暮らし

新千葉新聞7月21日掲載

7月21日掲載

陸自木更津駐屯地と協定

2019-7-21-01

滑走路を自転車、ランニングで駆け抜ける  木更津トライアスロン大会 実行委員会が調印式

陸上自衛隊木更津駐屯地(司令・酒井秀典陸将補)の広大な滑走路を自転車、ランニングで駆け抜ける日本国内唯一のトライアスロン大会「2019木更津トライアスロン大会」は、8月25日(日)に開催される。
同大会は2015年から始まり今回で5回目。
木更津トライアスロン大会実行委員会(実行委員長・田中幸子副市長)では、17日午前11時から木更津駐屯地内で、同大会の支援内容に関する「協定書の調印式」を行った。
調印式では、酒井司令と田中実行委員長が協定内容を確認し、署名捺印。(写真)
酒井司令は「地域を盛り上げるため、大会が大成功となるよう期待します」などと挨拶。
田中委員長は「万全の準備で、安全・安心に、多くの皆様に楽しんでもらえる大会にしていきたい。ご協力ありがとうございます。よろしくお願いします」などと感謝した。
協定書の内容は、駐屯地内で使用する敷地に関すること、使用期間・時間、緊急事態発生時には支援を一部・全てを中止することもある、-などが盛り込まれている。
同大会の参加申し込みは7月31日まで。
詳しくは木更津市スポーツ振興課TEL0438-23-5319へ。

 

危険個所確認パトロール

2019-7-21-02

太田中学区住民会議 ゴミ拾いや花植え

木更津市の青少年育成太田中学区住民会議(尾崎進会長)主催による、学区内のゴミ拾いを兼ねた令和元年度第1回「危険個所確認パトロール活動」がこのほど実施された。
同パトロールは、例年7月と12月に実施されている。
今回は特に夏休みをまじかに控え、住民会議メンバー約30人に加え、清見台交番からも警察官が参加した。
清見台・太田・請西の一部の地域の通学路を中心に5つのコースに分かれて、途中空き缶などのゴミを拾いながら、歩道の側溝や空き家となった建物など、危険と思われる場所や、日常生活で死角になっている場所などを約1時間かけて点検し、安全確認やごみのないきれいな地域づくりを行った。
パトロールで見つかった危険個所は早期改善に向け、市や警察等に働きかけ、改善を図って行く予定。
また同日、清見台小学区青少年相談員と地域の子ども会(南町、相里、太田、東太田)が協力して、清見台公民館(星野隆弘館長)の花壇に夏の草花苗の植栽を行った。
(写真は草むらを点検する住民会議のメンバーたち)

 

西上総の城郭について

2019-7-21-03

房総の地域文化講座 講師は小高春雄氏

房総の地域文化を学ぶ会(会長・金子馨前木更津市史編集委員会委員長)主催「房総の地域文化講座」が、今月28日(日)午後2時~3時40分(午後1時45分から受付)、木更津市立中央公民館(木更津駅西口前、スパークルシティ木更津6階)第2会議室で開かれる。
今回は小高春雄氏(大多喜町教育委員会)を講師に迎え、『最新の調査結果を踏まえた西上総の城郭について』を演題に話を聞く。
真里谷城跡、笹子城跡などの戦国時代の城跡を中心に、最新の調査・研究の成果を解説する。
受講料400円(非会員のみ。会員は無料)。
参加申し込み・問い合わせは同会の筑紫(つくし)敏夫幹事長までEメールか、電話で。
TEL 090-3431-9483(留守電に伝言メッセージを残す)。
アドレス toshi-551223@kzh.biglobe.ne.jp
なお、同公民館(スパークルシティ)に無料駐車場はないため、電車やバスなど公共交通機関の利用を案内している。

 

ホームステイの対面式

2019-7-21-04

千葉大と木更津高専の留学生 七夕楽しむ  木更津市国際交流協会 3市で10人を受入れ

木更津市国際交流協会KIFA語学交流部会ホームステイ担当はこのほど、木更津市中央公民館で恒例の夏季ホームステイ受け入れ対面式を実施した。
当日来津したのは千葉大学(見城悌治准教授)と木更津工業高等専門学校(湯谷賢太郎准教授)の留学生10人(男性6人、女性4人)。内訳は韓国4人、モンゴル2人、台湾1人、インドネシア1人、マレーシア1人、ドイツ1人。
ホストファミリーは木更津市、君津市、袖ケ浦市のボランティア。
対面式に先立ち、千葉大学国際教養学部の見城准教授が、1994年に始まった同大学留学生の木更津市や近隣市へのホームステイ事業でKIFAに多くの支援を受けたことに謝辞を述べ、KIFAに多くの支援を受けたことに謝辞を述べ、KIFAの天内くみ子会長に感謝状を贈呈した。
同大学の留学生派遣は学部改編等の事情もあり、今回で26年間(派遣人数・延べ600人余)の活動に幕を下ろす。
今回の対面式では、留学生が母国語で朝の挨拶をし、流暢な日本語で来日目的や専門科目を自己紹介した。
打ち解けた雰囲気のなか、留学生とホストファミリーが七夕短冊に家族の健康安全、世界の平和、学業成就などそれぞれの願い事を書き、笹の葉に取り付けた。(写真)
中には、日本と母国の更なる友好発展を願う短冊も見られた。
全員で記念撮影をし対面式は終了。
七夕の日の出会いを果たし、留学生はホストファミリーに伴われて各家庭に向かい、有意義な1泊2日を過ごした。
ホームステイに関する問い合わせはKIFA事務局(市企画課内)へTEL 0438-25-0282。

 

空手道男子団体組手でV

2019-7-21-05

自転車の清水と共にインターハイへ  拓大紅陵高校県総体 形で髙橋が優勝

千葉県高等学校総合体育大会空手道競技が、千葉県武道館で行われた。
拓殖大学紅陵高校空手道部は男子団体組手で優勝、男子個人形で髙橋が優勝。
8月8日(木)から11日(日)に沖縄県名護市(21世紀の森体育館)で行われる、令和元年度全国高等学校総合体育大会(インターハイ)への出場を獲得した。
また、令和元年度全国高等学校総合体育大会自転車競技大会が、7月29日から沖縄県北中城村で行われるが、千葉県代表として、拓大紅陵高等学校自転車競技部の清水選手が、スプリント種目に出場する。
同選手は昨年の全国総体や全国選抜大会にも出場経験がある。
清水選手と空手道部選手達は、共に千葉県代表として日本一を目指し、大いなる活躍が期待されている。
(写真は県大会で優勝した拓大紅陵空手道部選手)

 

歌声響かせて結団32年

2019-7-21-06

清見台混声合唱団 君津で定期演奏会

木更津市の清見台混声合唱団(代表・一色恵子)の「定期演奏会」が、きょう21日(日)午後2時(開場1時30分)から、君津市民文化ホール(中ホール・母子室あり)で開かれる。
君津地域4市教育委員会後援。
定期演奏会は隔年で開かれ、今回で16回目(結団後32年)を迎えた。
曲目は
▷モーツァルト作曲「ヴェスペレ」
▷池辺晋一郎作曲、混声合唱組曲「円形の天地…京都から」
▷マスカーニ・他作曲、オペラ合唱曲より。
指揮・小野忠雄(声楽家、元県立天羽高校校長)、ピアノ・竹本三佳、ソリストは佐藤悠子(ソプラノ)、杉村麻衣子(アルト)、神林絋一(テノール)、沼田盛也(バス)の皆さん(敬称略)。
賛助出演はレゾナンツ・カペレ。
入場料500円。全席自由。当日券あり。

 

食べ放題や丸太彫刻等

2019-7-21-07

エザワフルーツランド なつやすみイベント

木更津市真里谷のブルーベリー園「エザワフルーツランド」(代表・江澤貞雄)で、無農薬の完熟ブルーベリー摘み取り食べ放題が、20日から始まった。
同園は今年で開園18年目。
大自然の中に植えられたブルーベリーは、植え付け時から化学肥料と農薬を一切使用せず完全無農薬で育てたもの。
開園時間は午前9時から午後5時まで。
入園料は大人1,000円(中学生以上)、小人500円(小学生)。
森林浴しながら里山を十分ほど歩くため、運動靴・軽装で来園ををと。
また、園内では7月から8月にかけて、木更津市観光ブルーベリー園協議会の後援のもと《なつやすみイベント》が次の通り行われる。
イベントはいずれも観覧無料。
◎7月28日(日)=「世界チャンピオン 栗田宏武チェンソーカービングショー」~1本の丸太から彫刻作品を作ります!~。
午前の部10時30分~、午後の部1時30分~。
◎8月3日(土)=「懐かしのうたごえ喫茶」~童謡・唱歌など一緒に歌いましょう!~。
シュミットハープ 長尾彰久(認定音楽療法士)、アコーディオン切明畑節子。
午後1時~3時。
◎8月11日(日・祝)=「音と色彩のコンサート」。
シンガーソングライター松本佳奈、ライブペインティング育色工房。
午前の部11時30分~、午後の部2時30分~。
申し込み、問い合わせは同園へ TEL0438-53-5160。

 

毎日書道展「東京展」

2019-7-21-08
国立新美術館 地元31人入選

『第71回毎日書道展』(毎日新聞社、毎日書道会主催)の「東京展」が10日から国立新美術館(東京都六本木)で始まっている。
最終は8月4日(日)。
東京展を皮切りに全国10都市で開催される。
同書道展は、漢字、かな、近代詩文書、大字書、篆刻、刻字、前衛書と、書道の全部門を網羅する日本最大の公募展。
例年の出品数は約3万点にものぼる。
君津地域からも多数が応募、次の31人が入選した。(敬称略)
【公募】
▷かなⅠ類=木下馨舟(袖ケ浦市)
▷かなⅡ類=斉藤さな江(袖ケ浦市)
▷近代詩文書=飯山悦代、金木恭子、苅込智子、岸本沙矢香、小林弘子、小原やす子、佐々木功、鈴木真理子、須藤克也、滝口畊佳、日高右真、古市三枝子、松津節子、村井祥峯、山岡裕子(以上木更津市)、石濱愛弓、小川朱美、長谷川侑子、升森久蕙(以上君津市)、佐久間ふみ江、鈴木秀夫、積田恵雲、福田潮(以上袖ケ浦市)
▷大字書=大森富美子(木更津市)
◎U23
▷近代詩文書=小沼明日香、千代倉英美、村田亜未、森下理名、山口比奈(以上木更津市)

 


 

新千葉新聞社


〒292-0067
木更津市中央2-10-3

電話:0438-22-3849(本社)
FAX:0438-25-1684
E-Mail:shinchiba@nifty.com

Blog information

木更津暮らしの情報サイトをもっと知ってもらいたい

木更津市内の情報

KISACON

きさこんスタッフが木更津に来る人、木更津に住んでる人に向けて発信します。

掲示板はこちら