暮らし

新千葉新聞6月26・27日掲載

6月26日掲載

キャッシュレス決済導入

2019-6-26-01

木更津商工会議所 セミナーと相談会

木更津商工会議所(木更津市潮浜1-17-59、TEL 0438-37-8705)主催「キャッシュレス決済導入セミナー及び個別相談会」が、来る28日(金)午後2時から4時まで、同商工会議所(3階研修室)で開かれる。
観光・飲食店、商業、サービス業、工業、医療・福祉・教育の各部会共催。
10月の消費税率引き上げに伴い、キャッシュレス決済導入が注目されていることから、消費税軽減税率対策窓口相談等事業の一環として実施するもの。
参加費無料、定員50人。
この機会にぜひ参加をと、多くの参加を歓迎している。
タイムスケジュールは次の通り。
▷2時~2時30分=キャッシュレス決済と端末導入補助について(説明・ちばぎんJCBカード㈱、ちばぎんDCカード㈱)
▷2時30分~2時40分=アクアコインについて(説明・君津信用組合)
▷2時40分~2時50分=PayPayについて(説明・㈱PayPay)
▷2時50分~3時=LINE Payについて(説明・LINE㈱)
▷3時~4時=個別相談(対応・右記説明者及び㈱しんきんカード)
申し込みは専用の申込書に記入し同商工会議所へファックスで(0438-37-8705)。

 

 

届けよう、服のチカラ

2019-6-26-02

世界の難民・避難民のために子供服回収  ユニクロ・ジーユー 波岡中で出張授業

児童・生徒が世界の難民・避難民のために不要となった子供服を回収する「~ユニクロ・ジーユー"届けよう、服のチカラ"プロジェクト」出張授業が21日、木更津市立波岡中学校(矢田博幸校長、生徒数407人)で開催され、2学年4クラス130人が、世界の情勢などを学ぶ道徳の授業として受講した。
このプロジェクトは、2013年にユニクロ・ジーユーの「全商品リサイクル活動」の一環として始動し、今年で7年目を迎えた。
過去6年間で延べ1,445校、約16万人の児童・生徒が参加、223万着以上の子供服を回収し、これまでに65の国と地域に、約3,029万点を寄贈してきた。
2019年度には約430校が参加・協力の予定がある。
波岡中学校には同プロジェクトの担当者代表の小関文乃さん(㈱ジーユー営業部店長)等4人が来校、講師を務めた。(写真)
小関代表など講師は、長期的な内戦が続くシリアを中心に1970年以降世界で6,850万人もの難民がいる。
この内の半数以上は18歳以下の子供であることなど、「難民・避難民」について説明し、「ただ洋服を集めて送るだけでなく、難民の幸せを考えて、一人でも多くの子供達に笑顔になって欲しい、とする思いも一緒に届けたい」などと理解と協力を願い、子供の服や冬服が不足している等の現状にも触れた。
生徒代表の飯田さん(2学年生徒会会長)が、「現実が良く分かり、学ぶことが出来た。学年で取り組んでいこうと思った」などと、感想と抱負を込めた御礼の言葉を行った。
小関代表は「このプロジェクトを通して、日本の子供達に世界の難民問題など社会課題に関心を持ってもらい、身近に参加できる社会貢献活動があることを知ってもらう機会になればうれしい」などと話していた。

 

 

点字教室開催

2019-6-26-03

木更津市立図書館

あなたも点字を覚えてみよう!
木更津市立図書館で「ボランティア講座~点字教室~」が、7月20日(土)午後1時から4時30分まで開かれる。
講師は《きさらづ点訳の会》。
同会は同図書館で点訳ボランティア活動を続け、63周年を迎えた。
無料。中学生以上対象、定員20人(申込制、先着順)。筆記用持参。
申し込みは同図書館へ(担当=大宮・遠藤さん)TEL0438-22-3190、FAX同22-7509。
2階ロビーで点字本、展字絵本など展示中。

 

 

6月27日掲載

文化を伝承し花柳界を支援

2019-6-27-01

鈴木克己会長や来賓挨拶、夏のおどりも  総会開く 木更津伝統伎芸を守る会

伝統伎芸・文化を伝承する木更津の花柳界を活かした街づくりとその育成を目的に活動している花柳界への支援団体、『木更津伝統伎芸を守る会』(はなまちサポーターズ)の「令和元年度通常総会」と「夏のおどり」がこのほど、ロイヤルヒルズ木更津ビューホテルで開催された。
総会には、市内外の商工観光関係団体代表や個人など81人が出席するなか、鈴木克己会長(木更津商工会議所会頭)が挨拶、協力と支援を願った。
議案審議に入り、平成30年度事業報告・決算報告・監査報告・令和元年度事業計画、同収支予算、規約の一部改正などが原案通り通り可決された。
また役員の一部改選では、監事の選任が行われ、山口嘉男氏(JA木更津市代表理事組合長)を全会一致で承認した。
来賓として、渡辺芳邦市長、浜田靖一衆議院、出口清袖ケ浦市長、川名寛章県議(君津市)、高橋浩県議、國吉俊夫市議会副議長、平野明彦富津市議会議長、阿津文男袖ケ浦市議会議長、荒井弘導前会長、田中幸子副市長の10人が出席した。
懇親会では、渡辺市長、浜田代議士、川名県議、出口市長等が、「芸者衆も元気に、みんなで知恵を出しあいながら、継続するよう考えていきたい。木更津のふるきよき文化を盛り上げ、賑わいを取り戻していくことが大事」などと挨拶した。
「夏のおどり」では、長唄の杵屋佐登福さん、小若・紅葉・小千代さんの三味線にあわせ『娘道成寺』で幕開け、第一部は『四季の唄』―夏と木更津、『深川節』、第二部は『港の賑わい』、『木更津甚句』が華やかに披露された。
木更津市芸寮組合(組合員11人)の新春日・みき組合長は、お礼の言葉を述べ「この花柳界にはサポーターが絶対必要です。ごひいきのほど、よろしくお願いします」等と挨拶した。(写真)

 

 

少年非行の防止を図る

2019-6-27-02

木更津警察署少年警察ボランティア連絡会 タッチヤング事業 根形中でソフトバレー

木更津警察署少年警察ボランティア連絡会(会長・鎌田哲也)では、このほど、令和元年度タッチヤング事業として袖ケ浦市立根形中学校(山﨑剛校長)体育館で午前8時30分~午後1時まで「ソフトバレーボール大会」を開催した。
当日は、根形中学校の1年生と3年生で編成する12チームと教員チーム、PTAチーム、木更津警察署2チーム、内房少年センターチームの計17チーム(約120人)が参加し、熱戦を繰り広げた。
競技開始前の準備体操は、根形駐在所駐在員の指導により行い、試合には、木川良徳署長、高山刑事官ら木更津警察署幹部も率先して出場し、汗を流した。
試合の後には、少年警察ボランティアと保護者が調理した焼きそば、フランクフルトとおにぎりで参加者全員が一堂に会して昼食をとった。
その後、警察官による「護身のミニ講習」を行い、有意義な交流が図られたタッチヤング事業となった。
大会結果は次の通り。
▷優勝=根形中学校PTAチーム、
▷準優勝=サッカーAチーム、
▷第3位=バレーBチーム、
▷木更津警察署長賞=バレーAチーム
ちなみに「タッチヤング」とは、警察職員や少年警察ボランティアと少年とのふれあいの場を通じて、お互いに信頼関係を高め、少年の規範意識や自制心などを育み、少年非行の防止を図ろうとする事業。
(写真は中央の木川署長から準優勝のサッカーAチームに表彰状を渡す)

 

 

茅の輪をくぐり清める

2019-6-27-03

八剱八幡神社 夏越の大祓神事

木更津市富士見の八剱八幡神社(八剱隆宮司)に、無病息災を祈願する直径2メートル程の、「夏越の大祓(なごしのおおはらえ)」神事の茅(カヤ)の輪が設けられ、6月30日(日)午後3時から神事が執り行われる。
茅(ち)の輪くぐり神事とも呼ばれる大祓神事は、輪をくぐると霊力が高まり、身のけがれを祓い清め、夏バテを防ぐと伝えられている。
毎年6月30日と12月31日の2回、神社において夕方に行われ、半年ごとに、今まで知られず知らずのうちにおかした罪、けがれのすべてを反省し、祓い清め、これからの半年を清く明るく生活し、幸福と繁栄を祈る行事。
神事を訪れた善男善女は、茅の輪を左回り、右回り、中央と3度くぐって半年の幸せを祈念する。
また神事では「形代(かたしろ、紙を人形に切り抜いたもの)に、自分や物の罪・けがれを託して、代わりに祓い清めてもらうことも行われ、男性は白色、女性は赤色の人形の形代に、名前と生年月日を書き、身体をなでて息を吹きかけ、神社に納める。
(写真は八剱八幡神社に設けられている茅の輪)

 

 

170校・163チーム

2019-6-27-04

高校野球千葉大会 地元校初戦組み合せ

県高野連、朝日新聞社主催「第101回全国高校野球選手権千葉大会」は、7月10日(水)開幕、170校・163チームが出場し、県内11会場で行われる。
開会式は7月10日午前11時からZOZOマリンスタジアム(千葉市美浜区)で開かれ、試合は翌11日から始まる。
順調に日程が消化されれば、決勝は25日(木)に同球場で行われる予定。
君津地域からは千葉県史上初の夏の甲子園4年連続出場が懸かる木更津総合など13校が出場する。
このほど組み合わせ抽選会が県スポーツ科学センター(千葉市稲毛区)で行われ、全チームの対戦相手が決まった。
シード校の木更津総合は2回戦から出場、14日午後2時からZOZOマリンスタジアムで行われる初戦で柏井-泉・大網の勝者と対戦する。
地元校の初戦組み合せは次の通り。
()は会場と試合開始予定時間。
ZOZOマリンスタジアム=マ、袖ケ浦市営球場=袖、ゼットエーボールパーク=ゼ、第一カッター球場=カ、長生の森野球場=長、ナスパスタジアム=ナ。

◎11日(木)
▷君津商-千葉東(袖・午前9時)
▷袖ケ浦-一宮商(袖・午前11時30分)
◎12日(金)
▷木更津-市原中央(マ・午前9時)
▷木更津高専-船橋啓明(マ・午前11時30分)
▷上総-我孫子東(袖・午後2時)
▷天羽-松戸国際(ゼ・午後2時)
◎13日(土)
▷君津-磯辺と稲毛の勝者(袖・午前9時)
▷志学館-流山南と流山北の勝者(カ・午前9時)
▷暁星国際-浦安と昭和学院の勝者(袖・午後2時)
◎14日(日)
▷君津青葉-佐原(長・午前11時30分)
▷翔凛-市原八幡と東京学館浦安の勝者(マ・午前11時30分)
▷拓大紅陵-京葉工(ナ・午後2時)
▷木更津総合-柏井と泉・大網の勝者(マ・午後2時)

 


 

新千葉新聞社

〒292-0067
木更津市中央2-10-3

電話:0438-22-3849(本社)
FAX:0438-25-1684
E-Mail:shinchiba@nifty.com

Blog information

木更津暮らしの情報サイトをもっと知ってもらいたい

木更津市内の情報

KISACON

きさこんスタッフが木更津に来る人、木更津に住んでる人に向けて発信します。

掲示板はこちら