暮らし

新千葉新聞9月21日掲載

9月21日掲載

市営住宅を無償貸し出し

2019-9-21-01

木更津市で一時的に 申し込みを受け付け中

木更津市では、令和元年台風15号により自宅が損壊し、居住することが困難で、自ら住宅を確保できない市民に対し、一時的に市営住宅を無償で貸し出しする。
対象世帯は、木更津市在住(9月8日現在で同市内被災住宅に住んでいた人)で、り災証明書の発行を受けた人(後日の提出でもよい)。
入居可能期間は9月26日(木)以降、入居した日から3か月間(最長6か月まで延長可能)。
貸し出し住宅は、
▷江川団地(江川1384)の2戸、と
▷東清団地(日の出町100)の2戸。
(住戸の希望はできない)
附属設備は照明器具、給湯器(浴室シャワー、台所)、ガスコンロ。
間取りは2DK(住宅内に階段あり)。
江川団地は汲み取り式和式便所、東清団地は水洗和式便所。駐車場はない。
申込期間は、9月25日(水)までの午前8時30分から午後5時15分まで、(9月25日は午後5時まで)。
応募多数の場合は抽選となる。
9月21日(土)、22日(日)、23日(月、祝)も受け付ける。
申込方法は、入居申し込み書・り災証明書を木更津市役所朝日庁舎・住宅課まで直接提出するか、電話で申し込む。
(り災証明書の発行が住んでいない人は後日提出可能)。
電話での申し込みの場合は入居決定後に必要書類を提出をする。
また、書類提出の際は住所等がわかる本人確認書類を提示する。
その他、ペット飼育禁止など、市営住宅内のルールを順守すること。
今回、市営住宅に入居した人は、今後仮に災害救助法に基づく応急仮設住宅が供与されることとなった場合でも、供与の対象とならない。
使用料以外の費用(入退去に関わる引っ越し費用、光熱水費等)は自己負担となる。
問い合わせは市住宅課TEL23-8598、山口・平野さんへ。

 

自衛隊が無料入浴施設

2019-9-21-02

洗濯機も併せて 富岡小跡地に設置

木更津市において、今月18日(水)より陸上自衛隊第7後方支援連隊(北海道東千歳)の協力により、台風15号により被災した人に対し、無料の入浴施設と洗濯機が設置された。(期間は未定)
場所として、富岡小学校跡地に、入浴施設と洗濯機が設置された。
入浴施設は午後1時から午後10時まで使用でき、洗濯機は午前10時から午後10時まで使用出来る。
タオルなどのアメニティ、洗剤などは各自持参のこと。
なお富来田公民館と富岡小学校跡地の間には、無料送迎バスが、午後1時から午後4時まで運行されている。
また富来田公民館では、生活支援に関する相談を受け付けている。
(写真は入浴施設のなかの様子)

 

台風被害の支援状況等

2019-9-21-03

君津地域4市 避難所や給水、ごみ等

君津地域4市の、台風15号による被害の支援状況等(20日現在)は次の通り。
支援内容については状況により変更となる場合もあり。
ボランティア関係は既報。
【木更津市】
◎避難所=清見台・文京・富来田各公民館
◎ブルーシート等の配布=市内全ての公民館、金田地域交流センター、木更津下水処理場
◎充電=市内全ての公民館、金田地域交流センター
◎入浴(シャワー)=市民体育館、富岡小跡地
◎ごみ収集=ごみステーション(ごみ出しカレンダーのとおり)
◎ごみの受け入れ=クリーンセンター
◎罹災証明書、罹災届出証明書の申請受付=市役所駅前庁舎8階、同朝日庁舎、富来田公民館
◎公共施設の休館=富来田出張所、少年自然の家キャンプ場、市営野球場、いきいき館
◎被害状況(19日現在)=倒木や土砂崩れの箇所409か所、建物被害620件以上、負傷者6人、停電約400世帯、断水世帯ゼロ
【君津市】
◎給水=秋元小、君津市自然休養村管理センター、上総地域交流センター、松丘・亀山各コミュニティセンター、道の駅ふれあいパークきみつ駐車場、市営藤林団地近接駐車場、(旧)平山共同調理場、君津市消防小糸分署
◎入浴=君津市民文化ホール、清和公民館、松丘コミュニティセンター、君津市老人憩いの家すえよし、君津メディカルスポーツセンター
◎充電=かずさ地域交流センター、周西・清和・小糸・小櫃各公民館
◎物資配布
▷ブルーシート=生涯学習交流センター、秋元小、小糸・小櫃・上総各行政センター
▷乳児用液体ミルク=生涯学習・上総地域各交流センター、周西・周南・小糸・小櫃・清和各公民館
◎小中学校=全小・中学校とも平常通り
◎被害状況(19日現在)=倒木や土砂崩れ箇所587か所(うち508か所は仮復旧済)、建物被害1,253件、負傷者7人、停電約3,400世帯、断水約2,300世帯
【富津市】
◎物資配布=市民会館、峰上公民館、竹岡、金谷コミュニティセンター
◎給水=峰上公民館駐車場
◎ブルーシートの配布=市役所、市民会館、峰上公民館、竹岡・金谷各コミュニティセンター
◎小中学校
▷富津地区=平常通り
▷大佐和地区=通常通り
▷天羽地区=環小・天羽東中は4時間授業、湊小・天神山小・金谷小・天羽中は平常通り
◎充電=峰上公民館、市民会館、中央公民館、富津市役所、富津公民館、関豊ふれあいシニア館
◎自衛隊支援による仮設風呂=ザ・フィッシュ駐車場、環小
◎災害ごみの受け入れ=君津富津広域下水道組合終末処理場西側用地
◎諸証明=市役所本庁舎市民課、税務課及び天羽行政センター
◎巡視船「おきつ」「ひたち」による生活支援=給水、シャワー、充電
◎各事業所による支援=介護老人保健施設わかくさ、有料老人ホームオアシス慶寿、特別養護老人ホームやまぶき苑、グループホーム天羽苑、社会福祉法人ミッドナイトミッションのぞみ会(湊地区3施設、富津地区5施設)
▷臨時の健康相談窓口開設
【袖ケ浦市】
◎避難所=平川公民館
◎ブルーシート等の配布=市役所、平川公民館
◎災害廃棄物の受け入れ=袖ケ浦クリーンセンター
◎罹災証明書の申請受付、罹災届出証明書の発行=市役所1階地域福祉課

 

特等賞10万円は「3252」

2019-9-21-04
きみしん懸賞金付定期預金ラッキー  君津信用組合 厳正に当選番号抽選会

「金融を通して地元に貢献」を経営理念に、健全経営に取り組んでいる君津信用組合(宮澤義夫理事長、以下きみしん)では、『懸賞金付定期預金ラッキー第3弾』の抽選会を20日、本店大会議室で実施した。
この抽選会対象の定期預金は平成30年10月1日~31年3月29日の募集分で、募集総額30億円に対して契約総額47憶円の実績で好評を博した。
抽選会には地元顧客代表の総代、井菅清志氏(本店)、萓野文雄氏(本店)、井本義孝氏(富津支店)、鈴木庸夫(袖ケ浦支店)の4人と、石村比呂美かずさFM社長、当社などが立ち合い、きみしんからは宮木一則専務理事、平野文彦常勤理事、堀切寮一常勤監事などの役員が見守るなか、厳正に行われた。
女子職員4人が一の位から千の位まで4つの抽選箱から数字(0~9)の書かれたカラーボールを1つずつ取り出し、3等賞(各組共通下3桁)から順次、特等賞(各組共通下4桁)まで当選番号14個を決定した。(写真)
特等賞懸賞金10万円の当選番号は『3252』だった。
なお各賞の当選番号は当紙9月21日付に記載しているほか、きみしん本支店の店内に掲示されている。
当選した懸賞金は定期預金の初回満期日以降に支払われる。
受け取り期限は初回満期日から1年以内。
現在「懸賞金付定期預金第4弾ラッキー」を、今月・9月末まで募集している。
詳しくは本支店窓口へ。
抽選会を前に宮木専務理事は、先の台風15号による多くの被災者に見舞いの言葉を述べるとともに、営業エリア内の被災者を対象にした『きみしん災害対策緊急融資制度』をいちはやく創設、「多くの市民から関心が寄せられており、1日も早い復旧を願い、罹災証明書など無しでなるべく即決できるように対応している」などを紹介した。
また昨年10月から木更津市・商工会議所・きみしんの三者連携で取り組んでいる全国初の~お金の地産地消~《電子通貨アクアコイン》は9月9日現在、加盟店は478店舗、利用者インストール数は8,245を数え、アクアコインの利用件数は34,227件、利用金額は153,371,000円と、徐々に浸透してきていることを報告。
「今後も、より一層、地域の期待に応えたれるよう務める」などと挨拶、変わらぬ支援と協力を願った。
(写真は厳正な抽選会の様子)

 

一刻も早い復旧願い

2019-9-21-05

入浴や給水物資等 4市の支援状況

君津地域4市の、台風15号による被害の支援状況等(21日現在)は次の通り。
内容は状況により変更となる場合もある。
【木更津市】
▷入浴=市民体育館、龍宮城スパ三日月龍宮亭、東京ベイプラザホテル(充電も)、富岡小跡地
▷充電=各公民館(物資も)、金田地域交流センター(同)
▷物資=木更津下水処理場など
【君津市】
▷給水=秋元小(物資も)、市自然休養村管理センター、亀山コミュニティセンター、道の駅ふれあいパークきみつ駐車場、市営藤林団地近接駐車場、三島神社入り口
▷入浴=市民文化ホール、清和公民館(充電、物資も)、松丘コミュニティセンター、市老人憩の家すえよしなど
▷充電=小糸公民館(物資も)、小櫃公民館(同)など
▷物資=生涯学習交流センター、上総行政センター、小糸行政同等
【富津市】
▷給水=峰上公民館(充電、物資も)、新富公共ふ頭(入浴、充電も)
▷入浴=介護老人保健施設わかくさ(充電、物資も)、特別養護老人ホームやまぶき苑など
▷充電=市民会館(物資も)、中央公民館、富津公民館、市役所(同)
▷物資=竹岡コミュニティセンター、金谷コミュニティセンター
【袖ケ浦市】
▷充電=市役所(物資も)、市民会館、平川公民館(同)など。

 


 

新千葉新聞社


〒292-0067
木更津市中央2-10-3

電話:0438-22-3849(本社)
FAX:0438-25-1684
E-Mail:shinchiba@nifty.com

Blog information

木更津暮らしの情報サイトをもっと知ってもらいたい

木更津市内の情報

KISACON

きさこんスタッフが木更津に来る人、木更津に住んでる人に向けて発信します。

掲示板はこちら