暮らし

新千葉新聞7月10・11日掲載

7月10日掲載
夏の交通安全運動スタート

 

2018-7-10-01

「あなたは今 安全運転を していますか」  地元市の取り組み きょうから県下一斉に

「あなたは今 安全運転を していますか」を統一標語に、『平成30年夏の交通安全運動』が、きょう7月10日(火)~同19日(木)まで、県下一斉に展開される。
夏休み時期を迎え、子どもや若者たちの解放感から起こる事故や、海水浴など行楽地へ向かう交通量の増加などによる事故の発生が予測される。
行楽シーズンを直前に控えたこの時期に、交通安全教育や広報・啓発活動を集中的に展開することで、県民一人一人に交通ルールの順守と、正しい交通マナーの実践を習慣づけ、思いやりの心で「事故をおこさない」「事故に遭わない」ようにと呼びかける。
千葉県と千葉県交通安全対策推進委員会が主催。
同運動4つの重点目標は、
①子供と高齢者の交通事故防止。
②自転車の安全利用の推進(特に自転車安全利用5則の周知徹底)。
③後部座席を含めた全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底。
④飲酒運転の根絶。
君津地域4市でも市や警察署、交通安全関係機関が協力して、朝夕の登下校時・子ども達の見守り活動をはじめ、市ホームページ、広報紙、広報車、移動交番、防災無線、横断幕、懸垂幕、のぼり旗、チラシ等で様々な啓発活動を展開する。
各市の主な活動は次の通り。

【木更津市】
▷7日=交通公園で小学生対象の自転車安全教室
▷10日=「アクション10」に因み街頭啓発活動
▷14日=イオンモール木更津で「木更津署・木更津市共催、交通安全フェスタ」
▷18日=道の駅『木更津うまくたの里』で、富岡小児童・鼓笛隊などが出演して交通安全キャンペーン。

【君津市】
▷10日=午後3時から生涯学習交流センターで出動式、アピタ君津店前交差点及び、JR君津駅で啓発活動(雨天中止)
▷11日=味楽囲おびつ店及び周辺道路で、シートベルト・チャイルドシート着用推進啓発活動(君津青葉高校提供花の苗の配布、雨天13日)
▷17日=午後4時から、JR君津駅西口駐輪場前で自転車無料点検キャンペーン(雨天中止)
▷19日=午後7時から、JR君津駅南口前、飲食店を訪問して、飲酒運転撲滅街頭キャンペーン(雨天中止)

【富津市】
▷期間中、通学路で街頭監視活動
▷13日=スーパーおどや出入り口で、啓発物資の配布。
▷15日=明澄幼稚園園児による交通安全パレード(青堀駅~幼稚園)

【袖ヶ浦市】
▷10日=登校時に広報車で広報活動。
    シニアクラブ交通安全教室
▷12日=蔵波中学校で交通安全教室。
▷13日=シニアクラブ交通安全教室。
▷17日尾張屋長浦店で啓発活動。
(写真はポスター)

 


正しい自転車走行を学ぶ

2018-7-10-02

木更津第三中学校 事故を防ぐ乗り方等

木更津市立木更津第三中学校(齋藤毅人校長、生徒数242人)で3日、「自転車の交通安全教室」が開催された。
生徒会活動委員会が主催。
木更津第三中学校では、今年度から自転車通学が開始されたことに伴い、日常を含み、さらには夏休みをまじかに控え、正しく交通ルールを学び、正しい自転車走行ができるようにとの考えで実施されたもので、講師は木更津警察署交通安全課署員、木更津交通安全協会会員。
はじめに、体育館で木更津署の交通安全課から、木更津市内の自転車による交通事故の状況などが説明され、「自転車も車両の仲間であること」「事故などを起こした場合には車などと同じように多額の賠償責任が生じること」などを学び、認識を新たにした。
グラウンドでの実技講習では、自転車の正しい乗り方、危険な乗り方などの説明を聞いた後、実際に、自転車の前かごに重い荷物を入れた状態での走行体験を行った、
前かごの重い荷物に生徒達からは、「重さが感じられハンドルが思うように動かせなかった」「うまく運転できなかった」などの感想が寄せられた。
最後に、生活委員長から「交通事故が身近にあることがよく分かった。今日の学びを今後は生活に十分生かしていきましょう」などとの呼びかけがあり、自転車の便利さとともに、その危険にも思いを新たにした。

 


きれいな街でお出迎え

2018-7-10-03

木更津商工会議所女性会 遊歩道花壇に花植え

木更津商工会議所女性会(石井みち子会長)では、このほど、9人が参加して、木更津港周辺・富士見通り脇の遊歩道の花壇、「みなとオアシス花壇」に、夏に美しく咲く草花の植栽を行った。
早朝、午前6時から実施された作業では、荒れていた花壇をきれいに除草・耕し、色鮮やかな「マリーゴールド」や「サルビア」「百日草」等の花苗を手際よく植えつけ、美しい夏の花壇に蘇った。
夕方には更生保護NGOWD(国際)の人達も参加して、草取りや水やりなどで協力した。
しかし、その花壇の先の遊歩道は草が多く、八剱八幡神社の夏祭りも近いのでどうしたらよいのか、思案にくれているという。

 

 

7月11日掲載
基地対策関係施策に関して

2018-7-11-01

防衛省北関東防衛局(埼玉県)を訪問  木更津市議会 斉藤議長ら要望書

木更津市議会の斉藤高根議長、重城正義副議長、近藤忍基地対策特別委員会委員長、國吉俊夫同副委員長、原良明事務局長などは9日(月)午後2時30分、「防衛省北関東防衛局(埼玉県さいたま市)」を訪問して、《基地対策関係施策に関する要望》を行った。
同防衛局では、吉田廣太郎北関東防衛局長はじめ関係部課長など多数が同席した。
席上、木更津市議会では、小野寺五典防衛大臣、鈴木良之防衛装備庁長官、深山延暁地方協力局長、吉田廣太郎北関東防衛局長それぞれ宛に、斉藤議長・近藤委員長連名の要望書(4通)を吉田局長に手渡し、その後、意見交換を行った。
要望書の趣旨は次の通り。

①基地に関する市民の安全・安心を確保し市民の情報を提供すること。
(オスプレイの暫定配備の見通しについて。今年5月木更津駐屯地での部品落下事故に対し安全対策の徹底と再発防止等)
②基地周辺対策経費の所要額を確保し江川総合運動場の早期整備をすること(駐留軍等の再編の円滑な実施に関する特別措置法の改正検討と、特段の措置など)
③騒音対策等の充実強化を進めること。
(夜間・午後9時以降及び早朝の飛行訓練は行わない、飛行場運用規則の遵守ほか)
④地域との共生に努め防災や産業活性化に寄与すること。
(木更津駐屯地の糧食・物件の地元調達の促進、防衛施設関係工事及び維持修繕等の地元企業への受注機会の確保、積極的な市民雇用の指導等)
(写真左は防衛省北関東防衛局を訪問して、吉田廣太郎同局長に要望書を渡す斉藤議長)

 


東大会突破を目指して

2018-7-11-02

全国高校野球千葉大会は11日開幕  志学館高等部 八剱八幡神社で必勝祈願

夏の甲子園への出場を目指し「第100回全国高校野球選手権千葉大会」は、きょう11日午前10時からZOZOマリンスタジアムで開会式が行われる。
100回目の今回は東西を2地区に分け、地元校が出場する東大会は83チームで戦う。
木更津市真舟の志学館高等部硬式野球部は9日、木更津市富士見の八剱八幡神社(八剱隆宮司)で必勝祈願を行った。
神社本殿には、鎌田淳一理事長、渡邊茂通校長、川俣幸一監督、久保山政志部長、渡部健コーチ、古谷主将以下選手36人、女子マネージャー3人も参列、厳やかに祝詞奏上や玉串奉奠などの神事が執り行われ、必勝を祈願した。
鎌田理事長、渡邊校長はそれぞれに、「暑さに向かうが、ベストコンディションで、いつもの練習通りに!」「思う存分力を出し合い、頑張ってきて欲しい」などと激励した。
川俣監督は、「100回記念大会でシード権も獲得できたが、常に初戦突破の気持ちで、これを積み重ね甲子園を目指す」と意気込みを語り、古谷主将は「チーム結成以来、常に目標は甲子園出場。これまで支えてくれた多くの方々への感謝の気持ちを忘れずに。自分たちのチームらしく、明るくはつらつ野球で1戦1勝」と力強く誓った。
同校の初戦は14日(土)第一カッター球場(習志野市・秋津野球場)での第一試合で、「京葉工&市原緑」の勝者と対戦する。
登録選手は次の通り。
○数字は学年、()は出身中学。

▷古谷③(主将、印旛)、大川③(磯辺)、山本③(富岡)、永井③(大椎)、松本③(末広)、森③(六角橋)、北村③(志学館)、神山③(鴨川)、小島③(周西南)、加藤③(木更津第一)、阿部③(打瀬)、鈴木③(鴨川)、門馬③(坪井)、上田③(鋸南)、鈴木③(富津)、小林②(市川八)、関谷③(大原)、須田③(鴨川)、佐久間③(小糸)、久玉②(船橋)

 


新千葉新聞社

〒292-0067
木更津市中央2-10-3

電話:0438-22-3849(本社)
FAX:0438-25-1684
E-Mail:shinchiba@nifty.com

Blog information

木更津暮らしの情報サイトをもっと知ってもらいたい

木更津市内の情報

KISACON

きさこんスタッフが木更津に来る人、木更津に住んでる人に向けて発信します。

掲示板はこちら