暮らし

新千葉新聞7月12日掲載

7月12日掲載

関東一の大神輿担ぐ

2018-7-12-01

平成30年年番区は北町区と新宿区  大神輿巡幸の日程 八剱八幡神社の例祭

木更津の夏を盛り上げる、木更津市富士見の上総国木更津鎮座・八剱八幡神社(八剱隆宮司)の例祭が、今月14日(土)と15日(日)神輿巡幸の日程で盛大に執り行われる。
当番町は北町区と新宿区。
祭礼委員長は山本俊夫氏、祭礼副委員長は大坪満氏、祭礼委員は、石井久喜、小嶋康司、小川三喜男、山村正の各氏。
祭礼最大の呼び物は「大神輿巡幸」で、14日、15日の両日、全町内を渡御し、担ぎ手100人~120人で奉昇(ほうよ=かつぐ)する。
金色に輝く現在の神輿は、嘉永3年(1850)に創建され、重さ1.5トンもあり、「関東三大神輿」の1つに数えられている。
神輿に対し向かい合わせで担ぎ、「オリャ、オリャ」「ヤサコリャ」の木更津独特の掛け声と、担ぎ手が次々に代わっていくのも特徴で、時代が変わった今でも、当時の勢いは衰えていない。
大神輿の勇壮さと継ぎ手の"粋"が、見る物を魅了する「木更津の祭り」である。
八剱八幡神社では、13日(金)午後2時から本殿祭が行われる。
本殿祭は神社創建に縁り深いお祭りとして、神恩に感謝し神徳を称え一層の加護を祈念する。
巫女舞の奉納も行われる。
大神輿巡幸の経路は次の通り。(旧町名)

◎14日(土)
▷午前6時50分社殿で発輿祭―7時5分境内で神輿宮出し―7時20分八幡町(鳥居前受渡)町内渡御―7時45分本町(千葉信用金庫中央支店前受渡)町内渡御-8時20分大和町1区(選擇寺~浪久医院間奉昇)―9時15分大和町2区(光明寺前受渡、みずほ銀行前~駅西口駐車場前奉昇)―10時10分大和町親交会(はぎわら病院内受渡、県道木更津停車場線~ひらの酒店奉昇)―11時30分稲荷町(さわや前奉昇)―午後2時10分北町(山田眼科前受渡)ヤマモトデンキ前奉昇―3時新宿区(小松看板店前受渡)町内渡御―4時30分御仮屋祭(栄太桜脇駐車場)

◎15日(日)
▷午前7時20分御仮屋にて発輿祭―7時50分新平前天王台の儀―8時吾妻神社広前の儀(中野畑沢線奉昇)―9時第二天王台の儀―9時10分新宿区(船溜り奉昇)―10時30分北片町、遥拝所の儀(元川島竹材店前奉昇)―11時30分仲片町(権九魚店~鈴木肉店奉昇)―午後1時30分南片町(岡埜栄泉堂前受渡)町内渡御―2時20分弁天町(宝家前受渡)町内渡御―3時10分南町(伊勢元酒店前奉昇)―3時50分新田区(證誠寺橋受渡、石井病院前奉昇)―5時10分宮入り(藤井歯科医院前より出発)―6時30分還御祭(例祭終了奉告祭)。
(写真は今年の八剱八幡神社例祭のポスター、中の写真は年番区提供)

 


暫定配備は決定していない

2018-7-12-02

米海軍厚木基地も訪問し司令官に要請  オスプレイ問題 渡辺市長が防衛省訪問

木更津市の渡辺芳邦市長は9日、都内の防衛省及び神奈川県綾瀬市の米海軍厚木基地を訪問して、「本年秋ごろ納入予定の陸上自衛隊オスプレイ5機を木更津駐屯地に暫定配備する」との報道に対する真意を尋ねるとともに、米海軍厚木基地では「今後実施が予定されている米海兵隊MV-22オスプレイの定期機体整備の試験飛行等に関しての要請を行ってきた。

▷防衛省では、午前11時15分から約30分間、西田安範防衛省整備計画局長と面会。防衛省から、
①「陸上自衛隊オスプレイの佐賀空港配備に係わる調整状況について」、
②「AH-64Dの事故(今年2月に佐賀県で発生)について」、
③「陸上自衛隊オスプレイの安全性説明について」の情報提供(文書)を受けた。
これを受け渡辺市長は、「陸自オスプレイを引き続き佐賀空港に配備したいと考えていることや、佐賀空港配備の調整状況について直接確認することが出来た。また、佐賀空港における施設整備が完了するまでの間、陸自オスプレイの一時的な処置について、防衛省では様々な選択肢を検討している―等の説明を受けた。
その様々な選択肢の内容について照会したが、『現在、省内の関係部署で検討中であり、答えられない。木更津市に暫定的に配備することを決定した事実はない』等の回答があった。
市では、今後も引き続き、防衛省から直接正確な情報収集に努める―と話している。

▷米海軍厚木基地では、午前9時から40分間、ジェームス スティーブ カーマイケル中佐(厚木FRCWP司令官)と面会。
渡辺市長は、米海軍へ、今後、オスプレイが木更津駐屯地に飛来したり、普天間基地へ帰投する際、また、定期機体整備終了前の試験飛行の際には、『覚書』を順守するとともに、潮干狩り機関の飛行に十分配慮するよう」要請した。
同司令官からは、「木更津市の懸念や要望については既に理解している。これからも木更津市民等に安心してもらえるよう配慮していく。懸念があればいつでも言ってもらいたい」「オスプレイの整備作業では、整備企業の(株)スバルの整備要員の技術力も向上しており、安全な飛行運用を確保できると考える」との発言もあった。

 


今夏も熱く燃えよ!

2018-7-12-03

全国高校野球選手権千葉大会に向けて  木更津総合高校 選手壮行会で激励

第100回全国高等学校野球選手権記念千葉大会の開幕を目前に控え、木更津総合高校(真板竜太郎校長)ではこのほど「選手壮行会」を行い、甲子園を目指し千葉大会に臨む選手達を激励した。(写真)
満場の拍手と吹奏楽部の演奏に迎えられて、部長、監督の先導で入場。
五島卓道監督は、「今年のスローガンは『満ちれば欠ける 執念!』、常に、前への精神で頑張っていきます」と挨拶。
続いて、主将の比護君が、「春の関東大会へ進んだ経験をこの夏の大会に活かし、昨年成し遂げられなかった、甲子園10勝目を地域にプレゼントしたい」と決意を表明した。
真板校長は「これまでの大きなプレッシャーをはね除けて多くの成果を出し、春に優勝、関東大会で大活躍をしてきた。夢の実現に向けて、三連覇を成し遂げ、全力校歌をスタンドと一体となって歌いましょう」と激励。
山本恵司後援会会長、川上太一郎野球部OB会代表、花澤吉啓保護者会会長からも、熱い応援の言葉が寄せられた。
野球部は、吹奏楽部、チアリーディング部、野球部員で組織する応援委員会が掲げる大応援旗に見送られ、部員一同決意も新たに、八剱八幡神社へ必勝祈願に向かった。
なお、五島監督は、これまでの功績が称えられ、日本高野連より『育成功労賞』を受賞、8月15日に甲子園野球場で表彰される予定。
Aシードの同校の初戦は14日(土)午前9時、ZOZOマリンスタジアムで行われる第一試合で、明聖高校―成東高校の勝者と対戦する。
登録選手は次の通り。
○数字は学年

▷比護③(主将)、白井③、山中③、大久保③、小池②、野尻③、神子③、田中③、東③、太田②、根本②、田中②、篠木①、吉鶴①、髙橋③、大曽根③、古川②、神山③、冨島③、松山③

 

 

第23回写真展

2018-7-12-04

写団「四季」イオンで

写団「四季」(代表・山口秋光、君津市)の「第23回写真展」―6人の四季―が、きょう12日(木)~同16日(月、祝)、午前11時~午後7時まで(最終日は午後4時30分迄)、イオンモール木更津のイオンホールBホール(2階、サイゼリヤ隣)で開かれる。
飯山武夫、石井正義、石橋喜弘、小笠原義人、鈴木弘恵、山口秋光の各氏が約20点を出品。
自然の中の一瞬のきらめきや美を、レンズを通して切り取った写真の展示会。
多くの来場を歓迎している。


 

新千葉新聞社

〒292-0067
木更津市中央2-10-3

電話:0438-22-3849(本社)
FAX:0438-25-1684
E-Mail:shinchiba@nifty.com

Blog information

木更津暮らしの情報サイトをもっと知ってもらいたい

木更津市内の情報

KISACON

きさこんスタッフが木更津に来る人、木更津に住んでる人に向けて発信します。

掲示板はこちら