暮らし

新千葉新聞6月2日掲載

6月2日掲載

170人が練習成果競う

2019-6-2-01

木更津市シニアクラブ連合 入賞者は男女20人

木更津市シニアクラブ連合会(佐藤正義会長、27クラブ・715会員)主催、「第22回グラウンドゴルフ大会」が30日、桜井運動場で開かれた。
当初29日に予定されていたが雨天の為順延での開催となったことから45人が欠席、170人が参加して、32ホールで練習成果を競った。
参加者の最高齢は97歳男性。
なお同大会は10月8日(火)、同市の桜井運動場で開催される君津地区4市大会(上位30人)の代表選考を兼ね実施された。
また上位5人は11月6日、県総合スポーツセンターでの県大会に出場する。
開会式には、清水和也木更津市福祉部次長、金網房雄木更津市社会福祉協議会副会長が出席、「水分補給などに注意して楽しくプレーしながら交流を深めてもらいたい」などと激励し、始球式も務めた。
参加選手を代表して山口啓造さん(活寿会)が選手宣誓を行った。
入賞者20人は次の通り。()はクラブ名と合計打数。
①前野昇(富来友会・75)②鈴木孝司(請西第一寿会・77)③小鷹せ子(請西第一寿会・78)④幸野正八郎(八幡台白寿会・79)⑤西村正彦(太田恋の森・79)⑥眞方弘志(活寿会・80)⑦下境庸司(活寿会・80)⑧高山天子(富来友会・80)⑨中山良忠(衹園親和会・81)⑩松本弘子(富来友会・82)⑪吉村雅彦(GGきずなクラブ・82)⑫吉原重治(第七清寿会・82)⑬佐藤和致(真舟白寿会・83)⑭大石幸雄(おしどろ会・83)⑮前原弘幸(真舟朋の会・84)⑯吉野利長(真舟朋の会・84)⑰佐川雪子(GGきずなクラブ・84)⑱村上正治(真舟朋の会・84)⑲石井武雄(きよかわふれ愛クラブ・85)⑳服部量三(岩根若木会・85)

 

 

拓大紅陵惜敗

2019-6-2-02

関東高校軟式野球

「春季関東地区高校軟式野球大会」はこのほど東京都稲城中央公園野球場等で16校が参加して行われ、拓大紅陵は2回戦で敗退した。
優勝は高崎商(群馬)。
拓大紅陵は1回戦で正智深谷(埼玉)に8-1と快勝し8強入り。
2回戦の対高崎商戦では2回に4点の先制点をあげたが、逆転され5-10で敗れた。

 

 

『輝く未来』を受託

2019-6-2-03

千葉信用金庫 折戸塗装㈲が私募債発行

「信頼され、期待され、支持され、選ばれる金融機関」を目指し地域貢献を推進している千葉信用金庫(宮澤英男理事長、本社千葉市)では、このほど木更津市太田の折戸塗装㈲(折戸豊輝代表、塗装業)が発行する「信用金庫保証付私募債『輝く未来』」を受託した。
これは千葉信用金庫では2件目の取り扱いで、君津地域では初。
対応窓口は木更津支店(苅込孝司支店長、木更津市大和)。
私募債の発行に関しては、純資産額や自己資本比率など、厳しい発行資格条件を満たす必要があり、私募債が発行できることは優良企業の証明にもなる。
また「輝く未来」の商品特性として、地域の将来を担う子どもたちの成長を支援し、魅力あふれる地域づくりに貢献することを目的に、発行金額の0.2%相当額の物品を学校等へ寄贈する、寄附型私募債である。
折戸塗装㈲の私募債発行額は、3000万円で発行日は2019年5月27日、期間は5年間。
資金使途は運転資金で、贈呈先は、折戸豊輝代表の子供がお世話になったとして、袖ケ浦市立長浦中学校へ『ラジカセ5台』の寄贈を予定している。
千葉信用金庫では「これからもお客様の多様化する資金ニーズに対応し、地元企業の地域づくりに貢献していきたい」としている。

 


 

新千葉新聞社

〒292-0067
木更津市中央2-10-3

電話:0438-22-3849(本社)
FAX:0438-25-1684
E-Mail:shinchiba@nifty.com

Blog information

木更津暮らしの情報サイトをもっと知ってもらいたい

木更津市内の情報

KISACON

きさこんスタッフが木更津に来る人、木更津に住んでる人に向けて発信します。

掲示板はこちら