暮らし

新千葉新聞6月5日掲載

6月5日掲載

全国や関東大会へ出場

 

2018-6-5-01


全日本少年少女空手道選手権大会など
木更津市空手道 一心塾から11人

「第23回千葉県中学生空手道選手権大会」と「第18回千葉県小学生空手道選手権大会」がこのほど、千葉県武道館で開催され、木更津市の空手道塾「一心塾」(代表・宮﨑輝之)から、上位入賞を果たした中学生3人、小学生8人が千葉県代表として、全国大会、関東大会へ出場する。同大会の、各学年別、種目形競技・組手競技の上位3人が関東大会へ出場、上位2人が全国大会へ千葉県代表として出場する。
激戦区の中、一心塾からは11人が上位入賞を果たし、県代表として関東・全国大会への切符を手にした。

なお「第7回関東少年少女空手道選手権大会」は、7月1日(日)東京都墨田区総合体育館で開かれ、「第21回関東中学生空手道選手権大会」は、10月13日(土)・14日(日)千葉県浦安市運動公園総合体育館で開催される。

また「第18回全日本少年少女空手道選手権大会」は、8月17日(金)~19日(日)東京武道館(足立区)で、「第26回全国中学生空手道選手権大会」は8月17日(金)~19日(日)、宮崎県宮崎市総合体育館で開催される。


老人の憩いの場を快適に

 

2018-6-5-02


中郷連合寿会 草取り作業に精出す

社会福祉法人木更津市社会福祉協議会に所属する、木更津市中郷連合寿会(分目茂会長、中郷地区の老人クラブ連合会)は、3日(日)午前9時~11時まで、同市十日市場の木更津市老人福祉センター庭園の草取り奉仕作業を行った。
同クラブでは、老人の憩いの場所である同センターの環境美化に協力しており、平成9年6月から継続して実施、今年で22年目を迎えている。
今年の参加者は21人。夏を思わせる天候の下、帽子をかぶり、草取り作業に精を出した。

同センター関係者からは、「おかげさまで庭が綺麗になりました。夏に向かい、風通しがよくなり、来所の人達にも気持ちよく過ごしてもらえます」との感謝の言葉があり、会員は笑顔で汗をぬぐっていた。


日本の伝統文化にふれる

 

2018-6-5-03


波岡中学校の男女生徒 浴衣着付け教室開催

木更津市波岡中学校(校長・矢田博幸)では、このほど、学校支援ボランティアの人達を講師に迎え、「浴衣着付け教室」を開き、浴衣の着装について学んだ。
同教室は、家庭科の授業の一環として、1年生を対象に実施している。
2日間にわたり、クラスごとに2時間、6グループに分かれ、講師から、浴衣の着方を指導してもらった。
参加した男女の生徒は、普段着慣れない浴衣に触れ、多くの感動を味わった。
なかには、お祭りがあるので、今回習ったことを生かして、自分で浴衣を着たいと話す生徒もいた。


11日から15日まで

 

2018-6-5-04


木更津市議会 一般質問の内容要旨①

木更津市議会は「平成30年6月定例会」を7日(木)招集、27日(水)までに会期21日間の日程で開く。(既報)
一般質問(個人質問)は12日(火)、13日(水)、14日(木)、15日(金)の4日間のいずれも午前10時から開かれ、計18議員が登壇、執行部の見解を質す。
質問議員は順に▽12日=高橋てる子、白坂英義、渡辺厚子、座親政彦、草刈慎祐議員▽13日=篠崎哲也、鈴木秀子、岡田貴志、竹内伸江、近藤忍議員▽14日=大村富良、三上和俊、佐藤多美男、田中紀子、平野卓義議員▽15日=石井徳亮、石川哲久、國吉俊夫議員。
質問概要は次の通り。

◎高橋てる子議員
▽行政経営マネジメントの再構築の必要性<第一次基本計画の成果・達成度・課題、ほか>、第二次基本計画<第一次基本企画の未達成事業や課題解消、木更津市まち・ひと・しごと創生総合戦略とオーガニックなまちづくりアクションプランとの関連性、ほか>)

◎白坂英義議員
▽教育行政(講師の未配置<未配置の改善、県教育委員会への働きかけ、学校現場の対応、市独自の対策>、教員の長時間労働<部活動支援による勤務時間の軽減>)

◎渡辺厚子議員
▽SDGs(持続可能な開発目標)の視点にあわせて推進したい取り組み(経済的困窮家庭の子どもの支援<就学援助制度の案内の改善、ほか>、LGBT{性的少数者}への配慮<申請書等公文書で不要な性別記載欄の廃止、ほか>、民間事業者とのパートナーシップの推進<高齢者見守りネットワーク事業の充実、ほか>)

◎座親政彦議員
▽魅力ある組織体制の構築と業務運営(人材育成、地方公務員及び地方自治体の一部改正、新たな業務運営と民間活力導入事業、ICTを活用した取り組み)

◎草刈慎祐議員
▽市税(税収の確保<家屋敷課税、ほか>)
▽地域経済の活性化(公設市場の再整備<開かれた市場、ほか>)
▽福祉行政(障がい者相談支援の充実、地域包括ケアシステムの推進)

◎篠﨑哲也議員
▽木更津市の子育て支援(健康こども部の新設、子育て世代包括支援センター{きさらづネウボラ}、木更津市も子育ての今後)
▽学習指導要領の改訂(道徳教育の教科化)
▽電子地域通貨アクアコイン(地域経済活性化への効果)    (続)

他質問議員は後日。


新千葉新聞社

〒292-0067
木更津市中央2-10-3

電話:0438-22-3849(本社)
FAX:0438-25-1684
E-Mail:shinchiba@nifty.com

Blog information

木更津暮らしの情報サイトをもっと知ってもらいたい

木更津市内の情報

KISACON

きさこんスタッフが木更津に来る人、木更津に住んでる人に向けて発信します。

掲示板はこちら