暮らし

新千葉新聞8月18日掲載

8月18日掲載
過去最多1万4千発

2018-8-18-01

盛大に木更津港まつり、住民も花火を堪能  やっさいもっさい踊り 大賞は泉水&紅陵連

木更津港の先覚者の霊を慰め、ふるさと木更津の発展を期す、「第71回木更津港まつり」が14日(火)、15日(水)に開かれた。
今年で44回を数える『やっさいもっさい踊り大会』開催の14日は、暑い中にも涼風の吹く天気で、4万7千人(前年3万8千人)の大勢の人々が繰り出し、木更津の踊りを楽しんだ。
また翌15日の「花火大会」は、天候にも恵まれ、約25万3千人(内港周辺10万人含む。前年19万5千人、同8万人)の大勢の観客が訪れ、豪華な花火(写真下)を堪能した。
市民スポンサーの心意気や共栄運輸㈱・共栄海運㈱の提供による豪快二尺玉(直径450メートル、最高点が675メートルとなり、東京スカイツリーを超える高さ)5連発や、関東一超々特大スターマインなど、過去最多の約1万4千発の花火が打ち上げられ、夜空と内湾港の海面を華やかに彩る花火を満喫した。
新日鐵住金㈱君津製鐵所の尺玉連発付超特大超ウルトラファイヤーイリュージョンスターマイン等も大きな歓声をあびていた。
14日午前10時からは、鳥居崎公園の頌徳碑(しょうとくひ)前で修祓式(しゅばつしき)が挙行され、八剱八幡神社の八剱隆宮司により神事が執り行われ、小野山修平港まつり実行(木更津港湾愛護協会長、新日鐵住金㈱君津鐵構所長)や渡辺芳邦港まつり名誉会長(市長)、斎藤高根市議会議長、鈴木洋邦君津市長、髙橋恭市富津市長、出口清袖ケ浦市長、髙橋浩・森岳両県議、柏木秀美木更津港長、鈴木克己商工会議所会頭、野口義信観光協会長、前田亮木更津港運協会長などが玉串奉奠を行い、木更津港の開発に尽力した先覚者に慰霊の祈りを捧げた。
上空では自衛隊のヘリコプター2機が、慰霊の編隊飛行を行った。
「やっさいもっさい踊り大会」は、木更津駅西口(ロータリー)からエルシオン交差点手前までの富士見通り約7百メートルを、86連、4444人が、サンバ調の軽快なリズムに乗って、それぞれ凝った衣装で「おおそうだよ」の意味の「オサ、オサ、オッサ」の掛け声も威勢良く、熱く踊りを繰り広げた。
昭和49年に、かずさ青年会議所によりこの踊りが誕生。
新日鐵が進出してきて木更津周辺の人口が飛躍的に増えた時代に、新旧住民が一緒になって触れ合える場所をつくろうとスタートした。
総合司会をしたのは同市桜井出身のシンガーソングライター、イシワタケイタさん(3年連続)とかずさエフエム・パーソナリティの嘉屋﨑道子さん(4年連続)。
昨年の優勝旗と準優勝カップの返還後、小野山実行委員長が、準備や整備など関係者の尽力・協力に感謝したうえで「今年も皆さんと一緒に、心一つに踊り、盛り上げていきたい」と主催者挨拶。
また、渡辺名誉会長は「86連、4444人の踊り手たち、ようこそ!!天気にも恵まれ、木更津の楽しい夏、無事に過ごしていただき、最後まで楽しい時間を堪能してほしい」などと挨拶した。
鈴木崇史やっさいもっさい部長(かずさ青年会議所理事長)の合図でスタート。
各連の整然とした踊りや全体の美しさを競う「第27回やっさいもっさい踊りコンテスト」では休憩を挟み約2時間、1、2回目は基本の踊り、3、4回目はフリースタイルで、3回目までを審査。
審査員は鈴木崇史、秀和延若、鶴岡英樹、北村和則、鹿嶋恵子、瑧沢敦子、松本吉崇、板垣勲、佐伯浩一の9氏。
審査の結果、1位のやっさいもっさい大賞には、赤い着物姿で綺麗に踊った「泉水きもの教室&拓大紅陵」(連長・泉水俊江、82人、写真上)が選ばれた。
連長の泉水さんは「感激です。日頃はスポーツなどをやっている子たちですが、みんな良く頑張ってくれました」と話し、みんなの笑顔がはじけた。
講評では鈴木審査委員長が「厳正に審査したが、どの連も活気があふれていて素敵な笑顔いっぱいの、熱気が強く感じられる踊りだった」と締めくくった。
入賞チームは次の通り。(敬称略)
▷1位(やっさいもっさい大賞)=「泉水きもの教室&拓大紅陵」
(連長・泉水俊江、82人)優勝旗、優勝旛、優勝楯、賞状。
▷2位(やっさいもっさい賞)=「木更津病院」
(連長・小林圭介、43人)準優勝カップ、準優勝旛、賞状
▷3位(やっさいもっさい賞)=「木更津東高校ダンス部OG」
(連長・齋藤朝希、22人)楯と賞状。
▷特別賞・チームワーク賞「FORZA木更津」
(連長・岩鼻方美、152人)同。
▷特別賞・粋でいなせな賞=「GO!GO!輝楽狸」
(連長・志水由佳、36人)同。
▷特別賞・ファミリー賞=「石川フレンズ」
(連長・石渡美喜、33人)同。
▷特別賞・地域連賞=「新田区連」
(連長・吾津松太郎、80人)同。
(敬称略)

 

 

励まし合って20キロ完歩

2018-8-18-02

岩根中の生徒たち ナイトウォーク実施

木更津市の青少年育成岩根東地区住民会議(安藤小平会長)主催による「第18回ナイトウォーク」が今月4日(土)、実施された。
出発式の後、午後4時50分、岩根中学校の生徒160人をはじめ、一般参加者を含め175人が、岩根中学校を出発。
この日は幾分日が陰っていたものの、まだまだ暑い中、南清小学校、清川中学校での休憩を挟み約20キロを励まし合いながら歩き、午後10時、全員が岩根中学校にゴールした。
参加者のほか、ルート誘導・警備・休憩所準備や清掃など、交通安全協会、小中PTA等14団体の支援者があり、まさに学校と保護者と地域が一体となったイベントとなった。
3年生の西村君は「当日、高校見学や塾などがあり疲れていたが、学級の仲間と話しながら歩くことでつらいとは思わなかった。
忙しい中でも、参加して良かった」と話し、2年生の安藤さんは、「自分たちで最後まで何かをやり遂げることと、協力することの大切さを学ぶことが出来た。来年も参加してみんなで楽しみたい」と、感謝を述べていた。
(写真は元気に帰ってきた生徒たち)

 


 

新千葉新聞社

〒292-0067
木更津市中央2-10-3

電話:0438-22-3849(本社)
FAX:0438-25-1684
E-Mail:shinchiba@nifty.com

Blog information

木更津暮らしの情報サイトをもっと知ってもらいたい

木更津市内の情報

KISACON

きさこんスタッフが木更津に来る人、木更津に住んでる人に向けて発信します。

掲示板はこちら