暮らし

新千葉新聞7月3・4日掲載

7月3日掲載
木更津~渋谷線を開業

2018-7-3-01

小湊鐵道(株) 袖ケ浦経て高速バス

小湊鐵道(株)(本社・市原市五井中央東1-1-2、五井駅東口目の前)は、(株)東急トランセと共同で、「木更津~渋谷線」を、7月10日(火)に開業する。
アクアライン高速バスはもちろん、千葉県からの都市間高速バスとして、初めて東京・渋谷に乗り入れる高速バスとなる。
木更津駅西口の4番乗り場(新宿行きと同じ)から袖ケ浦バスターミナルを経て、アクアライン、渋谷となる。
渋谷は、マークシティ(商業施設)5階のバスターミナルに止まる。
運賃は、木更津駅から、大人1550円(小人780円)、袖ケ浦バスターミナルからは大人1450円(小人730円)となっている。

 

 

 

中学生が小学生に勉強を

2018-7-3-02

金田小中学校連携 金田まなびっこクラブ

金田小中学校連携の一環として、このほど、「金田まなびっこクラブ」が実施された。
これは、金田中学校(西克夫校長)の生徒が、金田小学校(高野芳一校長)を訪れ、1年生から6年生の学習をサポートするというもの。
今年で6年目ということで定着してきており、互いに楽しみな時間の1つになっている。
やさしいお兄さん、お姉さんとの学習は、小学生には楽しく、そして意欲を持って学習に取り組めた時間となった。
1年生にはひらがなとたし算の練習、2・3年生には、たし算・ひき算の筆算、4年生は、わり算に筆算、5・6年生は小数・分数のわり算・かけ算を、学年ごとに中学生は縦割りの班を組んで、それぞれが先生となって各課題に取り組んだ。
時には真剣な表情で、時には笑顔でアドバイスしながら、あっという間に45分間が過ぎていった。
終了後の小学生のアンケートでは、「中学生の説明がわかりやすくて、一緒に勉強ができて楽しかった」「間違えたところをていねいに教えてくれてよかった」などの感想が書かれていた。
また中学1年生の和田さんは「初めて教える側にまわって、少し不安だったけど、きちんと教えることができたのでよかった」と話し、同じく中学1年生の中島さんは「小学校5年生の問題はちょっと難しかったけど、小学生がわかってくれたようなので、安心した」と述べていた、
中学生も、小学生に教えることで、温かい気持ちを持てた時間となった。
次回は12月3日に実施の予定。
(写真は中学生が教える様子)

 

 

 

猛暑の中、市民野球熱戦

2018-7-3-03

木更津市野球連盟 市営と江川球場で

木更津市野球連盟主催「市民野球夏季大会」は6月17日にC級2部1~2回戦9試合、7月1日にC級2~3部1~2回戦5試合が市営・江川球場で行われた。
(6月24日は雨天のため中止)
結果は次の通り。

【6月17日】
《C級2部》
◎1回戦
▷航空自衛隊      7-0 HICK
▷全軟会        2-1 ぶひっ
▷ゴルティーズ(不戦勝) -  アクア
▷EVOLUTION      3-0 ナンバーズ
▷WINS(不戦勝)     -  木・マルーンズ
▷木・ウイングス    7-0 スターレーン

◎2回戦
▷KFD          5-2 おのでら
▷松菱タイガース(不戦勝)-  Cats eye
▷林ジャイアンず     -  MBC =両チーム棄権

【7月1日】
《C級2部》
◎2回戦
▷柴秀(不戦勝)         =相手チーム棄権
▷航空自衛隊      9-2 木・球信倶楽部(6回コールド)

《C級3部》
◎1回戦
▷高田工業所      5-4 八幡台ロイヤルズ
▷マジンガーZ      -  A to Z=両チーム棄権
▷ブラザーズ(不戦勝)  -  畑沢マグナムズ

 

 

 

7月4日掲載
「失神」についての話

2018-7-4-01

JA木更津市講演会 講師は田邉大明医師

木更津市農業協同組合(梅澤千加夫代表理事組合長、以下JA木更津市)主催、『医療講演会』~あなたの大切な人が目の前で倒れたら~、が、7月7日(土)JA木更津市大会議室で開催される。
講師は、医療法人鉄蕉会亀田総合病院心臓血管外科主任部長・田邉大明氏。
講演内容は、「失神」についての話。
米国の研究によれば世界での失神発生率は年間千人あたり6人。
これを日本の人口に当てはまると年間70万人以上になるという。
失神は貧血といわれてきたが、心臓疾患に起因するものもあるという。
この講演では、心臓の専門医から、日常的に注意することなどのヒントをもらい、生涯現役で過ごそうというもの。
多くの来場を歓迎している。
参加申し込みはJA木更津市生活課 TEL 0438-23-0501 内線2715。

 

 


モンダミンカップ見学

2018-7-4-02

富岡小学校 全校児童キャリア教育

木更津市立富岡小学校(校長・佐藤千明)では、全校児童28人と職員8人が、「アース・モンダミンカップ見学(キャリア教育)」の体験活動をこのほど、カメリアヒルズカントリークラブで実施した。
同校の見学は今年度で7回目となる、
一昨年までは5、6年生を対象にして実施されていたが、富岡小が平成30年度末で閉校するということもあり、昨年からは全校児童による見学となった。
当日は小雨のなか、児童たちはカッパを着て、選手が練習している姿や、役員の人々が働いている様子に興味津々なまなざしを送っていた。
普段、子どもたちがテレビ中継で目にするのは、広大なゴルフ場での颯爽とプレイする女子プロゴルファーの姿である。
しかし、会場に着き、テレ・プランニングの人からの説明を聞き、選手だけでは大会が運営されず、その裏では、カメラマンや記者、警備の人や芝の整備をする担当者など、多くの人々の努力があり、互いに支え合うことで、選手が気持ちよく活躍でき、観客も試合を楽しむことができることを知る良い機会となったようだった。
低学年は、スポーツとしてのゴルフを知ったり、様々な施設を見学したりすることで、高学年は、ゴルフ場で働く人々の説明を聞いたり、1つの大会のために様々な仕事が必要であることを知ったり、それぞれの学年に合った学習となり、とても有意義な時間を過ごすことができた。
また、見学の際には、スタッフさんからの大会ロゴの入ったキャップまでプレゼントされ、児童たちにとって大満足の体験学習となった。
今後は今回の学習をきっかけにし、様々な職業を調べたり、自分の将来について考えたりしていく。
(写真はモンダミンカップを見学した富岡小の児童たち)

 


新千葉新聞社

〒292-0067
木更津市中央2-10-3

電話:0438-22-3849(本社)
FAX:0438-25-1684
E-Mail:shinchiba@nifty.com

Blog information

木更津暮らしの情報サイトをもっと知ってもらいたい

木更津市内の情報

KISACON

きさこんスタッフが木更津に来る人、木更津に住んでる人に向けて発信します。

掲示板はこちら