暮らし

新千葉新聞9月13日掲載

9月13日掲載
返礼割合を3割以下に

2018-9-13-01

決算審査特別委員会は8委員で審議  木更津市議会答弁 ふるさと納税について

木更津市議会9月定例会は、7日に決算審査特別委員会を設置し議案等を付託、18日(火)~20日(木)の3日間、決算審査特別委員会が開かれ審議する。
同委員会委員は、座親政彦、竹内伸江、石井徳亮、平野卓義、國吉俊夫、白坂英義、佐藤多美男、三上和俊の8議員。
最終本会議は27日(木)。
一新の会の大村富良議員による代表質問「歳入の確保」の中で『ふるさと納税』について市側は次のように答弁した。
総務省が発表した「ふるさと納税に関する現況調査結果」で、平成29年度の全国でのふるさと納税の受入額は、約3653億円と前年度比約1.28倍の伸びとなっているが、受入額が多い20団体の寄付額が約915億円と全体の25%を占めている状況。
平成29年度に続き、本年度も4月1日付で、「ふるさと納税に係る返礼品の送付等について」総務大臣から各都道府県知事に対し通知があり、返礼割合を3割以下とすることとの徹底及び地場産物品以外の送付について、良識ある対応を取るよう要請している。
近隣市では、これまで返礼割合が5割以内と高かった富津市が、平成30年6月から総務省通知に基づき、返礼品割合を3割以下にしたと聞いている。
木更津市では、総務大臣通知の範囲内で返礼品の充実を図ることにより、寄付額が年々増加しており、平成29年度の受入額は約2951万と、前年度比約2.5倍となっている。
ふるさと納税の収支については、平成29年度の寄付金受入額約2951万円に対し、返礼品にかかる費用や委託費用などの事業費は約1457だったので、当市のふるさと応援寄付金事業としては、約1494万円の収入。
しかし、木更津市民が他市に約17265万円のふるさと納税を行っており、これにより、平成29年度の市民税の税控除分約7375万円の歳入減となっているが、木更津市は、普通交付税の交付団体であるので、税収減の75%が普通交付税として交付されるため、これらを考慮した、ふるさと納税の収支は、約350万円の赤字となっている。
歳入の確保を図るためにも、木更津市の魅力あふれる返礼品の充実を図るとともに、情報発信に努めることにより、制度の範囲内で寄付金の確保に努めていく。

 

 

整体や中華のテイクアウト

2018-9-13-02

らづ-Biz コディネート事業

「私たちの使命は皆様の売上アップです!」を合言葉に、あらゆる産業を支援するワンストップ窓口「木更津市産業・創業支援センター(愛称・らづ-Biz、瀬沼健太郎センター長)のコーディネート(強みや特技の発見)で、様々な事業や、店舗提携が誕生して、成果が上がっている。
8月、9月の実績は次の通り。


【日本初!社会福祉施設従事者専用の福利厚生整体サービス】
木更津市内の整体業「泉水脊椎矯正院(泉水信之代表、中央)」の技術と、市内の介護サービス業、㈱R・O・F(木下亮代表、大和)がコラボして、介護職員の職業病ともいわれる腰痛などを「泉水式10分脊椎矯正法」でケア。
職員の身体の改善が図られ、離職率が減少、入居者へのサービスの向上も図られている。
さらに泉水脊椎矯正院も平日の来院者の少ない時間帯が有効活用され、業績アップにもつながった。

【中華の名店の逸品を急速冷凍、9月10日から販売開始】
木更津市の本格中華の名店、㈲東洋(倉島圭子社長、太田)では、看板メニューの1つ(小エビチリソース)のテイクアウト開発。
木更津地域の冷凍保管需要を一手に引き受ける、㈱フジレイ(坂本由理社長、請西)でマイナス45℃で急速冷凍。
店の味そのままを持ち帰ってもらうことに成功した。
「冷凍エビチリ」180グラムは700円(税別)で、東洋木更津店(TEL0438-25-3687)で販売。

 

 

中学生英語スピーチコンテスト

2018-9-13-03

君津学園主催 清和大学で 出場者を募集

国際社会に巣立とうとする若者の英語力向上、グローバルな考え方を養うなどを応援する、学校法人君津学園(真板竜太郎理事長)主催、「第17回中学生英語スピーチコンテスト」が、11月17日(土)午後1時から、清和大学で開かれるが出場者を募集している。
▷出場資格は、県内の中学校に在籍し、英語を母国語としない中学生(学年、海外経験不問)。
▷スピーチのテーマは「私の夢(将来の夢について自由に)」スピーチは2分~3分、これを超えた場合は減点の対象になる。
スピーチは未発表のもの。
▷応募期間は9月3日~10月5日まで。
応募の際は各学校に発送されている、またウェブサイトの「実施要項」を確認のこと。
一次審査から本選会(11月17日)への出場者8人を選出する。
各種書類はウェブサイトからダウンロードできる。
問い合わせは、市原中央高校内「中学生英語スピーチコンテスト係」
TEL 0436-36-7131(木嶋さん、志村さん)へ。

 


 

新千葉新聞社

〒292-0067
木更津市中央2-10-3

電話:0438-22-3849(本社)
FAX:0438-25-1684
E-Mail:shinchiba@nifty.com

Blog information

木更津暮らしの情報サイトをもっと知ってもらいたい

木更津市内の情報

KISACON

きさこんスタッフが木更津に来る人、木更津に住んでる人に向けて発信します。

掲示板はこちら