暮らし

新千葉新聞8月28日掲載

8月28日掲載
活力に満ちた商店街へ

2018-8-28-01

41回目を迎えて多彩なイベント  木更津駅東口観音堂御開帳 観音まつりを開催

木更津市のJR木更津駅東口の東部商店街振興組合(小林良雄理事長)主催「第41回観音まつり」が26日(日)、木更津駅東口・観音堂前と、水野スポーツ隣の駐車場で開かれた。
(同まつりは昭和53年に第1回を開催)
午前9時、観音堂前で開会式典と観音堂御開帳、無縁仏供養式が執り行われた。(写真)
式典には、渡辺芳邦市長、(代理・栗原由和経済部長)浜田靖一代議士(代理・近藤司)、齋藤髙根市議会議長、鈴木克己商工会議所会頭、野口義信観光協会長、國吉俊夫商店会連合会長はじめ、山口一男JR木更津駅長(代理・佐藤幸夫副駅長)、永野昭商工会議所専務理事、地元商店会関係者など約40人が参列した。
宮崎栄樹愛染院住職の読経が流れるなか、参列者は観音様のご加護への感謝と無縁仏の安らかなること、同商店街の繁栄などを祈念して焼香を行った。
小林理事長は、「この祭りが41回目を迎えられるのも関係者等の皆さまのご支援のお蔭。駅前の状況はここ数年変わってきているが、この歴史を継続して、駅前や地域の活性化を図るため、市民などの知恵を借り、英知を結集して取り組んで行きたい」などと主催者挨拶、多くの参列に感謝して一層の理解と協力を求めた。
来賓を代表して市長代理の栗原経済部長は「地域の発展と安寧を願う観音まつり、官民一体となって盛り上げ、活力に満ちた賑わいのある街となるよう、活性化に向けて尽力していきたい」と挨拶。
近藤司氏、齋藤議長、鈴木会頭、野口会長も、41年目を迎え、世代交代しながら歩みを重ね継続、伝統を構築していることに敬意を表し、同まつりを通し、市民の地域力、国・県・市や市議会等が力をあわせ、地域住民・商店街が一層絆を深め、共に繁栄していくよう願い、開会を祝した。
メイン会場の水野スポーツ隣の駐車場(特設舞台)では、正午からヨサコイソーラン(FORZA木更津、ふさのくに舞華恋、幻想花乱、神田外語大学)、バンドやバレエ、木更津高校ジャグリング部演技、木更津総合高校の吹奏楽部(写真下)と和太鼓部の演奏や、中国雑技団ショー、フラダンスなど多彩なパフォーマンスを披露した。
午後4時から、ダニー坊や楽団とジャンジャンジャンボリーズ(ファミリーマート脇の小道で)、スーパー大ビンゴ大会で盛り上がり、フリーマーケットや出店などで賑わった。
午後6時からは、シンガーソングライターのKAI YUMETOショーや、こどもちょうちん行列も会場から観音堂前まで行われ、TAIKIのマジックショーのあと、午後7時からの大抽選会で、まつりを締めくくった。

 


渡辺さん関東大会へ

2018-8-28-02

木更津高校2年 県弓道で同率4位

木更津高等学校(校長・廣部泰紀)弓道部の渡辺さん(2年)が、今月21日に千葉県総合スポーツセンター弓道場で行われた「平成30年度関東高等学校弓道個人選手権選抜大会千葉県予選会」で同率4位となり、「平成30年度関東高等学校弓道個人選手権選抜大会」に出場することになった。
渡辺さんは、6月下旬から女子の主将として、弓道部の中心となって練習に励んできた。
夏休みは、関東大会の行われる明治神宮の弓道場で弓を引くことを目標にしてきたという。
関東地域弓道連盟連合会・関東高等学校体育連盟主催の「平成30年度関東高等学校弓道個人選手権選抜大会」は、9月8日(土)と9日(日)、明治神宮武道場至誠館 第二弓道場(東京都渋谷区)で開催される。
渡辺さんは「関東大会では精いっぱいの射で挑んできます」と決意を述べていた。
(写真は予選会の渡辺さんの試合の様子)

 


ふるさと産品応援します

2018-8-28-03

木更津商工会議所等 お店の逸品登録説明会

~ふるさと産品応援します!~自社の売上アップに役立てませんか?
木更津商工会議所中小企業相談所、木更津市産業・創業支援センター主催、「ふるさとチョイス等を活用して販路拡大!『お店の逸品』登録説明会」が、9月12日(水)午後2時30分~4時10分、木更津商工会議所3階研修室で開かれる。
現在、参加者を募集中。
共催は木更津市、富来田商工会、一般社団法人木更津市観光協会。
全国で3千億円といわれている「ふるさと納税返礼品市場」。
木更津市のおいても寄付額は年々増えており、平成29年度には2900万円、返礼品も200点(7月末現在)を超える商品が登録されている。
説明会では計4部に分かれ、それぞれテーマごとに担当者が説明する。
参加費無料、定員先着40人。
申し込みはファックスで。
説明会終了後、事前予約した人を対象に個別相談が5時まで行われる。
内容及び説明者は次の通り。敬称略。

▷第一部(2時30分~3時)
=「ふるさと納税制度の概要・木更津市ふるさと納税の状況等について」木更津市財政課・榎本武洋
▷第二部(3時~3時30分)
=「ふるさと納税返礼品の登録手続き等について」㈲ちばマガジン、㈱フューチャーリンクネットワーク担当者
▷第三部(3時30分~3時50分)
=「道の駅で採用される商品の特徴と消費者動向等について」道の駅木更津うまくたの里総支配人・後藤久也
▷第四部(3時50分~4時10分)
=「木更津みやげ発掘!木更津推奨土産品への登録・活用について」(一社)木更津市観光協会観光案内所 神谷啓子

なお、一部内容が変更になる場合もあるので予め了承をと。
参加申し込み及び問い合わせは木更津商工会議所へ
(TEL 0438-37-8700、FAX 同37-8705)。

 


 

新千葉新聞社

〒292-0067
木更津市中央2-10-3

電話:0438-22-3849(本社)
FAX:0438-25-1684
E-Mail:shinchiba@nifty.com

Blog information

木更津暮らしの情報サイトをもっと知ってもらいたい

木更津市内の情報

KISACON

きさこんスタッフが木更津に来る人、木更津に住んでる人に向けて発信します。

掲示板はこちら