暮らし

新千葉新聞9月15・16日掲載

9月15日掲載

児童がラグビー車体験

2018-9-15-01

木更津法人会青年部 岩根小に官野選手も

2020年開催の東京パラリンピックへの関心を高めるなどを目的に「ウィルチェアーラグビー講演会&体験会」が、13日、木更津市立岩根小学校(安田正幸校長、児童数313人)で開かれた。
これは公益社団法人木更津法人会青年部(新井英仁部会長)の社会貢献活動の一環として実施されたもので、当日は部会員23人も参加して、児童のラグビー車体験などをサポートした。
講師は、ウィルチェアーラグビー日本代表・官野一彦選手(37、木更津市出身、袖ケ浦市在住)と、日本代表強化選手の小川仁士選手(23)。
開会式で安田校長は、「官野選手の体験から夢や希望をもって努力し続ける大切さを学んでほしい」などと挨拶、障害者スポーツやバリアフリー社会への理解を深めるきっかけになると期待を込め、木更津法人会の活動に感謝した。
「講演会」では、官野選手が小学生からプロ野球選手を目指し高校まで野球に没頭してきたこと、その後サーフィンに夢中になり、将来を有望視される選手だったこと、サーフィンの練習中に脊椎を損傷、歩けなくなったことなど、車いす生活になった経緯や、ウィルチェアーラグビーとの出会い、日本代表としてロンドンパラ五輪4位、リオパラ五輪銅メダル、今年の世界選手権で金メダルなど、悔しさをばねに、多くの人々と出会いを大切に、練習に励み、上位を目指し、実現したことを話し、「次は東京パラ五輪で金メダル!」と宣言した。
続く体験会では、学年毎に代表10人がラグビー車に乗って、手で車輪を回し走らせ、ぶつかったりして、その激しい衝撃音を直に聞いた。
体験した芝﨑君(2年)は、「ぶつかったときは怖かったけど、楽しかった」と感想を話してくれた。
また、最後に、選手と教員混合チームによるミニゲームが行われ、児童から盛んな声援が送られた。
(写真はウィルチェアーを体験する児童たち)

 

 

泥んこになって運動会

2018-9-15-02

ハッピーメーカー必ず実行委と木市立公民館  小櫃堰公園近く親子達 田んぼリンピック

ハッピーメーカー必ず実行委員会(堂野前健実行委員長)と、木更津市立公民館(中央、金田、八幡台、波岡、桜井の5館)主催、「田んぼリンピック」がこのほど、木更津市衹園環境保全協会の協力を得て、小櫃堰公園近くの田んぼで開催された。
同実行委員会は、平成28年度木更津市公民館研究集会に参加したメンバーと公民館職員で構成されており、子どもや若者たちの「やりたい」をカタチ(事業)にすることをテーマに活動している。
今回の田んぼリンピックは「泥んこになって運動がしたい!」との声を基に、子どもたちが実際に、日本の主食であるコメを育てる田んぼに入り、土に触れることで、自然や環境への意識を醸成し、親子や地域の大人との世代間交流を促す機会にしようと実現した。
当日は30人の親子が参加。
刈入れの終わった田んぼに入り、綱引きやドッジボールなどに熱狂した。
参加者からは、「初めて泥だらけになり楽しかった」「いい自然体験ができた」など高評価を博した。
同実行委員会では今後、公民館を巡ってカードを集める『公民館カードコレクション』や、子どもが一日先生になって大人に授業する『今日はサカサマ学級』などのイベントも開催予定で、仲間を募集中。
詳しくは波岡公民館(TEL 0438-37-8515)、金田公民館(TEL 0438-41-0002)へ。
(写真は田んぼでの綱引きを楽しむ)

 

 

C級1部決勝へ出揃う

2018-9-15-03

木更津市野球連盟 市民野球秋季大会

木更津市野球連盟主催「市民野球秋季大会」は9日までに、市営及び江川球場でC級1部準決勝1試合、C級2部1~2回戦13試合が行われた。
このうちC級1部準決勝は木更津マジナーズが制し、決勝進出チームが出揃った。
決勝のBOSS-木更津マジナーズ戦は10月中旬を予定。
結果は次の通り。

【2日】
《C級2部》
◎1回戦
▷木・球信倶楽部   14- 5 わんちゃんズ(5回コ)
▷K・F・D(不戦勝)  -  EVOLUTION
▷WINS       8- 1 全軟会
▷航空自衛隊    9- 5 クラブソーダ
▷ナンバーズ(不戦勝)-  木・Mets
▷GGフェニックス  4- 1 Cats eye
◎2回戦
▷松菱タイガース  5- 2 DENZAI

【9日】
《C級1部》
◎準決勝
▷木・マジナーズ   2- 1 酒

《C級2部》
◎1回戦
▷M・B・C       7- 2 木・シリウス
▷マシーンズ1997(不戦勝)- 木・ウイングス
◎2回戦
▷K・F・D      4- 3 ゴルティーズ
▷WINS      5- 4 航空自衛隊
▷GGフェニックス 11- 2 ナンバーズ(5回コ)
▷スターレーン  9- 4 木・マリーンズ

 

 

9月16日掲載

岡村氏や柏原氏等招待

2018-9-16-01

アクラマラソン 外国参加者も増加

1万7千人が東京湾アクアラインを走る「ちばアクアラインマラソン2018」は、来月21日(日)に開催されるが、同実行委員会は12日に、千葉市内で総会を開催。
席上、招待選手・ゲストランナーとして、2016年のリオパラリンピック男子マラソン(視覚障害)銅メダルの岡村正広さん(48)=県立千葉盲学校勤務=や、東洋大在学中の箱根駅伝で「山の神」と呼ばれ活躍した柏原竜二さん(29)、ロックバンド「アクアタイムズ」などが走ると発表した。
また、台湾とタイからランナー17人を招待することも報告。
外国籍の参加者が計682人と、前回から85人増えたことから、案内看板の多言語表記の拡充や、通訳ボランティアの増員などの方針も確認した。

 

 

弦楽四重奏曲を演奏

2018-9-16-02

木更津市民会館 モルゴーア・クァルテット

弦楽四重奏団、第822回「モルゴーア・クァルテット」コンサートが、今月23日(日)午後3時~同5時(開場午後2時30分)まで、木更津市民会館中ホールで開かれる。
同クァルテットは、ショスタコーヴィチの残した15曲の弦楽四重奏曲を演奏するため、1992年に結成された楽団。
木更津市の平成30年度芸術文化に親しむまちづくり振興事業として、日本を代表するオーケストラの主要メンバーによる「ときめくひととき」が三井住友海上文化財団の助成で提供される。
クラッシックとプログレッシヴ・ロックの融合。
全席自由で一般1000円、高校生以下500円。
問い合わせは市文化課 TEL 0438-23-5309。

 


 

新千葉新聞社

〒292-0067
木更津市中央2-10-3

電話:0438-22-3849(本社)
FAX:0438-25-1684
E-Mail:shinchiba@nifty.com

Blog information

木更津暮らしの情報サイトをもっと知ってもらいたい

木更津市内の情報

KISACON

きさこんスタッフが木更津に来る人、木更津に住んでる人に向けて発信します。

掲示板はこちら