暮らし

新千葉新聞9月1・3日掲載

9月1日掲載

ナイジェリアのホストタウンに

2019-9-1-01

東京五輪パラ五輪 木更津市の申請通る

木更津市は30日、来年の東京オリンピック・パラリンピック競技大会で、ナイジェリア連邦共和国のホストタウンに登録されたと発表した。
木更津市と同国は、今年4月26日、ナイジェリア選手団の事前キャンプに関する「覚書」を締結しており、内閣官房東京オリンピック・パラリンピック推進本部事務局へ、ホストタウンの登録を申請した。
同市は、事前キャンプ誘致及び交流計画等が認められ、8月30日、ホストタウン第15次登録となった。
ホストタウンとは、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会開催に向け、スポーツ立国、グローバル化の推進、地域の活性化、観光振興等に資する観点から、参加国・地域との人的・経済的・文化的な相互交流を図る地方公共団体。
ホストタウン登録により、交流事業などへの国の財政的支援などが受けられるようになる。
8月26日、同国との交流事業の一環として、U-12ジュニアサッカーワールドチャレンジ2019(大阪府)に出場するため来日したナイジェリアチーム(12歳以下、選手15人)が、市営江川総合運動場で木更津市のローヴァーズ木更津FC、市少年サッカー連盟の木更津トレセンの2チームと交流試合を行った(試合は同国の2戦2勝だった)。
県内のホストタウン登録は、千葉県、松戸市、山武市、館山市、市原市などの16自治体と、今回の木更津市で17件目。
全国では375件が登録している。

 

趣味を活かして楽しく

2019-9-1-02

舞台でカラオケや民謡、舞踊等を披露  木更津市シニアクラブ連合会 第45回芸能大会

木更津市シニアクラブ連合会(佐藤正義会長、会員27クラブ、712人)の令和元年度「第45回木更津市シニアクラブ連合会芸能大会」が30日、市民会館中ホールで開かれた。
同大会は、会員の健康保持や生きがいづくり、クラブの健全育成などを目的に例年この時期に開催されているもので、今年度「シニアクラブ」と改称されて初めての大会。
開会式には、清水和也福祉部次長(市長代理)、滝口君江社会福祉協議会会長を迎え開会。
佐藤会長は「出演者も応募者も楽しい一日を過ごしましょう」と呼びかけ、来賓の両氏は「活力ある高齢社会の構築」「秋の福祉まつりにぜひ出演して欲しい」などと呼びかけ開会を祝した。
今年度の出演者は、27プログラムに団体・個人等123人と飛び入りで、前回の優勝者等44人が出場した。
カラオケ、舞踊、詩吟、曲芸、劇、合唱などで日頃の練習成果を披露し、多くの拍手が送られた。
伊藤鈴恵シニアクラブ連合会副会長を審査委員長に、各クラブ代表の7人が審査を行い、カラオケ部門と芸能部門のそれぞれ上位者を表彰した。
審査結果は次の通り。
【カラオケ部門】
①「時は過ぎてゆく」高安清美(76、請西第二寿会)
②「パステルブルーコーラスガール」渡邉佐和子(80、曽根寿会)
③「アカシアの街で」原野司(77、請西第一寿会)
④「南部蝉しぐれ」河上昭司(74、江川西あけぼの会)
⑤「海の祈り」神察男(68、真舟朋の会)
⑥「浜防風」吉村雅彦(79、GGきずなクラブ)
⑦「再会」守邦雄(86、清見台東友会)
▷特別賞=「一期一会」石井邦子(83、畑寿会)
【芸能部門】
①舞踊「一剣」山崎侑子(78、衹園親和会)
②劇「令和の桃太郎」中郷連合寿会(代表・佐久間一麿、平均年齢・84歳)
③舞踊「博多どんたく」永井作めばえ会(代表・黒川トモ、平均年齢83歳)
④舞踊「奴さん」住之江枝美子(91、富来友会)
⑤民謡「木更津甚句」佐久間璋子(81、富来友会)
⑥曲芸「皿まわし」活寿会(代表・下境庸司、平均年齢76歳)
⑦舞踊「UFO」シニアクラブ大久保松柏会(代表・滝沢照代、平均年齢・70歳)
▷特別賞=芸能「さんさ恋しぐれ」横田沙規代(92、畑寿会)
【審査員】
▷委員長=伊藤鈴恵(真舟朋の会)
▷委員=恒崎晴雄(一の坪さつき会)、北見敏男(文京T・Y・K)、中村勇蔵(江川西あけぼの会)、川名晋作(永井作めばえ会)、中村誠一(小櫃堰クラブ)、尾上一美(畑寿会)、松浦かず子(富来友会)   (敬称略)
(写真は楽しく踊る)

 

君津地方は2学級減少

2019-9-1-03

―全日制で君津青葉、定時制で木更津東  県教委が発表 公立高校募集定員

県教育委員会は8月28日、2020年度(令和2年度)の公立高校入試の募集定員を発表した。
全日制は、32,560人(814学級)で、4年連続で定員減となった。
県立高校の定員は30,320人(758学級)で、2019年度に比べて、440人(11学級)減。
地元関係では、君津青葉・総合学科が1学級(40人)減り、募集定員は120人となる。
また県立定時制の定員は1,320人(33学級)で、2019年度に比べ、120人(3学級)減。
地元関係では木更津東・普通科が1学級減で、募集定員は40人となる。
なお、君津商業は商業科と情報処理科はくくり募集(一括募集)、天羽(普通科)は地域アクティブスクールの入学者選抜を行う。
君津地方の募集定員は紙面を参照。

 

代表質問4人の概要

2019-9-1-04

木更津市議会定例会 3日から一般質問

木更津市議会定例会は9月3日(火)から6日(金)まで、いずれも午前10時から一般質問(代表質問と個人質問)が行われる。
代表質問に4人、個人質問に13人の計17人が登壇。
各日の内訳は、
▷3日=代表質問・3会派(自由民主クラブ、羅針盤、公明党)
▷4日=代表質問・1会派(扶桑クラブ)、個人質問・3人
▷5日=個人質問・5人
▷6日=個人質問・5人。
質問概要は次の通り。
【代表質問】
《自由民主クラブ》
◎重城正義議員
 ▷市税の確保(税制改正を踏まえての市民税<個人市民税、他>、固定資産税<課税状況、他>、徴収対策<納付方法の拡大、他>)
 ▷地域防災づくりを目指して(自己の防災力{自助}の強化<日頃からの備え、他>、地域防災力{共助}の強化<地域防災リーダー、他>、行政の防災力{公助}の強化<情報伝達、他>)
 ▷介護保険行政(介護保険事業計画)
 ▷公金(公金の管理<資金繰りの状況、他>、公金の運用<運用基準、他>)
《羅針盤》
◎草刈慎祐議員
 ▷財政状況(平成30年度決算<決算の概要、他>、令和元年度予算<歳入の見込み、他>、令和2年度予算<予算編成方針、他>)
 ▷ワークライフバランス(働き方改革<時間外勤務>、業務改善<業務の引継ぎ、他>)
 ▷持続可能なまちづくりの推進(地方創生推進交付金事業の検証、他)
 ▷持続可能な子育て支援(待機児童対策<施設整備、他>)
 ▷持続可能な都市づくり(老朽化した空き家、都市のスポンジ化対策)
《公明党》
◎竹内伸江議員
 ▷第二次基本計画の推進(4年間のまちづくりの方向性)
 ▷防災対策の推進及び充実(発災時の準備、災害弱者対策、他)
 ▷消防体制の充実(消防団、ICTの活用)
 ▷さらなる子育て・教育支援の充実(子育て支援の充実、児童虐待根絶に向けた取り組み、いじめの相談体制)
 ▷希望ある高齢者支援の充実(認知症対策)
 ▷農漁業の活性化
 ▷選挙行政の充実(投票率向上への取り組み、期日前投票所)
《扶桑クラブ》
◎大村富良議員
 ▷資産と負債(固定資産{建築物}、金融資産、負債、将来の負担)
 ▷オリンピックに向けた取り組み(ホストタウンの取り組み状況、ホテルシップ)
 ▷江川総合運動場(周辺道路の整備、他)
 ▷福祉行政(市立保育園の民営化、就学前障がい児の発達支援)
 ▷中央公民館(仮移転後の状況、旧中央公民館の今後のスケジュール)
 ▷新火葬場(新火葬場の建設、周辺市道の整備)
 ▷消防行政(消防署長須賀分署の廃止、他)

 

9月3日掲載

鎌足桜の魅力を表現

2019-9-3-01

写真と短歌・俳句コンテスト表彰式  木更津市鎌足桜保存会 入賞の優秀作品称える

木更津市鎌足桜保存会(会長・田中幸子副市長)が実施した「令和元年『鎌足桜の魅力』写真と短歌・俳句コンテスト」の表彰式が1日(日)、かずさアカデミアホール会議室で行われた。
同市の指定文化財になっている、伝説に彩られた花・鎌足桜の魅力を表現した作品募集には、地元木更津市・近隣市はもとより全国から、3部門(写真、短歌、俳句)に165人、448点の応募が寄せられた。
その中から、特別賞6点、入選24点、佳作9点の入賞・入選者39人(既報)に、鎌足桜保存会会長賞や鎌足公民館館長賞、石塚幸一鎌足地区区長会長賞などの表彰状が渡された。
当社・新千葉新聞社社長賞は俳句の部の石井紀美子さん(君津市)に贈られた。(写真下)
式典は、山本卓人同会事務局長(鎌足公民館館長)の司会進行で、石井徳亮副会長の開会の言葉に続き、田中会長が「今回はメールでの公募も実施したせいか、前年度よりも多くの応募があり、県内や全国からも作品が集まった。
保存会は鎌足桜の保護・育成を目的として進んできたが、地域や世代を超えて人と人とのつながりの要になってほしいと思う。本年度は短歌や俳句に中学生の参加があり、大きな希望を抱かせてくれた」などと挨拶し、関係者への謝辞を述べた。
作品の講評は実行委員の、写真の部・木島衛氏、短歌の部・鈴木眞澄さん、俳句の部・川合憲子さんが行い、いずれも鎌足桜の特徴・美しさ・歴史などを表現した作品が多く、感銘を受けたと述べた。
中学生1人が短歌に入選、同3人が俳句の佳作に選ばれている。
表彰式は、茂田愛子副実行委員長の閉会の言葉で終了したが、入選作品等は今月6日(金)午後5時半までアカデミアホール2階アートギャラリーに展示している。
また最後に、齋藤和利実行委員長が、平成21年から作製している鎌足桜カレンダー(令和2年版、1部500円、一般募集からは6回目)について説明。
10月中旬に頒布予定で、鎌足公民館のほか、11月3日(日)に開催の「鎌足地区文化祭」や、11月17日(日)の「かまフェス」でも頒布を行うとした。
希望者は事務局・鎌足公民館(TEL0438-52-3111、FAX兼用)へ、電話・FAX・メールで申し込む。
info@kamatarizakura.org
(写真上は田中会長から表彰される短歌の部鎌足桜保存会会長賞の上杉章子さん・木更津市)

 

論文奨励賞を受賞 ドローンでの測量

2019-9-3-02

木更津高専 島﨑彦人教授の論文

8月30日、木更津工業高等専門学校 環境都市工学科 島﨑彦人教授が、応用測量論文集 第30巻に投稿した論文「小型無人航空機写真測量で整備した地理空間プロダクトの品質評価手法の提案」に対して、公益社団法人日本測量協会より論文奨励賞を授与された。
当該論文は、無人航空機(Unmanned Aerial Vehicle・UAV、通称ドローン)などの新技術を用いて得られた測量データの信頼性を、地上測量で得た参照データの不確実性を考慮しながら、精度と正確度に区別して検証する手法を提案したもの。
(写真は「第30回応用測量技術研究発表会」の授賞式・公益社団法人日本測量協会提供)

 

彫音展~昔をしのぶ店々

2019-9-3-03

木更津中央公民館 木更津版画サークル

木更津版画サークル「彫音(ほりおと)」(会長・上田高公)による、毎年恒例の作品展「彫音展~昔をしのぶ店々~」が、今月5日(木)から11日(木)まで木更津市立中央公民館(木更津駅西口前スパークルシティ木更津6階第2会議室)で開かれる。(9日は休館日)
35回目の今回は、上総地区(木更津市、君津市、富津市、袖ケ浦市)で、地域に溶け込み住民に愛されている商店等を題材にしたテーマ作品と、自由作品合わせて約50点を展示する。
会員がサクサクと彫り上げた成果を、多くの人に見て欲しいと来場を歓迎している。
展示時間は午前10時~午後5時。
同サークル事務局は上田会長(TEL0438-98-4745)。
(写真は「小泉酒造」)

 

教育や福祉、環境問題等

2019-9-3-04

木更津市議会一般質問 個人質問の概要①

木更津市議会定例会は、きょう3日(火)から6日(金)までの4日間、いずれも午前10時から一般質問(代表質問・個人質問)が行われる。
代表質問に4会派・4人、個人質問に13人の計17人が登壇する。各日の内訳は、
▷3日=代表質問・3会派(自由民主クラブ、羅針盤、公明党)
▷4日=代表質問・1会派(扶桑クラブ)、個人質問・3人
▷5日=個人質問・5人
▷6日=個人質問・5人。
質問概要は次の通り。
【個人質問】
◎神蔵五月議員
 ▷子どもを育む環境づくり・学校の教育環境(洋式トイレ<小中学校のトイレの洋式化の現状及び計画>、ICT教育<タブレットを使用した学習の現状と課題>、児童生徒の芸術教育)
 ▷まちの快適・うるおい空間づくり(出産時の交通手段<緊急の対応、他>、公共交通アンケート<進捗状況、他>、バス事業者の現状<現況と課題、他>)
◎斉藤高根議員
 ▷環境(海に流れるもの<環境ホルモン、マイクロプラスチック>、容器やレジ袋<プラスチック容器、ペットボトル、他>、過程と影響<なぜ海に流れるのか、漁業への影響>)
 ▷農振農用地(荒廃した農振農用地<現状、除外、農業委員会との連携>、これからの農振農用地<土地利用計画ガイドラインとの関係、抜本的な見直し>)
◎渡辺厚子議員
 ▷障がい福祉施策の拡充(日常生活用具給付事業の拡充<本市の給付状況、他>、バリアフリー・ユニバーサルデザインの推進<道路環境における整備、他>、ヘルプカード・ヘルプマーク{ストラップ型}の活用促進<ヘルプカードの活用・ヘルプマークの活用>、農福連携の推進<国の動向についての見解、本市の実施状況、他>)
◎鶴岡大治議員
 ▷福祉会館並びに公民館の使用料(福祉会館の使用料<稼働率並びに使用料収納額、他>、福祉会館近隣の公民館<中央公民館の使用料収納額並びに賃料、他>)
 ▷住民票等の書類呼交付(窓口交付<交数件数、他>、コンビニ交付<交付件数、他>)
 ▷学校給食(第2給食センター<現在の給食センターのタイムテーブル、他>、他)
◎石川冨美代議員
▷子育て支援の充実(幼児教育・保育園の無償化<事業内容、進捗状況、給食費の取り扱い>)
▷まちの快適・うるおい空間づくり(木更津駅周辺の整備<木更津駅西口地区の景観対策、富士見通りの再整備、JR木更津駅舎の整備、他>、中心市街地活性化基本計画<中心市街地活性化基本計画の策定状況、他>)   (続)

 


 

新千葉新聞社


〒292-0067
木更津市中央2-10-3

電話:0438-22-3849(本社)
FAX:0438-25-1684
E-Mail:shinchiba@nifty.com

Blog information

木更津暮らしの情報サイトをもっと知ってもらいたい

木更津市内の情報

KISACON

きさこんスタッフが木更津に来る人、木更津に住んでる人に向けて発信します。

掲示板はこちら