暮らし

新千葉新聞6月12・13日掲載

6月12日掲載
木更津の魅力を知ってと

 

2018-6-12-01

モニターツアーに15か国の24人 木更津市観光協会 駐日大使館員たちが体験

一般社団法人木更津市観光協会(野口義信会長)主催「駐日大使館員モニターツアー」が9日(土)木更津市内で開催され、木更津市の魅力が体験を通して紹介された。
これは今年度から本格稼働した木更津市観光協会のDMO推進事業部(部長・魚見和孝)が主体となって、「木更津市の魅力を知ってもらいたい」と、駐日大使館員とその家族を対象にしたモニターツアーの募集を行ったところ、エルサルバドル大使と公私参事官を始め、韓国など15か国の24人(大使と配偶者、参事官、書記官ほか)が参加、木更津市の関係団体50人ほどが協力した。

これまで県主導で同様の企画はあったが、木更津市独自の取り組みは初。
一行のスケジュールは、午前8時30分に外務省(東京)を出発し、9時30分に木更津着。金田みたて海岸で海苔すき体験→10時45分~写真館・写楽館で和服・茶道など和文化体験。→午後零時15分~割烹宝家で昼食、花柳界体験。→2時50分~フルーツ街道夢農場でブルーベリージャム作り体験。→4時20分~道の駅木更津うまくたの里でショッピング→外務省への帰路に着いた。
写楽館(同市中央)でに和文化体験には渡辺芳邦市長も参加。市長は木更津市の概要説明を行った後、「シーズンごとに様々な『おもてなし』や『体験』は出来るので、今日の体験を機にぜひまたお出かけください。そして自国や友人知人にPRしてもらいたい」と期待を込め挨拶した。


野口義信同社社長は「日本人は古代から自然を神として敬い、人は皆神の子。自然を大切にする日本の文化に親しんでもらい、日本人の心を世界に広めて欲しい。それが世界の平和につながる」とモニターツアーへの参加を歓迎し、交流の拡大を願った。
木更津市観光協会では、参加者のアンケートや意見を今後のツアー企画の参考にするとともに、大使館員とつながりを持つことで新たなインバウンド需要を促すきっかけにしたいとしている。

 


より速く、高く、遠くに

 

2018-6-12-02

小中体連木袖支部 中学校陸上競技大会③

富津臨界陸上競技場で行われた県小中体連木袖支部の中学校陸上競技大会の女子の結果は次の通り。標突は標準記録突破のこと。

 


6月13日掲載
活用提案を聞く「対話」


2018-6-13-01

土地・建物の有効活用へ民間活力導入 来年3月で閉校 木更津市富岡小学校

平成31年3月をもって閉校となる木更津市立富岡小学校の土地・の有効活用に向けて、民間活力の導入を考えている木更津市では、そのための「活力アイデア」を聞く「対話」を8月に実施する。
同市ではこの「対話」を通して、事業者と木更津市のコミュニケーションを図り、有効活用への条件を整理し、市の方針や考え方をより正確に伝え今後の展開に生かしたいとしており、多くの参加を案内している。
同校の跡地活用にあたっては昨年11月に民間事業者を対象に「対話」を行ったが、募集期間が短かったことなどから、十分な結果が得られなかったため再度実施するもの。
なお昨年11月の「対話」についてはWEBページで公開中。

富岡小学校の概要は、▽所在地=木更津市下郡1886。▽土地の面積=15945平方メートル。▽建物=「体育館RC造1階建401平方メートル、昭和46年度竣工(耐震改修実施済)」「校舎PC2階建629平方メートル、昭和49年度竣工(耐震改修実施済み)」「校舎PC造3階建1709平方メートル、昭和56年度竣工」「プールS造(25×6コース)325平方メートル、昭和45年度竣工」「対話」に向けて今後の日程は次の通り。
▽現地説明会=6月29日(金)午後3時から
▽対話の参加受付=7月2日(月)~7月31日(火)、
▽対話の実施=8月1日(水)~8月17日(金)

対話及び現地説明会の参加希望者は。市WEBページ掲載のエントリーシートに必要事項を記入してEメールで提出する。現地説明会の参加申し込みは、今月20日(水)まで。
説明会不参加でも対話へのエントリーは可。
詳しくは市行政改革推進室(TEL0438-23-8698)。
Eメールは、
gyoukaku@city.kisarazu.lg.jp

 

 

木一中が男子団体準優勝

 

2018-6-13-02


好成績挙げる活躍 県中学校柔道大会

平成30年度「第32回千葉県中学校柔道大会」が、今月2日(土)に市原市のゼットエー武道館で開催され、木更津第一中学校が男子団体戦で準優勝を飾った。
決勝戦では強豪・東海大附属浦安中学校に惨敗したものの、優勝に次ぐ県内第2位の好成績の挙げた。

木一中の結果は以下の通り。
【2回戦】▽対睦沢中学校(長生)3対1、
【3回戦】▽対誉田中学校(千葉)3対0、
【4回戦】▽対八幡中学校(市原)3対1、
【準々決勝】▽対五井中学校(市原)4対1、
【準決勝】▽対市川第七中学校に4対0、
【決勝】▽対東海大附属浦安中学校(市川浦安)1対4。


モルゴーア・クァルテット

 

2018-6-13-03

弦楽四重奏団コンサート前売券販売中 木更津市教委など クラシックとロック融合

木更津市は教育委員会、県、(公財)三井住友海上文化財団と共催で、「~三井住友海上文化財団 ときめくひととき 第822回~『モルゴーア・クァルテット コンサート』」を9月23日(日、祝日)午後3時から5時まで、市民会館・中ホールで開く。
木更津市の平成30年度芸術文化に親しむまちづくり振興事業として、三井住友海上文化財団=東京都=の助成を受けて実施する。
モルゴーア・クァルテット(MORGAUA QUARTET)は日本を代表する主要メンバー4人で構成され、ショスタコーヴィチの残した15曲の弦楽四重奏曲を演奏するため1992年秋に結成された。近年は、荒井英治編曲のプログレッシヴ・ロック・アルバム(21世紀の精神正常者たち、他)により、ボーダーレスな弦楽四重奏団としても高い評価を受けている。
今回初めて木更津市を訪れ、クラシックとプログレッシヴ・ロックを融合した演奏を披露する。

プログラムは

▽第1部=モーツァルト「弦楽四重奏曲 変ロ長調 K・458『狩』」、ラヴェル「弦楽四重奏曲 ヘ長調」。

▽第2部=K・エマーソン「アフター・オール・オヴ・ディス」、ジェネシス「シネマ・ショウ~アフター・グロウ」。(プログラムは変更になる場合があるためあらかじめご了承をと)

メンバー、▽第1ヴァイオリン=荒井英治(東京音楽大学教授)▽第2ヴァイオリン=戸澤哲夫(東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団コンサートマスター)▽ヴィオラ=小野富士(NHK交響楽団ヴィオラ奏者)▽チェロ=藤森亮一(NHK交響楽団首席チェロ奏者)のそうそうたる顔ぶれ。
定員300人、全席自由。料金は同財団の助成により低料金に設定されており、一般1000円、高校生以下500円。チケットは同市教育委員会教育部文化課(朝日庁舎)、市民会館で取り扱い中。
なお、前売券が完売の場合、当日券の発売はない。また、未就学児の入場・同伴は遠慮をと。問い合わせは同文化課へTEL0438-23-5309。

 


新千葉新聞社

〒292-0067
木更津市中央2-10-3

電話:0438-22-3849(本社)
FAX:0438-25-1684
E-Mail:shinchiba@nifty.com

 

Blog information

木更津暮らしの情報サイトをもっと知ってもらいたい

木更津市内の情報

KISACON

きさこんスタッフが木更津に来る人、木更津に住んでる人に向けて発信します。

掲示板はこちら