暮らし

新千葉新聞9月29・30日掲載

9月29日掲載

来年度の行財政運営について

2018-9-29-01

木更津市議会「羅針盤」市長に要望書提出

木更津市議会の会派「羅針盤」の平野卓義幹事長、石井徳亮・草刈慎祐・永原利浩・近藤忍・齋藤高根議員6人は、27日午後、駅前庁舎市長応接室で、渡辺芳邦市長に「平成31年度行財政運営要望書」を提出した。
木更津市では渡辺市長、田中幸子副市長、髙澤茂夫教育長も同席して話を聞いた。
要望項目は8項目。
①財政健全化(大胆な行政改革を進め、行政サービスを維持しながらの歳出の削減の推進)
②交通インフラの有効活用(東京五輪を前提とした木更津飛行場の官民共同利用の研究ほか)
③江川総合運動場の早期整備、活用(東京五輪・キャンプ誘致の早期実現)
④新しい交通システムの早期実現化(移動困難地域への自治会バスなど新しい交通システムの実現)
⑤福祉施策の更なる推進(待機児童の解消及び高齢者福祉施策の充実)
⑥木更津市子育て世代包括支援センター「きさらづネウボラ」の充実(子育て世代の支援の充実)
⑦道路整備(南部地域都市計画道路中野畑沢線などの早期開通及び着手ほか)
⑧土地利用計画の見直し(農業振興地域整備計画等の緩和を千葉県に要望)
同要望書を受け取り、渡辺市長は「どれもすぐ手を付けなければいけないものばかり。内容を十分把握させていただきます」などと挨拶した。
(写真は平野代表から渡辺市長に要望書を渡す)

 


電子地域通貨アクアコイン

2018-9-29-02

木更津市域で実施 10月1日から運用開始

君津信用組合(理事長・宮澤義夫、本店・木更津市)と、木更津市(市長・渡辺芳邦)及び木更津商工会議所(会頭・鈴木克己)は、10月1日(月)から、木更津市域において「電子地域通貨アクアコイン」の運用を開始するとともに、同日よりスタートアップキャンペーンを実施する。
これは「金融機関・市・商工会議所」オール木更津で取組む全国初のプロジェクト!!
アクアコインは、先の3者で締結した「電子地域通貨の導入及び普及促進事業に関する協定(平成30年2月28日)」に基づき、木更津市域におけるキャッシュレス環境の整備や地域経済及びコミュニティの活性化を図るため導入するもの。
アクアコインは、木更津市内で利用可能な地域通貨で、スマートフォンのアプリ上で利用できる電子通貨。
利用者は加盟店に設置された二次元コードを読み取ることで手軽に決済できる。
加盟店側は、二次元コードの設置のみで導入が可能なため、初期導入費用の負担が少なく、現金の管理や取扱の手間が省ける便利な通貨。
利用者はスマートフォンの専用アプリ(無料)をダウンロードしてアクアコインをチャージした上で、加盟店に設置してあるQRコードを読み取ると、利用代金の決済がキャッシュレスで電子的に行われる。
利用可能店舗は今月20日現在で同市内の315店舗(年度内500店舗を目指す)。
チャージ(上限10万円)可能場所は君津信用組合本支店窓口、市観光案内所とイオンタウン木更津朝日に10月中旬、自動チャージ機設置。

 


心にごちそうを。ゆたかなる精神の旅

2018-9-29-03

創価学会アカデミアで 世界の書籍展開く

心にごちそうを。
ゆたかなる精神の旅「世界の書籍展」が、14日(木)~10月8日(月・祝日)、午前10時~午後8時まで、かずさアカデミアホール2階202会議室で開かれる。
ただし初日は、午前10時からオープニングセレモニーのため、開場は正午から。
創価学会「世界の書籍展」木更津展実行委員会主催、印刷博物館、(公財)紙の博物館、千葉日報社、チバテレ、bayfm78、かずさFM83.4など後援。
同展には個人の収集家や団体等から創価学会本部に寄託されている数多くの書籍の中から選りすぐりの200点以上を一堂に展示する。
特に、故今井田勲氏(元雑誌、装苑・ミセスの編集長)の珠玉のコレクション「世界の豆本」には、コーラン、フランスの教科書、共産党宣言、0.75ミリ角の極小本、シェイクスピア全集、ルネサンス期の作品など約100冊が公開される。
このほか、世界に衝撃を与えた、超大判博物図譜『アメリカの鳥』(オーデュボン作の特別復刻版)も出品されるほか「世界最大の鳥類図鑑」や「名場面のジオラマ模型」が特別展示される。
入場無料、多くの来場を歓迎している。
(写真は、アメリカ独立の魂となったトマス・ペイン著『コモン・センス』初版本の載ったポスター)

 


新しい観光の提案を

2018-9-29-04

木更津を外から見た学生の目で踏査  千葉大学デザインサーベイ きょう成果報告会

木更津を外から見た学生の目で新しい観光の提案を行う、千葉大学『デザインサーベイ2018』成果報告会が、きょう29日(土)午後1時から4時30分まで、木更津市立中央公民館多目的室(アクア木更津B館3階)で行われる。
千葉大学大学院工学研究科デザイン文化計画研究室主催、木更津市及び観光協会協力。
「デザインサーベイ」とは、「野に出て生活を学ぶ」ことをいう。
これは通常、大学という閉ざされた環境において学習・研究を行う者が、「デザイン」が実践される現場に身を置き、地域社会が育んできた豊かな生活文化を直接的・体感的に学ぶ貴重な機会となっている。
千葉大学の「デザインサーベイ」に木更津市は平成27年より協力。
今年は、工学部デザイン学科の学部生・大学院生・教員計26人が地域デザインの演習授業として、また木更津市観光協会及び市観光振興課と共に行っている観光創造プロジェクトの一環として、4つのテーマ
 ①食と農と漁の文化 アグリツーリズムの提案
 ②古民家・空き家を活用したオーガニックリズムの提案
 ③自然素材(薬や竹など)を活用したものづくり体験ツーリズムの提案
 ④馬来田地区サイクリング・お散歩マップ製作
-毎に各班を設定、それぞれの班が各テーマのもとで地域の生活を体感し、地域文化の再発見・再認識をしながら観光創造に向けたデザイン提案へと繋げて行った。
これら学生グループは今月24日~26日に木更津市内で踏査を実施。
「木更津市における観光創造」に取り組む中で、上総地域にはどのような魅力が眠っているのか、またそれらをどのように地域の中で活かしていくのかについて、実際の地域に足を運びながら各々が体全体で感じ考えた。
今回の報告会では、この地域調査を基に、木更津市における地域資源の再発見・再認識に基づく観光創造提案を行う。
各グループの発表は午後1時から3時まで2時間行われ、その後、3時15分から4時30分まで、学生と地域の人々との意見交流の場として懇親会が開かれる。
気軽に参加をと、多くの来場を歓迎している。

 

 

 

9月30日掲載

江川運動場の工事契約

2018-9-30-01

鳥居崎海浜公園に民間集客施設誘致へ測量  木更津市議会9月定例会 全案可決し閉会

木更津市議会9月定例会は27日、最終本会議を開き、上程の19議案と追加議案1件、発議案2件等を全案原案通り、可決・認定・同意・承認して、29日間にわたる日程を終え閉会した。
可決案件では、鳥居崎海浜公園に民間集客施設を誘致するための測量業務委託費を含む、歳入歳出それぞれ1億3163万9千円を追加し、総額を443億4649万2千円とする平成30年度一般会計補正予算のほか、木更津市教育委員会委員に豊田雅之氏(58、畑沢)の新任に同意、同市公平委員会委員に白石哲也氏(64、大和)の再任、同市固定資産評価審査委員会委員に藤岡雅光氏(49、請西南)の新任に同意した。
7日に提出された議案の工事請負契約では、「江川総合運動場拡張整備事業(陸上競技場)トラック等舗装工事」を、長谷川体育施設㈱千葉営業所(所長・金子和裕、千葉市)と2億266万2千円(消費税含む)の契約金額で締結(制限付一般競争入札)。
工期は平成31年5月末限。
また、製造請負契約の締結では、「40メートル級はしご付消防自動車」の製造請負(指名競争入札)で、㈱モリタ東京営業部(部長・山北忠司、東京都)と2億2千248万円(消費税含む)で契約。
はしご車は40メートル直進式5連、伸縮水路付き、リフター付き、乗車定員6人。
追加議案は「木更津市金田地域交流センターの設置及び管理に関する条例の一部改正」で可決された。
請願の「精神障害者も千葉県重度心身障害者医療費助成制度の対象とする意見書の千葉県への提出を求める」は採択され、議員発議案として可決、千葉県へ提出される。
また議員発議案の「ゴルフ場利用税の堅持を求める意見書」(ゴルフ場所在市にとって重要な財源)も可決され、衆・参議院両議長・内閣総理大臣・財務大臣など関係大臣へ意見書を提出する。
陳情の「臓器移植の環境整備を求める意見書の採択を求める」は不採択となった。

 


三国選手が準優勝

2018-9-30-02
県高校新人水泳 女子200メートル平泳ぎで

県高校新人水泳大会がこのほど県国際総合水泳場(習志野市)で開催された。
男女各15種目が行われ、地元勢では三国選手(拓大紅陵)が女子200メートル平泳ぎで準優勝、100メートル平泳ぎで3位に入るなど、男女合わせて8種目(男5、女3)に入賞した。
入賞者は次の通り。

【男子】
▷50メートル自由柄    ⑧島田(木更津高専)
▷200メートル背泳ぎ   ⑦田阪(木更津高専)
▷200メートル平泳ぎ   ⑧佐藤(拓大紅陵)
▷100メートルバタフライ ⑥浅野(拓大紅陵)
▷200メートルバタフライ ④浅野(拓大紅陵)

【女子】
▷100メートル平泳ぎ   ③三国(拓大紅陵)
▷200メートル平泳ぎ   ②三国(拓大紅陵)
▷200メートルバタフライ ⑦村田(木更津)

 


油彩や水彩、版画など

2018-9-30-03

アクア木更津B館 木更津美術協会展

「第71回木更津美術協会展2018」が10月2日(火)~同6日(土)、木更津市立中央公民館多目的ホール(アクア木更津B館3階)で開かれる。
木更津美術協会(会長・豊藏愛子)主催、木更津市教育委員会、同市文化協会後援。
時間は午前9時30分~午後5時30分(最終日は午後4時迄)。
展示内容は日本画・油彩・水彩・アクリル・パステル・版画。
入場無料。多くの来場を歓迎している。
問い合わせは豊藏会長(TEL 0438-41-4452)

 

 

木総合8強入

2018-9-30-04

秋季県高校野球

秋季県高校野球大会は4日目の29日、ゼットエーボールパークなど3会場で3回戦8試合が行われた。
地元からは木更津総合と暁星国際が進出。
このうち、袖ケ浦市営球場で行われた第一試合では、木更津総合が5-0で千葉商大付を降し、準々決勝進出(8強入り)を決めた。
木更津総合の根本選手(2年・投手)は、投げては完封、打っては本塁打と、投打に大活躍した。
木更津総合は、準々決勝の第一試合で、中央学院と対戦する。

 


 

新千葉新聞社

〒292-0067
木更津市中央2-10-3

電話:0438-22-3849(本社)
FAX:0438-25-1684
E-Mail:shinchiba@nifty.com

Blog information

木更津暮らしの情報サイトをもっと知ってもらいたい

木更津市内の情報

KISACON

きさこんスタッフが木更津に来る人、木更津に住んでる人に向けて発信します。

掲示板はこちら