暮らし

新千葉新聞7月2日掲載

7月2日掲載

ふるさと木更津を再発見

2019-7-2-01木更津みち案内人協会の協力で実施  木更津第一小学校 6年生が町を探検

木更津市立木更津第一小学校(河野勝校長、児童数416人)はこのほど、6年生83人が参加して「ふるさと探検隊」を実施した。
この学習は、同校の教育目標である「ふるさと木更津を愛し次代を担う児童の育成」の実現を目指し、「木更津みち案内人協会」の協力のもと毎年実施されている。
児童は9つのグループに分かれて地域をまわり、案内人の人たちの説明に熱心に耳を傾けていた。
探検を終えた児童からは「ずっと木更津に住んでいて、いつも見ているはずなのに、知らないことがいっぱいあった」「やはり木更津は伝統があると言われるだけあって、寺や神社、通りの名前の由来など、歴史が感じられるものが多かった」など驚きの声が数多く聞かれた。
この学習を中心になって計画した6年生主任の川名洋一郎教諭は「昨年度から、対象学年を3年生から6年生に変更しているが、案内人の人たちの話がより深く理解できるようになり、多くの児童が興味をもって学習に臨むことができた。この探検を通して地域のよさを再発見し、子供たちがふるさと木更津への愛着を深められるようにしていきたい」と語った。
(写真は、木更津駅西口の光明寺の黒松を見学する児童達)

 

学区内のゴミ拾いに精出す

2019-7-2-02

三中学区青少年育成会議主催、木三中生徒も

木更津市の三中学区青少年育成会議主催の「令和元年度環境浄化作業」が23日(日)午前9時~11時まで実施された。
参加したのは、三中学区青少年育成会議から22人、木更津第三中学校生徒28人(野球部、サッカー部)、西清川公民館職員5人の計55人。
当日は、学区内のゴミ拾いなど環境美化作業に精を出した。

 

木総合女子がテニスV

2019-7-2-03

スポーツの関東高校大会 地元校が大活躍

スポーツの関東高校大会がこのほど各地で行われ、県予選を勝ち抜いた精鋭が出場して熱戦を展開した。
君津地域からも多数が出場し健闘。
ソフトテニスの女子団体では木更津総合が霞ケ浦(茨城)を2-0で降し、2年ぶり5度目の優勝を決めた。
地元勢の成績は次の通り。
◎ソフトテニス
▷女子団体優勝=木更津総合
▷男子ダブルスベスト4=遠藤・滝瀬(木更津総合)
◎柔道
▷男子団体準優勝=木更津総合
▷女子52キロ級準優勝=永井(木更津総合)
◎少林寺拳法
▷男子単独演武準優勝=北原(志学館)
▷女子団体演武3位=志学館
◎サッカー
▷女子3位=暁星国際
◎卓球
▷女子ダブルスベスト4=高田・福田(木更津総合)
▷女子団体ベスト4=木更津総合
◎剣道
▷女子団体ベスト4=翔凛
◎相撲
▷個人軽重量級準優勝=内田(拓大紅陵)
▷個人軽量級バスト4=扇(拓大紅陵)
▷団体ベスト4=拓大紅陵
◎空手
▷男子組手団体ベスト4=拓大紅陵
▷男子形団体ベスト4=拓大紅陵
▷男子形個人ベスト4=高橋(拓大紅陵)


 

新千葉新聞社


〒292-0067
木更津市中央2-10-3

電話:0438-22-3849(本社)
FAX:0438-25-1684
E-Mail:shinchiba@nifty.com

Blog information

木更津暮らしの情報サイトをもっと知ってもらいたい

木更津市内の情報

KISACON

きさこんスタッフが木更津に来る人、木更津に住んでる人に向けて発信します。

掲示板はこちら