暮らし

新千葉新聞9月25~26日掲載

9月25日掲載

ブルーシートの張り方

2019-9-25-01

木更津市災害ボランティアセンター 講師招き講習会

木更津市災害ボランティアセンター(木更津市社会福祉協議会内)ではこのほど、安全に長持ちする『ブルーシートの張り方』講習会を実施した。
今回の台風15号(9日)の影響で最も多かった被害が、住宅の屋根瓦が飛んでしまったことだった。
消防や自衛隊も普及作業を実施しているが、まだまだ追いつかない状態。
このため、住民同士の助け合いで実践できる「ブルーシートの張り方講習会」を企画、実施したもの。
講師には、災害ボランティア団体《愛・知・人》代表理事の赤池博美さんを迎え、一般市民を対象に木更津市民総合福祉会館で行った。
参加した市民は、壊れた屋根を覆うブルーシートの扱い方などを熱心に学んでいた。(写真)
今後の講習会など問い合わせは同ボランティアセンター(TEL 0438-25-2089)へ。

 

99歳以上者に市の祝い金

2019-9-25-02

木更津市敬老事業 100歳到達者は国から

木更津市の令和元年度敬老事業「100歳高齢者市長訪問」がこのほど実施され(希望者のみ一人、当社などの同行取材不可)、渡辺芳邦市長などが訪問して長寿を祝った。
今年9月1日現在の99歳以上者で1年以上木更津市に住所を有する人は97人(昨年度より6人増、男9人、女88人)で、木更津市から敬老祝い金1万円と記念品が贈られた。
また今年度中の100歳到達者は27人(昨年より7人減、男3人、女24人)で、内閣総理大臣からの祝い状と記念品(銀杯)も贈られた。
木更津市の最高齢者108歳の女性、男性の最高齢者は102歳。

 

高校野球結果

2019-9-25-03

3回戦は28日

第72回秋季県高校野球大会(県高野連主催)が21日に開幕し、6球場で1回戦16試合などが行われた。
3回戦は28日に実施される。
準決勝は10月6日(日)。
優勝、準優勝の2チームは、10月19日から群馬県で開かれる秋季高校野球関東大会に出場する。
地元関係の1、2回戦結果は次の通り。
木更津総合は2回戦で、千葉明徳を延長11回、7-6で降し、3回戦に進んだ。
◎1回戦
▷木更津総合 8-3 袖ヶ浦、▷志学館 6-1 千葉敬愛、▷拓大紅陵 2-0 千葉商、▷稲毛 6-4 翔凛、▷流通経大柏 11-1 木更津(5回コールド)
◎2回戦
▷志学館 9-2 稲毛(7回コールド)、▷拓大紅陵 4-2 明聖、▷木更津総合 7-6 千葉明徳(延長11回)

 

 

9月26日掲載

若人よ世界へ羽ばたけ

2019-9-26-01

君津地方中学校英語コンテスト実施  4市の35校 暗唱とスピーチ競う

君津地方教育研究会英語部会(北見文雄部会長・南子安小校長)主催、「第49回君津地方中学校英語コンテスト」が、今月19日(木)、君津教育会館(木更津市)で開かれた。
君津地方4市教育委員会、同教育委員会連絡協議会、ロータリークラブ(木更津・木更津東・君津・富津中央)、ライオンズクラブ(木更津中央・袖ケ浦)後援。
同コンテストは、日常の授業における表現力育成の成果発表、国際化社会に必要とされるコミュニケーション能力育成の場、地域に中学校英語教育の成果発表などを目的に例年実施されており、各部門の優勝者は10月9日(水)千葉県文化会館で開催される「県大会」に出場する。
今年度の参加者は、君津地方4市の公私立35校の代表168人。
「暗唱部門」は、1年生が1人~2人で対話可、2分以内。
2~3年は1人で3分以内。
「スピーチ部門」は、英語による自分の考え経験を聴衆にいかに表現し、説得して理解してもらうかをはかるもので、英語力40%、内容40%、話し方20%で審査された。
審査員は清和大学、木更津・君津・君津商業・安房・市原望洋・木更津総合高校の英語科教諭など10人。
閉会式で北見部会長は、「今回のような緊張感ある発表などはこれからの人生・成長のために良い経験となるはずであり、これから世界の人々とつながる第一歩でもある」などと今後の成長に期待し、各校のALTなどの指導者・保護者などに感謝した。
成績は紙面の通り。
(写真は各部門の1位入賞者)

 

豪華客船が木更津港に

2019-9-26-02

市や観光協会歓迎セレモニー 入港記念イベント

豪華客船「ぱしふぃっくびいなす」(6594トン)が、今月20日(金)午後2時30分、木更津港公共ふ頭H岸壁に入港した。
午後5時出港までの約2時間半にわたり、木更津市や一般社団法人木更津市観光協会などによる「入港記念イベント」が開催され、乗船客や同客船を「おもてなし」しようと、市民などで賑わった。
歓迎セレモニーには、渡辺芳邦市長なども駆けつけたほか、これに先駆け、チーバくんや君津地域4市のマスコットキャラクターなどの歓迎撮影会、木更津総合高校吹奏楽部や和太鼓部による演奏、市民団体によるよさこいソーラン踊り、木更津市名産品・ブルーベリーの販売など多くの店舗も出店して乗客を歓迎した。
また同会場には、先の台風15号で被災した人々を励まそうと『激励パネル・がんばろう!千葉』が設置され、多くの人々が激励の言葉やイラストなどを書き記していた。
同客船の木更津港入港は3年連続で、今回は『秋の東北・三陸クルーズ』3泊4日の旅。
木更津港から約150人が乗船した。
また木更津市観光協会が募集している「木更津港クルーズファンクラブ」には、現在216人が加入。
今後も500人をめざし募集中。

 

秋の交通安全フェスタ

2019-9-26-03

30日は『交通事故死ゼロを目指す日』  木更津警察署 一日署長に石村さん

令和元年秋の全国交通安全運動に因み、木更津警察署(木川良徳署長)主催「秋の交通安全フェスタ」が21日(土)午後1時30分から、イオンモール木更津1階、センターアトリウムで開かれた。
式典には、木川署長、田丸幸男木更津交通安全協会会長、伊藤由夫木更津地区安全運転管理者協議会会長など関係者多数が出席。
席上、かずさFM㈱石村比呂美社長を「一日警察長」に委嘱して、同運動のスローガン『身につける 夜道のお守り 反射材』の順守を呼び掛けた。
同会場では、
▷白バイの展示・試乗、
▷子ども警察官制服貸し出し記念撮影会
▷飲酒ゴーグルを装着してキャッチボールを行い、酔いの状態体験
▷チーバくんとの記念撮影、
▷各種啓発グッズ(300部)の配布も行われた。
木更津署管内では今年、既に6人が交通事故で死亡しており、これは県下ワースト1位で、現在も継続中。
特に同運動の最終日9月30日は『交通事故死ゼロを目指す日』。
木更津署では、この運動を通して交通安全の徹底を図って行きたいとし、関係機関の協力を得て広く住民に周知を図っている。
(写真右は一日警察署長の石村比呂美社長、左は木川良徳署長)

 

長持ちする張り方講習会

2019-9-26-04

木更津市災害ボランティアセンター ブルーシート扱い

千葉県は24日午後6時50分頃までに、台風15号(9日発生)による千葉県内の停電が、「0」になったと発表した。
停電になっている所があれば、東京電力カスタマーセンター(TEL 0120-995-007)へ知らせてほしいとしている。
台風の被害に対し、木更津市災害ボランティアセンター(木更津市福祉協議会)では、屋根等を覆うため、「安全に長持ちするブルーシートの張り方」講習会を、きょう26日(木)と27日(金)の2日間、木更津市民総合福祉会館1階市民ホールで開催する。
講師は災害ボランティア団体【愛・知・人】の代表、赤池博美氏。
26日は午前10時~正午まで、対象は大工・電気工事・とび職・庭師など高所作業に従事する人(木更津市内在住・在勤)。
27日は午後7時~同9時まで。対象は木更津市民(消防団員など大歓迎)。
定員は100人(当日の先着順)。
問い合わせは同ボランティアセンターTEL 0438-25-2089。

 

音楽を通して繋がれる

2019-9-26-05

かずさ音楽療法研究会 スマイルフェスティバル

-100年時代を生きる-「第2回 みんなで!~スマイルフェスティバル~」が、来る28日(土)午後1時(午後0時30分開場)から、君津市民文化ホール中ホールで開かれる。入場無料。
かずさ音楽療法研究会(代表・佐々木次郎)主催、木更津市、同市教委、同市社福協、君津市、同市教委、同市社福協、富津市教委、同市社福協、君津市民文化ホール後援。
1年に1度、表現する喜びが感じられる場所、表現している人の演奏を応援する場所、音楽を通して繋がれる場所として、乳幼児から100歳を超える人まで障害の有無を問わず歌ったり踊ったりして楽しむことのできる、参加型の音楽会。
学童クラブや特別支援学校の母の会、中学校吹奏楽部など約20の団体(個人)が出演する。
開会セレモニーには高橋愉紀(たかはし ゆき)さんが特別出演。
高橋さんは桐朋学園大学音楽科及びウイーン国立音楽大学卒業。
イタリア・ヴィオッティ国際ピアノコンクール特別賞受賞や西ドイツ、オーストリア、日本でリサイタルを開くなど国内外で活躍。
著書に『素顔のウイーン』がある。
主な出場団体(個人)は次の通り。
▷ハッピーテラス木更津教室、衹園小なかよし学童クラブ、BJ劇団、デイサービスめぐみの家、デイサービスオレンジ、八幡台カラオケ、君津特別支援学校・母の会タイガー、西林明美、笹野大樹、長尾彰久、山岡由佳、八重原太鼓、八重原中学校吹奏楽部、スクラップ、ジャス・イ・ラティーナ、ママさんシーガル、町田ファミリー、一粒舎。
問い合わせは、実行委員長・長嶋寿代さん(日本音楽療法学会認定音楽療法士)へ
TEL 090-5390-2662。

 


 

新千葉新聞社


〒292-0067
木更津市中央2-10-3

電話:0438-22-3849(本社)
FAX:0438-25-1684
E-Mail:shinchiba@nifty.com

Blog information

木更津暮らしの情報サイトをもっと知ってもらいたい

木更津市内の情報

KISACON

きさこんスタッフが木更津に来る人、木更津に住んでる人に向けて発信します。

掲示板はこちら