い

2019-9-10-02

木更津社会館保育園 新館創設記念式典

社会福祉法人木更津大正会(宮﨑栄樹理事長)創立105周年記念、木更津社会館保育園創立80周年記念事業・木更津社会館保育園新館創設記念式典が8日、木更津市富士見の同園で開催された。
同法人の諸活動は、大正時代以来105年の歴史を積み重ね、同保育園も今年創立80年を迎えている。
新築された新保育所(写真)は、保育所定員を20人増員するため、平成30年度国庫補助金52,486,000円と、30年度木更津市補助金6,560,000円などを活用し、総工費128,489,619円で建設された。
木造2階建て、建築面積154.97平方メートル、延べ床面積242.38平方メートル。
U建築設計事務所(江尻敏雄所長)の設計、谷口工務店(谷口彰嗣社長)による結露が出来ない世界最先端のセルロースファイバーによるZ工法で建設された。
新園舎は耐用年数100年以上といわれ、園舎内には木の香りに包まれ深呼吸したくなる空間が広がっている。
式典には、渡辺芳邦市長、圓藤弘典千葉県保育協議会会長、井上悟こどもの友社社長、長年にわたり子どもたちの活動を撮り続け、
写真集などにまとめている写真家の岡本央氏・島田聡氏、近隣の保育園関係者、地元の支援者など150人ほどが出席して慶事を祝った。
木更津社会館保育園は、2007年(平成19年)10月28日、同園の取り組み『里山保育』がNHKなどで放映されたことをきっかけに、全国ブランド『里山保育の木更津社会館保育園』として周知され、各地からの視察も多い。
宮﨑理事長は式辞で、『里山保育』を中心に長年にわたる様々な活動を収めた書籍や写真集などを紹介し、「これからも自分で考え行動できる人間をつくっていく」と挨拶、揺るぎない保育の原点を更に極め、次の90周年に向けた新たな一歩を踏み出した。
来賓各氏も、子ども一人一人、それぞれの人格を尊び、多くの素晴らしい人材を輩出している同園の保育方針と80年の歴史に敬意を表し、今後、益々の発展を願い祝辞を述べた。
式典席上で宮﨑理事長から、様々な工夫が凝らされた新館の設計や建築法の紹介も行われ、U建築設計事務所と谷口工務店に感謝状が贈呈された。
(写真上は、今年8月に発行された本を持って宮﨑理事長)

 

東部方面音楽隊コンサート

2019-9-10-03

木更津市・市教委 応募をハガキで受付

木更津市及び同市教育委員会主催、芸術文化に親しむまちづくり振興事業「陸上自衛隊東部方面音楽隊コンサート」が、今月28日(土)午前2時(開場1時30分)から木更津市民会館中ホールで開催される。
入場無料。全席自由。応募は往復ハガキで。
締め切りは14日(土、当日消印有効)。
応募者多数の場合は抽選。
ハガキ1枚につき2人まで受け付け、応募は1人1回まで。
往復ハガキの記入事項は次の通り。
▷往信裏面
①郵便番号 ②住所 ③代表者氏名 ④電話番号 ⑤申し込み人数(2人まで。車椅子席を利用する場合は利用人数も併記)
▷往信表面
=〒292-8501 木更津市役所朝日庁舎 「文化課自衛隊コンサート」係
▷返信表面
=住所、代表者氏名
▷返信裏面
=何も記入しない。
問い合わせは教育部文化課へ TEL0438-23-5309。
(写真は陸上自衛隊東部方面音楽隊)

 

小学生のかけっこ教室

2019-9-10-04

江川総合運動場 プチ記録会も募集

江川総合運動場陸上競技場(指定管理者㈱オーエンス)では、小学生を対象にした「かけっこ教室」及び「プチ記録会(短距離走)」を、10月14日(月・祝)に実施する。雨天中止。
それに伴い、現在、両イベントの参加申し込みをメールで受け付けている。
「かけっこ教室」は先着順。
1~3年生は午前10時~11時10分、先着30人、参加費200円。
4~6年生が午前10時~11時30分、先着30人、参加費200円。
講師は鈴木博氏(日本製鉄㈱君津製鉄所陸上部)。
持ち物は飲み物・タオル・運動しやすい服装・運動靴(スパイク不可)。
メールには名前・学年・連絡先を記載。
「プチ記録会」は「かけっこ教室」終了後に行う。
当日参加もできる。
50メートルと100メートルの2種目。
受付は午前11時30分~正午。
正午から競技開始。
参加費は「かけっこ教室」参加者200円(1種目)、「プチ記録会」のみの参加者(大人も大歓迎)300円(1種目)。
陸上用スパイク(9ミリ以下)に限り使用可。
メールに名前・学年(年齢)・連絡先記載。
申込先メールアドレスはegawa.track_and_field@outlook.jp

 


 

新千葉新聞社


〒292-0067
木更津市中央2-10-3

電話:0438-22-3849(本社)
FAX:0438-25-1684
E-Mail:shinchiba@nifty.com

Blog information

木更津暮らしの情報サイトをもっと知ってもらいたい

木更津市内の情報

KISACON

きさこんスタッフが木更津に来る人、木更津に住んでる人に向けて発信します。

掲示板はこちら