暮らし

新千葉新聞8月30・31日掲載

8月30日掲載

基地対策に関する要望書

2018-8-30-01

田中幸子副市長が北関東防衛局を訪問  木更津市が提出6項目 防衛大臣等へ宛て

木更津市は28日(火)、田中幸子副市長等が北関東防衛局を訪問し、防衛大臣及び北関東防衛局長宛に、渡辺芳邦市長名での「基地対策に関する要望書」を提出した。
小野寺五典防衛大臣と吉田廣太郎北関東防衛局長への要望書は、次の6項目からなっており、木更津市における基地周辺地域の実情を理解して、早期実現について特段の配慮を求めている。
①防音対策の充実強化
②基地周辺地域の施設整備等
③特定防衛施設周辺整備調整交付金
④基地運用の影響に伴う基地周辺住民の配慮
⑤オスプレイの定期機体整備時に飛行運用
⑥安全対策の徹底及び迅速な情報提供
―の6項目。
近年、陸上自衛隊の飛行運用においては、平日の夜間や土曜日、日曜日にも頻繁に訓練が行われており、木更津飛行場における米軍機の着陸管制回数増えている状況。
また米軍兵隊MV-22オスプレイの定期機体整備については、木更津駐屯地に、昨年2月と今年6月に2機が搬入され、整備しており、近く1機目の試験飛行が予定されている。

 


人と人との繋がり創出

2018-8-30-02

西村まさ彦氏監修の木更津わいわい劇団  木更津で第二弾・公演 ショートストーリー4本

俳優の西村まさ彦氏(57)監修の木更津わいわい劇団第二弾~「とっておき」~の本番公演が、26日(日)午後1時30分から、木更津つくし学園つくしの森幼稚園・遊戯室で開催された。
わいわい劇団実行委員会主催、木更津市協働まちづくり活動支援事業後援。
劇団員は木更津市周辺の7歳から79歳までの男女43人。
約10人ずつ4チームに分かれ、内容の異なった4本のオリジナルストーリー「とっておき」を上演した。(写真上)
オープニングセレモニーで西村氏(写真)は、「団員の皆さんと一緒に過ごし何で私をここまで熱くするのか?みんな素人だからこそ、みんな真剣に取り組んでいる。そこに惹かれてきた。今日という本番の日を迎えるまで、真剣に、夢中で取り組んでいた。来る日も来る日もセリフを覚え、演技もやる。寝言でもいうようになったという。今日は劇団員のその真剣さを見て欲しい。その『とっておき』を披露します」などと満席の来場者に挨拶し、団員たちの取り組みを称え、多くの人々の協力に感謝した。
西村氏監修による同劇団は平成28年7月31日にJA木更津市本店での第1回公演を成功させており、今回で2回目。
西村氏は「人と人とが繋がりを創出できる場を提供したい」と3年前、交流のある木更津市の友人などと企画、第1回公演を行ったもので、前回の関係者から寄せられた「またやりたいね」の思いを2年ぶりに実現させたもの。
演目は「ホテルシーラカンス」「キッズクルー」「私の好きな人」「とっておきの結婚式」。
笑いあり涙ありのショートストーリー4本。
演目毎のカーテンコールでは観客から惜しみない拍手が送られ、団員から達成感あふれる安堵の笑みがこぼれ、会場と舞台が一体となった瞬間でもあった。
劇団スタッフは次の通り。(敬称略)
▷監修=西村まさ彦
▷講師=関口静夫、山本陽将
▷舞台監督=今泉馨
▷演出部=福井清香
▷実行委員会=大川雅士、島田明慶、坂井英一、廣石香奈子、本間良次、多田公俊、加藤小百合、市川一成、武井千尋、吉元和枝。

 

8月31日掲載

中心市街地活性化協議会

2018-8-31-01

木更津市が設立 役員や委員等20人

木更津市は、中心市街地におけるコンパクトなまちづくりを目指し、都市機能の増進や経済活力の向上を総合的かつ一体的に推進するために、29日、「木更津市中心市街地活性化協議会」を設立した。
同協議会委員は、学識経験者や経済界・交通・観光・地域住民・市職員等20人、任期は2年。
同協議会では、中心市街地の木更津駅東・西口前周辺において、大手商業施設の撤退「木更津そごう(平成12年7月)」、「ダイエー木更津店(平成13年2月)」などにより空洞化が進んでいることから、官民一体になって中心市街地の活性化を目指すもの。
今後、木更津市が作成する「中心市街地活性化基本計画」に関し、
①必要な事項を協議及び意見を提出。
②中心市街地の活性化に関する事業の総合調整。
③同活性化に関する関係者相互の意見及び情報交換。
④同活性化に寄与する調査研究の実施。
⑤その他、会の目的に沿った活動の企画及び実施等を行っていく。
第1回会議では、規約について、役員の選任、収支予算案、基本計画策定方針等の説明や審議が行われ、会長には北野幸樹日本大学教授が選出された。
この後会議は年度内4回を予定。
(第1回会議の詳細は後日)
役員等は次の通り。
▷会長=北野幸樹(日本大学教授)
▷副会長=鈴木克己(木更津商工会議所会頭)
▷監事=野口義信(木更津市観光協会会長)、鈴木崇史(かずさ青年会議所理事長)
▷委員=永野昭(木更津商工会議所専務理事)、吉田弘(木更津市富士見通り商店街振興組合理事長)、小林良雄(木更津東部商店街振興組合理事長)、國吉俊夫(木更津一番街商店街振興組合理事長)、髙木厚行(南町区睦会会長)、山田恒夫(大和町親交会会長)、山口一男(東日本旅客鉄道㈱木更津駅長)、小宮一則(日本交通㈱代表取締役社長)、石川晋平(小湊鉄道㈱取締役社長)、奥瀬亮彦(千葉県タクシー協会南房支部支部長、かずさ交通㈱代表取締役社長)、古川明(イオンモール木更津ゼネラルマネージャー)、中嶋敏彰(木更津金融懇談会幹事、千葉銀行木更津支店長)、田中幸子(木更津市副市長)、山口芳一(同企画部長)、栗原由和(同経済部長)、渡部史郎(同都市整備部長) (敬称略)

 


子供達を犯罪から守る

2018-8-31-02

見通しの悪い場所や道路脇の夏草整備  防犯指導員清見台支部 通学路等で草刈り

地域の環境美化に取り組んでいる、木更津市防犯指導員清見台支部(支部長・田井俊行)はこのほど、同地区の通学路や見通しの悪い場所等の草刈り作業などを実施した。
同取り組みは、地域の子どもたちに安全に気持ちよく通学したり過ごしてもらいたいとの願いから行われているもので、今年で21年目。
防犯指導員らが年1回、生い茂った道路脇の夏草を刈り取るなどの除草作業を行っている。
今回は、永年奉仕作業代表の稲垣茂男さんなど8人が参加して、地域のマックスバリュ太田店近くの和田下公園際の市道などで除草、防犯対策や通学路の整備に努めた。
マックスバリュ太田店の店長から冷たいお茶の差し入れもあり、感謝された。
また、除草作業後の片付けは、木更津市役所の道路管理課の協力により、パッカー車で処理された。
こうした、防犯指導員たちの草刈り作業や悪質ビラ撤去などで、子どもたちを犯罪などから守る環境が整えられ、子どもたちは安心して通学したり遊んだりすることが出来ると感謝されている。
(写真は、草刈作業に参加した防犯指導員)

 


約30キロをサイクリング

2018-8-31-03

参加者を募集 うまくたの里を起終点

木更津スポーツコミッション(木更津市観光協会内)では、『RIDE TOUR(ライド ツアー)道の駅「木更津 うまくたの里」・高滝湖サイクリング』を9月22日(土)に実施するにあたり、市内公募の参加者(先着20人)を募集している。
木更津市、市原市後援、カヤギサイクル協力。
道の駅「木更津 うまくたの里」(以下道の駅)を起終点として、里山の雰囲気を味わいながら、往復約30キロをサイクリングする。
適度なアップダウンがあり、誰でも楽しめるコース。
当日は、おいしいランチやソフトクリームなども味わえる。
小雨決行、参加費2千円(昼食、ソフトクリーム、レクリエーション保険含む)、満18歳以上対象。
集合は午前8時、解散午後3時。
軽快車(通称・ママチャリ)で参加のこと(ミニバイクは不可。レンタルサイクルあり、応相談)。
日程など詳細は次の通り。
▷8時   道の駅集合、ライダーズミーティング
▷8時30分 出発
▷9時30分~40分頃、市原市花プロジェクト2018参加のため各駅(上総久保駅、高滝駅、里見駅)到着
▷10時頃から同プロジェクト参加
▷10時30分頃から高滝湖1周
▷正午から高滝ダム記念館で昼食
▷1時   高滝湖出発
▷2時   道の駅到着・おやつタイム(ソフトクリーム)
▷3時   解散。

申し込み・問い合わせは同コミッションへ(TEL 0438-25-1377)

 

 

子どもたちがゲームなど

2018-8-31-04

木更津市衹園で 「田んぼリンピック」

ハッピーメーカー必ず実行委員会と木更津市立公民館(5館)主催、「田んぼリンピック」が、9月1日(土)午前9時から、木更津市衹園の田んぼ(小櫃堰公園近く)で開催される。
同実行委員会は平成28年度木更津市公民館研究集会に参加したメンバーと公民館職員で組織されている団体で、子どもや若者たちの「やりたい」をカタチ(事業)にすることをテーマに活動している。
今回の田んぼリンピックは、子どもたちが実際に、日本の主食であるコメを育てる田んぼに入り、土に触れることで、自然や環境への意識を醸成し、親子や地域の大人との世代間交流を促す機会にと、ハッピーメーカー必ず実行委員会と公民館(中央・金田・八幡台・波岡・桜井)の共催で実施される。
内容は、障害物競争、綱引き、リレー、しっぽ取りゲーム、そのほか田んぼを使った競技が行われる。
なお参加者募集は締め切られているが、見学や応援を歓迎している。
問い合わせは金田公民館へ TEL 0438-41-0002。

 

 

叙勲受章祝賀会

2018-8-31-05

木・石川哲久氏

春の勲章で国土交通行政事務功労により「瑞宝小綬章」を受章した木更津市中央の石川哲久氏(市議)の「叙勲受章祝賀会」が、9月2日(日)午前11時からロイヤルヒルズ木更津ビューホテルで開かれる。

 


江沢選手が全国7位

2018-8-31-06

ジュニア五輪夏季水泳 400メートル自由形で

日本水泳連盟主催の「第41回全国JOCジュニアオリンピックカップ夏季水泳競技大会」4回目が25日、東京都江東区の東京辰巳国際水泳場などで開かれ、競泳やアーティスティックスイミングの決勝などが行われた。
同大会は、読売新聞社など後援、東京海上日動火災保険が特別後援している。
競泳では、13~14歳区分の男子400メートル自由形で、BIG木更津(スポーツクラブ、木更津市請西)の江沢選手が第7位に入賞した。
江沢選手は、前日の13~14歳区分の男子200メートルバタフライでは優勝を飾っている。

 


 

新千葉新聞社

〒292-0067
木更津市中央2-10-3

電話:0438-22-3849(本社)
FAX:0438-25-1684
E-Mail:shinchiba@nifty.com

Blog information

木更津暮らしの情報サイトをもっと知ってもらいたい

木更津市内の情報

KISACON

きさこんスタッフが木更津に来る人、木更津に住んでる人に向けて発信します。

掲示板はこちら